ユーラシア国家運営Wiki - 遺伝子組換活性型第c因子

概要

ポラリスで開発された遺伝子組み換えc型凝固因子である。フィブリノーゲン系に対する強力な作用を発揮し、従来の治療法では治療不可能とされた重症のDIC性の出血などにも効果を示したことがレポートされている。臨床ではIXC: イクスシーという愛称で利用されており、2018年に商標登録された。

組成・性状

効能・効果

用法および容量

副作用

注意すべき相互作用

過量投与

作用機序

薬物動態

有効成分の理化学的知見


薬価:8447ドル/バイアル