君も国家を運営しよう。

追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

(国旗)
|国名|四国新長崎帝國|
|国歌|未定|
|国の標語|我らは時空という海を越えた、次は空を目指そう|
|産業|海運業 海産業 航空産業 IT産業|
|大統領|未定|
|政治体制|民主主義 立憲君主制|
|政策 |海産業海運業優先 近年では航空産業やITに注力している。|
|首都|新長崎市|
|人口|1860万人|
|GDP|未定|
|通貨|長崎円(両銭)|
|所持ED|0.1万ED|
|所持ED|6485.1万ED|
|国家レベル|中小国|
|国家指針|
|軍隊||
|予備役||
|外交垢|[[村ショウ>>https://twitter.com/murasyoublog]]|
1XXX年の日本で起こったある事件により、当時唯一の国際貿易港(当時は江戸時代あたり)であった長崎の民達が移民を余儀なくされ、辿り着いた新天地が四国星であった。そして独立を果たしたのが『四国長崎帝國』である。
その事情もあって国民の大半が大和民族である。しかし、他諸民族も国民として一定存在する。最新のデータでは85%が大和民族である。
当時の国際貿易港の名残もあってか海運業・海産業が盛んに行われてきた。
史実日本の立憲君主制とは違い、この国の立憲君主制の君主は独立時から続く世襲制であり、憲法の上で一定の政治介入と権力が認められている。
君主はほとんどの国民から慕われている。
ちなみに、首都の新長崎州新長崎市は新たな長崎という事から付けられた。(ニューイングランドと同じような感じ)



**軍事
|原子力空母|1|
|輸送船|5|
|駆逐艦|10|
|上陸艇|3|
|潜水艦|2|



**概要

**外交報告
造船枠·····2売却 (1400)
軍拡枠·····条約により徴収
海軍の指揮権を一時的譲渡

**支出
原子力空母 1(1000億EP)
株式購入 3000億EP
22日株式追加購入 5000億EP
交通銀行に300万ED預金
輸送船 40万ED
インフラ局株式購入 1000万ED
四国星統合輸送網事業部株式購入予定 500万ED
造船所 追加 5万ED
駆逐艦 2 40万ED
上陸艇 2 20万ED
輸送船 1 10万ED
インフラ局株式購入 2200万ED(27日済)
海軍増強 (駆逐4 潜水艦1国家特性あり) 76万ED
交通銀行預金 200万ED
総合輸送網整備部株式購入 3300万ED(30単位330株)
四国長崎帝國内の産業に増資 2500万ED
主要道路の渋滞緩和高速道路1〜3号線 1468(1500)万ED
条約機構金庫に1110万ED返済
総合輸送網整備部株式購入(予定) 4000万ED
造船所 5万ED
海軍増強(駆逐4 潜水1 上陸艇1 国家特性あり)
各産業に1000万ずつ増資 5000万ED
MS航空産業に1000万に投資 1000万ED
条約機構金庫に2310万ED返済

**収入
4月15日分済
4月22日分済
株配当(1株あたり487億) 1461億
外交 11000億
4月29日分済
5月6日分済
5月13日分済
5月20日分済
5月27日済
6月3日済(株式含む)7491万ED
6月10日済 8794万ED

**借入
条約機構金庫より5000万ED借入(利息11%、返済額5550万ED、月1110の5回払い)2回目の返済まで済
条約機構金庫より5000万ED借入(返済額6000万ED、月1200の5回払い) 1回目の返済まで済

**インフラ等
[+] 再開発前インフラ(旧インフラ)
メガロポリス1
地方港1
小型ハブ空港1

高速道路約160km·····3200億

一般道約130km(青)·····1300億

浮上式鉄道(緑)約130km·····2600億

超高速道路(高速道路と併設)約160km·····1600億

高速鉄道(一般道に併設*1)約110km·····440億

鉄道(黄色)約50km·····50億

新長崎市に造船所(50億)
国際貿易港(2000億)
ゲートウェイ空港(2000億)
計4050億

大都市を1つ追加 1000億(画像の右側の都市)

メガロポリスを2つ追加 4000億
(場所は画像の左と1番上の都市)

大都市(メガロポリス)周辺に都市高速を作成 約100km(2000km) 1500億
上記の高速に併設して高速鉄道 100km(2000km)400億

ゲートウェイ空港を各都市に 6000億

空港都市間高速鉄道25km(約500km)100億



一番上の都市に国際戦略港 2000億

大型ハブ空港をリニア駅付近に4つ追加 4000億

多国間ダイス上の大型ハブ空港を1つアップグレード(1週間) 消去済み

大都市 7つ追加 7000億

下記の画像のようにインフラを追加(以前までのインフラとの合成は後で)
高速道路(3〜4車線) 12000km·····12000億EP
それと同一の場所に鉄道
高速鉄道 12000km·····2400億EP
都市を追加 1000億EP
合計15400億EP
大都市 20を追加 20000億EP
高速(3〜4) 18000億EP
超高速鉄道 200億EP

合計9兆7600EP

造船所建設

距離に関してはかなり雑になってます。実際の四国星の距離の20倍なので建設費は20倍になっています。
主要インフラについては画像を参照

'1.首都環状線分は1本のみ併設

[END]
[+]四国星統合輸送網事業(予定)
***新インフラ
大都市 30個 3000万ED
下の画像の道と鉄道(計18本 1本あたり500万ED) 9000万ED
小計 12600万ED(再編中)
フレーバー
これらの道は四国長崎の都市部の開発における首都を中心にした市街地を覆う環状線である。



&ref(http://i.imgur.com/GkkrPp2.jpg)

南側の道
ライトグリーン(海岸線沿いの道)︰1号線。メガロポリスからメガロポリスまでの間が同じ1号線ではあるが、別路線で3路線である。(例︰1号線新長崎方面など)
紫︰2号線
水色︰3号線
薄紫︰4号線
オレンジ︰5号線
黄緑︰6号線
薄い水色︰7号線

北側の道
紫︰8号線
黄緑︰9号線

同じ道に鉄道を併設。道9本、鉄道9本で18本、各500万ED、計9000万ED


[END]
[+]新インフラ
メガロポリス 3個 600万ED
長崎空港(大整備時のもの) 500万ED
造船所6

主要道路の渋滞緩和高速道路1〜3号線 1500万ED分(1468万ED)
内容
1号線︰赤(平地の為トンネルなし、国家特性あり) 500万ED分 475万
2号線︰緑(トンネルあり、国家特性あり) 500万ED分 500万
3号線︰紫(多めに見積もって約70%にトンネルあり、国家特性あり) 500万ED分 493万

&ref(http://i.imgur.com/g1n4vaJ.jpg)


【市内(ローカル)鉄道】
青︰外周り線 500万ED分(実費475万ED)
紫︰観光まわり線 500万ED分 (実費475万ED)
水色︰高原線 500万ED分 (実費475万ED)
同時に隣に一般道を整備(市道1号〜3号) 930万ED分(実費 885万ED) 1線あたり310万ED


&ref(http://i.imgur.com/K2c9xRn.jpg)

[END]
[+]産業
【MSフィナンシャル信託銀行】
掛け金:8517万ED
収入:2129万ED
掛け金:2032万ED
収入:508万ED
生産品:証券取引、株式、信託、融資
【長崎漁業組合】
掛け金:1800万ED
収入:450万ED
生産品:あじ、さば、あご、その他水産品、及び漁業保険
【MS長崎造船】
掛け金:10499万ED
収入:2624.7万ED
掛け金:1700万ED
収入:425万ED
生産品:軍艦、漁船、客船
【長崎漁業組合】
掛け金:1874万ED
収入:468.5万ED
生産品:あじ、さば、あご、その他水産品、及び漁業保険
【MS海運】
掛け金:1670万ED
収入:417.5万ED
生産品:海運業、国営・民間郵便船
【MS航空】
掛け金:1000万ED
収入:250万ED
生産品:飛行船、複葉機、ジェット機



MSグループは四国長崎における一大グループである。
[END]

メンバーのみ編集できます