君も国家を運営しよう。

アイテム番号:SCP-810-KB


オブジェクトクラス:Keter Neutralized

特別収容プロトコル

旧収容プロトコルを表示



SCP-810-KB-1-bは現在無力化されており、研究のために財団にて保管されています。
旧ハト帝国国民のナショナリズムのために、研究施設は巨大な陵墓に偽装されます。
外観は常に整えられねばなりません。
SCP-810-KB-2は世界に広く存在し、隠蔽することが不可能なため、一般人であると思い込ませる工作を行なってください。
一般人によるSCP-810-KB-2に対する差別的運動が見られた場合、処置-345 "ハト派"を行なってください。
処置-345については付録810-5参照

説明

SCP-810-KB-1-aは、広大な国土を持っていた帝国です。
現在は消滅していますが、近い将来に再興する可能性が研究員により指摘されています。付録810-4を参照

SCP-810-KB-1-bは、かつてこの地域に存在したハト帝国の元国王とされている人物の遺体です。
この遺体にはナショナリズムを高めるミーム汚染効果があることが判明しています。

SCP-810-KB-2は、かつてこの帝国に存在した国民です。
帝国の国民は独特な文化をもつどの人種とも特定できない人型実態であり、
世界各地へと離散・混血しています。
オブジェクトは、食事としてアルコール飲料以外を必要としないことがわかっていますが、娯楽として食事を行うことも判明しています。
排泄行為は通常の人間と同様に行なっており、外見では一般人と見分けがつきません。
オブジェクトは好戦的で、運動能力は非常に高く、体力テストにて一般人の平均より4~6倍高い数値を記録することがわかっています。
また、激昂した場合に限り「タカ派」となり、この状態ではKeterクラスオブジェクトが破壊できる可能性もあります。
scp810- KB-2を財団の機動部隊員として迎える案については審議中です。

インシデント810- KB-a

19■■年■■月■■日SCP810-KB-1が死去
皇帝の座をめぐり国内が2つに分断内戦に突入しました。
タカ派となったscp-810-KBによるSKクラスシナリオの発動を恐れた当時のo5-■によってプロトコルセディティブを発動、これにより帝国は解体されましたが
SCP810-KB-2の国外への大量流出という申告な収容違反が発生しました。
しかし収容時に行われていた一般常識の教育を行っていたため再収容は不要とみなされました。付録810-3を参照

補遺

SCP810-KBは19■■年とある事件の調査でシベリアを探索中の財団エージェント■■■■■■■■■■によって発見されました。
その技術力や文化の異常性から財団と帝国、ソ連との間で提携を結び現在の収容プロトコルが作成されました当時の調査記録の抜粋は付録810-KB-2を参照

付録810-1

エージェント■■■■■■■■■■のメモ
私はエージェント■■■■■■■■■■ 。とある事件の調査中偶然これを発見した。この場所の人々は何処の言語ともいえない謎の言語で話している。しかも地図にはこんな街どこにも記されていない。
私はこの状況を財団に報告することとした。
エージェント■■■■■■■■■■

付録810-2

調査員D128485
責任者パンジャン研究主任
内容
帝国領内にカメラを持たせたD128485が潜入する
その様子をモニターで確認する
「ログ開始」
パンジャン研究主任:D128485侵入はできたようだね

D128485:あぁできたよ。でどうすればいいんだ?

パンジャン研究主任:では自由に散策してみてくれ


D128485:オーケー オーケー

D128485が歩き出す、モニターには少々奇抜な建物が多数見受けられる。その後D128485が足を止める

パンジャン研究主任:D128485どうしたんだ?

D128485:なんだ‥これは‥

パンジャン研究主任:D128485、 カメラをそっちに回してくれ

D128485がカメラを持ち上げる
モニターにはSCP810-KB-2がホイールのようなもので土を耕している様子が確認される

D128485:おい、博士こいつらは一体何なんだ?
それにここはシベリアだよな?それなのにこいつらは半袖の服を着て平然としていやがる。
それにどこもかしこも酒屋だらけだ。

パンジャン研究主任:それはこれから調べることだ。初回の調査にしては上出来だろう。よしD128485
もう戻ってきなさい。

「ログ終了」
終了報告
SCP810-KB-2は異常なほど寒さに耐性があることとエージェント■■■■■■■■■■のメモの通り文化と技術の発展が我々とは全く別の方向に向かっているようだ
エリア51研究主任 パンジャン博士


付録810-3

SCP810-KB-2が国外に流出したのは我々の失態であるが、彼らの発見及び再収容は不要と思われる財団の一般常識教育プログラムはすでに810-KB-2の生活に強く根付いている。
我々にはそれ以上にすべきことがある。
ただし810-KB-2による蜂起などを防止するためここに処置345ハト派の作成を提案する
エリア51管理官 管理官

付録810-4

SCP810-KB-1の検死解剖を行おうとしたが
彼はまだ生きていた。眠っている状態に近い。
事実彼の心臓も脳もその他の臓器も機能している上彼の年齢を推定するに■■■■■■■■歳であることが確認された。
彼が目覚める可能性は非常に高いそうなれば810-KB-2達は恐らくまたここに集まるだろう事実彼の命日には沢山の人が酒を手向けに来ている。
そのためエリア51を引き続き管理監視することをここに提案する
エリア51研究主任 パンジャン博士

付録810-5

もしSCP810-KB-2の異常性が公に流布され
大規模な迫害運動が起こった場合
その情報はフェイクニュースであるとし、
各国の財団エージェントが連携し情報発信者
及び迫害の運動に参加するものの拘束を行い直ちcクラス記憶処理を行ってください。
そのような事態を防ぐため財団のインターネットエージェントが24時間単位で監視を行います。

インタビュー記録

このページへのコメント

団体の機動員w

1
Posted by ラーメンの残り汁 2018年11月12日(月) 19:47:17 返信

編集者誰?

2
Posted by SCP-810-KB-1-b 2018年11月12日(月) 17:19:47 返信数(2) 返信

わい(大嘘)

3
Posted by  kebab kebab 2018年11月12日(月) 17:38:23

説明と現在の収容プロトコルはURさんで
それ以外は私です

3
Posted by うり 2018年11月12日(月) 19:41:30

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます