君も国家を運営しよう。

アイテム番号: SCP-0138-NG

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル

SCP-0138-NGはセクター██にある10×10mの収容エリア内に勾留し、担当職員はSCP-0138-NGとコミュニケーションを取る際、セルビア語でのコミュニケーションを推奨します。ドイツ語でのコミュニケーションはSCP-0138-NGの反応の激化に繋がる可能性があり、反応の激化を引き出した財団職員はレベル1降格処分、別セクターへの移送が行われます。

財団職員ではない人物、あるいはセキュリティクリアランスレベル2未満の財団職員のSCP-0138-NGとの接触が起きた場合は、速やかに取り押さえてください。対象は事情聴取の後、Aクラス記憶処置を施した上で解放されます。

SCP-0138-NGは財団による収容に好意的です。ドイツ語を話す等で刺激するのは最小限に留めてください。

説明

 SCP-0138-NGはセルビア民族主義者のガヴリロ・プリンツィプと自称し、およそ25歳くらいの人型実体です。ゲルマン系民族に対し強い敵意を持ち、ゲルマン系民族を視認、またはドイツ語をSCP-0138-NGの周辺の半径10m以内で話す(以下対象)とFN ブローニングM1910と類似した拳銃らしき物体(以下SCP-0138-NG-1)がSCP-0138-NGのズボンの拳銃入れに出現し、対象をSCP-0138-NG-1で射撃します。射撃は対象が男性の場合頸部、女性の場合腹部に撃たれます。

SCP-0138-NGによる最初の事件は19██/██/██に██████共和国█████市で発生した殺人事件です。当時█████市を訪れていたドイツ人観光客5名が川沿いを歩いていた所をSCP-0138-NGに撃たれ、全員の死亡が確認されました。これ以降10件ほど同じ街でのドイツ人の死亡事件が発生したため財団はSCP-0138-NGの確保を開始。確保にはセルビア語を流暢に話せる日本人や中国人が当たり、内一人(後述のエージェント・██)とは交流を行わせていました。SCP-0138-NGは収容に好意的で、抵抗行為は全く見せませんでした。

SCP-0138-NGは老化現象等が全く見られず、DNAを鑑定した結果
・15年で成熟
・DNAを改変すれば激化した反応を取る対象を変化することが可能
以上の2つが判明しました。

補遺1

確保に当たった財団職員の録音テープ
《録音日時:20██/██/██》
録音対象:SCP-0138-NG、エージェント・██(以下T)
T:やあ、久しぶりだねガヴリロさん。
SCP-0138-NG:Tか...今日はこんなに人を連れてどうした?
T:私たちは財団。君を収容することを決定したんだ。
SCP-0138-NG:財団か...セルビア民族主義は保障されるか?
T:勿論。まあ暴力行為を起こしたら相応の処置を取るけど。














補遺2

実験記録123 日付20██/██/██

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます