君も国家を運営しよう。

概要

7月5日早朝にモンゴル帝国は突然大満州帝国に宣戦布告した。
満州国は公式には五族協和の王道楽土を理念とし、工程を国家元首とする君主制国家である。
五族協和とは、満蒙漢日朝の五民族が協力し、平和な国造りを行うこと、王道楽土とは、西洋の『覇道』に対し、アジアの理想な政治体制を『王道』とし、満州国皇帝を中心に理想国家を建設することを意味している
モンゴルはたった今満州国からの侵略意図を検知した。諜報部によると大満州のwikiページにはこのようなモンゴル他中華民国日本国ならびに朝鮮への侵略を正当化をほのめかす文章が記載されていた。
さらにここには、満州国の皇帝を中心とした植民地支配をするととも宣言されている
此度の戦はこの邪智暴虐の帝国主義から祖国を守るためのものである。
者ども武具を身に付けよ!これより我らは、満州へ向かう!

参戦国

|宣戦布告国|
|モンゴル帝国| 
                
被宣戦国
大満州帝国
 

流れ

7月5日
07:07モンゴル帝国が大満州帝国に宣戦
07:14ベルガ連邦が参戦
07:25大日本帝国が参戦
7月6日
13:18モンゴル帝国と大満州帝国が講話

講和内容

満州国側の提案

大満州帝国=モンゴル帝国条約
)州国は、モンゴル帝国と不可侵条約を結び、軍事通行権を与える
∨州国は、モンゴル帝国に5000万ED支払う
モンゴル帝国は旅順を3週間租借できる

結果

)州国はモンゴル帝国に対して軍事通行権を与える
∨州国はモンゴル帝国に5000万EDを譲渡する
K州国はモンゴルへしばらくの間旅順港(重要港)の権利を譲渡。モンゴルのものとする

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます