君も国家を運営しよう。

貌蘇首脳会談とは、大ブリティオ島および副王領のための連合王国ソビエト社会主義共和国連邦の間で行われた会談である。ここでは以下のここでは以下の内容が決定された。
1.URはソビエトに対しインフラ支援を行う。
2.インフラによる投資効果のうち、3~7割をURが獲得する。
3.ソビエトは、URの植民地独立運動に対し鎮圧などの形で保守的行動を起こす。
4.ソビエト、UR、ドイツは3国同盟とは別で2国間同盟を締結する。
5.3に加え、スペインともこの条約を締結する。
6.ソビエトおよび日本間において関係が悪化した場合、URが緩衝国として仲介する。
7.研究協定

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます