君も国家を運営しよう。

警備業務基本マニュアル


(委託業者用)


全人類知的財産権機関 方舟機構


委託した警備員の業務マニュアルを定め、このマニュアルに従って業務の円滑な実施と不測の事故発生時の対応を可能とする。
平日の時間帯の警備員業務(午後5時15分から翌午前8時30分)、土・日祝祭日の時間帯の警備員業務(午後0時から翌午前8時30分)に区分し業務内容を明確にする。

1 警備業務について 

1)館内及び館外巡回・巡視

*平日 午後5時30分から午後10時30分
*土・日祝祭日 午後0時から午後5時・午後5時30分から午後10時30分
 警備員は、制服制帽のうえ鍵及びPHS電話(670番)ならびに人民手机を携帯のうえ業務を行う。
 ☆平日及び土・日祝祭日の午後5時30分から午後10時30分の巡回・巡視
 ‖茖渦麑棔文畍紕技30分から午後7時)の巡回・巡視
警備室→オーミシマ地下駐車場出入口封鎖→屋外トイレ確認ならびに施錠→地上本館自動扉施錠→各書架確認→警備室
◆‖茖臆麑棔文畍紕兄から午後8時)の巡回・巡視
警備室→図書館通用口施錠→保健学習棟1階扉(外から開錠不可に)→保健学習棟2階自動扉施錠→保健学習棟→保健学習棟 1 階居宅介護出入口施錠→警備室
 第3回目(午後8時から午後9時)の巡回・巡視
 警備室→地上本館玄関扉(外から開錠不可に)→地上本館コピー室施錠→職員食堂施錠
 東棟屋上施錠→職員炊事室施錠確認→各職員寮→図書隊寮→警備室
ぁ‖茖寛麑棔文畍紕校から午後10時30分)の巡回・巡視
 警備室→西棟廊下消灯→学習室→西 3 病棟→西 4 病棟→西棟屋上施錠→東棟洗濯物干場施錠→東棟→医局確認→司書室施錠確認→地上本館館長室他部屋施錠確認→地上本館会議室施錠確認→東棟スロープ職員通用出入口施錠→地上本館外周確認→各職員寮→図書隊寮→警備室
ァ〆埜紊法文畍紕校30分)
東棟正面玄関施錠
☆平日及び土・日祝祭日の午前5時から午前5時30分の解錠業務
警備室→職員通用出入口→職員食堂→学習室→地上本館玄関→地上本館コピー室→地上本館通用出入口→保健学習棟 1 階出入口→保健学習棟 2 階出入口→保健学習棟自動扉→保健学習棟 1 階居宅介護出入口→東棟・西棟屋上→東 3 階、東 4 階洗濯物干場→自立学習支援室
☆土・日祝祭日の午後0時から午後5時の巡回・巡視
  ‖茖渦麑棔文畍紕飴から午後1時)の巡回・巡視
警備室→各病棟→東棟・西棟の屋上→東棟・西棟のスロープ→階段使用→警備室
 ◆‖茖臆麑棔文畍紕音から午後3時00分)の巡回・巡視
警備室→地下書庫施錠確認→教育室→教育室前出入口の施錠確認→体育館→地上本館玄関→管理部門の各室、会議室、地上本館玄関自動扉施錠確認→学習室→西病棟→西棟屋上→警備室
 第3回目(午後3時00分から午後4時00分)の巡回・巡視
警備室→東棟→サーバー室→待合室・受付→各書架確認→職員室→東棟→東棟屋上→警備室
ぁ‖茖寛麑棔文畍紕柑00分から午後4時45分)の巡回・巡視
 警備室→炊事室→正面駐車場→職員駐車場→各職員寮→庭園→警備室
ァ‖茖飢麑棔文畍紕柑45分から午後5時30分)の巡回・巡視
 警備室→東棟・西棟→東棟・西棟の屋上→東棟・西棟スロープ→警備室
 巡回・巡視時の確認事項
 ◆ 図書館出入口の施錠・開錠確認
 ◆ 各部署の施錠確認
 ◆ 防火確認
 ◆ 照明の消灯確認
 ◆ 窓の開閉、エアコン電源等の確認
 ◆ 不審者、不審物のチェック

2 図書ならびにオブジェクトの盗難事件及びその他の事故発生時の対応について 

 1)盗難事件

  ‥直司書ならびに図書特殊部隊の指示に従って行動する。
 ◆ゞ杁涕峠佚渡地⇒輊修覗輒慨覯莢歐Πに連絡をする。その際事件発生状況等の概要も併せて報告する。
  警察官が来館した際に呼出した職員に連絡し指示を待つ。
 
 警察署の電話番号 オーミシマ駐在所 897-82-0110

2)オブジェクトの無断離館(行方不明)

 ‥直司書、当直図書隊員の指示に従って行動する。
◆ゞ杁涕峠佚渡地⇒輊修覗輒慨覯莢歐Πに連絡をする。その際事件発生状況等の概要も併せて報告する。
 別冊「スナフキンファイル」参照
 オーミシマ駐在所 897-82-0110
 ミヤウラ港 0897-82-0500
 オーミシマタクシー 0897-82-0136
 カミウラ交通有限公司 0897-87-2400

3 火災及び火災報知機発報時の対応について 

1)警備室の防災監視盤「火災報知機」が発報した場合、発報した場所の確認し、現場に
急行し火災発生の有無を確認する。
2)火災発生時、非火災の場合の対応を行う。
 _从卮生時の対応
 ・警備室の119番通報直通電話にて消防署に通報
 ・司書ならびに図書隊宿舎に入居している幹部職員へ電話連絡
 ・図書隊寮非常招集用ベルを鳴らす
 ・火災発生の放送
 ・出動してきた職員を火災発生現場に誘導
 ・消防署員を火災現場に誘導
 ・出動してきた職員の指示に従って行動
※ 警備員は防災監視盤の操作に精通すること(日頃から取扱方法を熟知する)
 ◆“鷁从辧文躡酘亜忙の対応
 ・火災報知機誤作動の放送を流す

4 い号オブジェクトの対応について 

 い号オブジェクトの対処等については、下記の項目の要領に基づき迅速かつ適切に対応する。
 1)被害者および家族、図書隊、他の公的機関等からの収容違反報告は電話連絡を当直司書に回し当直司書が受け入れの可否を決定する。その後、三等図書監以上の図書隊員等にも連絡する。ならびに武力行使が必要な場合は当直図書特殊部隊員からの指示に従う。決して自己判断で決定してはならない。
 2)被害者が収容違反報告の電話連絡のないまま、直接来館した場合、当直司書に連絡する。当直司書の判断に従う。収容をする場合は、当直図書隊員等にも連絡をする。
 3)被害者受け入れの場合は、被害者ならびにオブジェクトの属性を入力しIDならびにDNA片など収容に必要な幾つかの要素を記載した紙を当直司書等に渡す。
 4)当直司書等から診療放射線技師、臨床検査技師、薬剤師、文化財修復技術者などの呼び出しを依頼された時は、その日の宅直者に電話連絡をする。
 5)収容時における検査の結果、当直司書から他公的機関に転送するため電話連絡の要請があった場合、速やかにその公的機関に電話連絡を入れ、当直の担当者に繋ぐ。また、救急隊への救急車搬送の場合は 119 番通報し、要請を行う。
 6)当直司書が収容を断った場合、その状況を日誌に記録する。同様に収容したオブジェクトも記録する。
 7)未確認のオブジェクトの場合は、DNA片や写真などをコピーし、誓約書等医事課から依頼されている様式を記載してもらう。
 8) これら日誌およびオブジェクトなどの情報は全て人民髄脳経由でDNAコンピューターに保管するほか、他の独立した媒体および紙資料、L5収容区画、フェーニャ・ソシュール三等図書監など複数の経路で保管する。

主な関係公的機関名称及び電話番号表
◆オーミシマ
整理番号 病館名称 電話番号
1 オーミシマ中学校職員室 0897-87-3400
2 ムラカミ技研 0897-82-0660
3 しまなみ水軍オーミシマ駐屯地 082-822-3101
◆ハカタジマ
整理番号 病館名称 電話番号
1 しまなみ法務部ハカタジマ支局 0898-22-0855
2 ハカタ北消防署 0897-74-2119
3 ハカタ警察署 0897-72-0110
◆オーシマ
整理番号 病館名称 電話番号
1 シタダミ駐在所 0897-84-3629
2 オーシマ分署 0897-86-2119
◆保健所、医師会
整理番号 名 称 電話番号
1 オーミシマ中央病院 0897-82-1111
2 ムラカミクリニック 0897-72-3200
3 キタジマ診療所 0897-72-0250

5 電話交換業務について 

 電話交換は図書館の顔であるので、接遇面も考慮し適切に対応する。また、不審な電話もあるため臨機応変に対応すること。個人情報保護から職員の電話番号、住所、家族構成などプライバシーに関する事項の問い合わせには「答えることはできない」とはっきり断る。
患者の個人情報についても同様であり、十分気を付けること。
 電話応対時は、必ずメモの用意をして必要事項を記載すること。相手先名、電話番号等は複唱すること。下記に基本的な電話対応マニュアルを記載するので、運用すること。
警察、消防等の問い合わせに対しては、確認して病館から連絡する旨答える。(日誌に記録)

*電話交換対応マニュアル*
(基本対応)
1)外線からの電話
 大変お待たせいたしました。方舟機構、オーミシマ図書館でございます。……
2)内線からの電話
 警備室○○でございます。……
 以下会話に繋げていく。
(被害者からの収容違反報告)
基本対応のあと、電話内容に基づき時間により外来処置室ないしは当直司書等につなぐ。
「大変お待たせしました。オーミシマ図書館でございます。
担当司書に電話をお回ししますので、そのままお待ち下さい。」
(被害者の家族から収容施設への問い合わせ)
基本対応のあと、東ないし西棟の収容施設に電話をつなぐ。
「大変お待たせしました。オーミシマ図書館でございます。
担当者へ電話を回しますので、そのままおまちください。」
(救急隊から搬送等の問い合わせ)
基本対応のあと、電話内容に基づき時間により収容施設ないしは当直の三等図書監等につなぐ。
「大変お待たせしました。オーミシマ図書館でございます。
担当司書に電話をお回ししますので、そのままお待ち下さい。」
(他公的機関からの問い合わせ)
基本対応のあと、電話内容により当直の三等図書監ないしは当直の図書特殊部隊員につなぐ。
「大変お待たせしました。オーミシマ図書館でございます。
○○消防署の○○さんですね。(確認)
当直司書に電話を回しますので、そのままお待ち下さい。」
(職員からの問い合わせ)
基本対応のあと、指定された部署に電話をつなぐ。
「大変お待たせしました。オーミシマ図書館でございます。○○に電話を回します。」
不審な電話と思われるケース(例示)
1)本日の当直の先生をお願いします。
(不審な点) 当直医師の名前を言わない。
2)宗教法人〇〇の○○と言いますが、○○先生お願いします。
(不審な点) しまなみにおいて宗教法人は基本的に合法化されていない。
3)○○先生お願いします。
(不審な点) 自分の名前を名乗らない。
4)先程、○○先生から電話があったので電話を回して下さい。
(不審な点) 自分の名前を名乗らない。
以上のようなケースを掲載したが、気を付けることは、絶対に直接司書に電話を繋げない。
とくにフェーニャ・ソシュール三等図書監に対する不審な電話がここ数年増えているため注意すること。
司書に確認を必ず取ること。担当司書が知らないと言えば相手に直接伝えると横柄な態度に出る可能性があるので、下記のような対応を取る。多くは、途中で電話を切る等の行為に出る。
「担当司書に連絡したところ、いま職務なので手が離せない。こちらから後ほど電話するので電話番号を教えてほしい。」 → 途中で電話を切ることが多い。
「電話対応時の注意点」
*あわてず対応すること。
*明るく爽やかに対応すること。
*複唱して確認すること。
*言葉づかいに気を付ける。(なるべく標準語で方言は使用しない)
*問い合わせに関して、勝手に判断せず当直の三等図書監、当直図書特殊部隊員に連絡し確認する。 
*オブジェクト、職員に対しての問い合わせについては、安易に答えない。

6 緊急放送「コードブルーシステム」の対応について 

 館内のコードブルーシステムを下記に記載する。
1)放送コードネーム:ハリーコール
 収容違反発生時等に図書特殊部隊員の応援を求める場合に使用
2)放送コードネーム:555番コール
 不審者侵入等の緊急事態が発生し、職員の応援を求める時に使用
3)放送コードネーム:パーチェスコール
 威嚇・暴力を伴う緊急事態が発生し、職員の応援を求め状況によっては警察へ通報する時に使用。
★放送コードネーム:ハリーコールの例示★
 収容違反発生時に、当直司書、図書特殊部隊員から「ハリーコール」の要請がある。
 当直司書から :東棟16号室にハリーコールをお願いします。
 ↓
 放送「ハリー先生、ハリー先生、至急東棟16号室までお越し下さい」2回放送

7 オブジェクトならびに被害者および司書ないし図書隊員など死亡時の対応について 

 オブジェクトならびに被害者が死亡した際には、被害者の家族が悲しみの中にいるので特別に気を付けて対応する。
遺体が残っている場合
1)霊安室を開錠しご遺体の搬入準備を行う。夏は冷房、冬は暖房を入れること。
2)遺体搬送用の出入口の扉を開錠する。
3)家族、関係者を霊安室へご案内する。
遺体が残っていない場合
1) 霊安室を開錠し遺品を搬入する。
2)遺体搬送用の出入口の扉を開錠する。
3)家族、関係者を霊安室へご案内する。

8 鍵の管理について 
1)図書館各部署の鍵はキーボックスに入れて管理しているが、平日の午後5時15分以降、土・日祝祭日は終日警備室にて管理する。
2)鍵の貸出は、職員及び委託業者以外には貸出を行わない。鍵を貸し出す際は、管理簿に「貸出時間、貸出した者、返納時間、返納者」を各自記録してもらう。
3)時間外業者が修理・点検を行う際は当直日誌に作業内容、時間、業者名を当直日誌に記録する。
4) L5情報開示室の鍵については、三等図書監以上の職員ならびにデータ・肉筆・ID等で許可を確認した図書特殊部隊員以外は貸出はしない。貸出をした場合、時間、氏名を当直日誌に記録する。

9 閲覧者の対応について 

 閲覧者から地下図書館への照会があった場合は、閲覧時間許可の時間帯であることを確認し、書庫台帳により、書庫を伝え場所を伝える。ただし、閲覧拒絶の者であるときは、その旨面会者に伝達する。
 書庫へ誘導する際は図書特殊部隊員2名と司書1名を用いること。
 インフルエンザ等の感染期にマスクを着用するよう職員から指示があった場合は、警備員はもちろん、閲覧者にもマスク着用をお願いする。

10 個人情報の取扱いについて 

 業務上知り得た個人情報は絶対に口外してはならない。

11 その他事項について 

1)業務時間内は喫煙しない。
2)節電を心がけること。
3)火気、危険物を持ち込まない。
4)職員の指示に従う。
5)身だしなみに気を付ける。
6)清潔にする。
7)健康に留意する。
8)必要時以外スマートフォンを操作しない、見ない。

方舟機構(印)

このページへのコメント

これはテロ防止のプロ

0
Posted by  elan elan 2019年04月21日(日) 11:04:34 返信

これは強い

0
Posted by オリえもん 2019年04月20日(土) 22:39:10 返信

このクオリティの高さ、本当に頭おかしいよ…。

0
Posted by  kebab kebab 2019年04月17日(水) 15:17:42 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます