君も国家を運営しよう。

第二次素材戦争(英:Material War II)とは、パレスチナ連邦共和国(ケバブ帝国)とアンゴラ・ジャイアニズム共和国との間で1/21に起きた戦争である。
参戦国
アンゴラ側ケバブ側
アンゴラ・ジャイアニズム共和国パレスチナ連邦共和国(ケバブ帝国)


経緯

アンゴラのゴウ大統領は前回の素材戦争の開戦理由を知らず、国際会議場でのパレスチナの発言を素材にした。
これに激怒したパレスチナ側が
「は?しね
宣戦布告するよ?」
と発言。懲りない2国による戦争が開幕した。

初動

アンゴラ政府は第四世界から支援受けたりアメリカの保護下に入ったりあの手この手で対ケバブ戦の準備を推し進めた。
対しパレスチナ領南アフリカには屈強なパレスチナ艦隊が集結。
両国は臨戦態勢を整えていった。

ナミビア空戦

パレスチナ艦隊がアンゴラ金塊に出現。アンゴラは空軍を出動させパレスチナ空軍とアンゴラ空軍による空戦が勃発。
アンゴラは前回の空戦を体で覚えており、パレスチナ空軍を圧倒し海軍の補助艦をいくつか損傷させる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます