君も国家を運営しよう。

概要

開戦経緯

オーストリア帝国(二重帝国構成国)がドイツとしての支配権の確立を目指し、これを旨とする最後通牒をドイツ帝国政府に通告したが、ドイツ帝国政府はこれを受け取り拒否した。この後、オーストリア帝国政府はヴィルヘルム三世を名乗る男を帝政ドイツ亡命政府の首長として擁立する。このヴィルヘルム三世を名乗る男はホーエンツォレルン家であると主張するが、本物のホーエンツォレルン家ヴィルヘルム三世はドイツ第三帝政の初代皇帝であり、現在はポツダム宮殿で老後を全うしているため、これは虚偽であると発覚した。また分家にすら位置していないことも判明し、オーストリア帝国政府による工作は失敗に終わった。
工作に失敗したオーストリア帝国政府は、ドイツ帝国政府に「絶滅戦争をせよ」という最後通牒を送付。(神聖七文字) ドイツ帝国政府はこれを黙殺し、オーストリア帝国政府がドイツ帝国に宣戦布告した。

参戦国

交戦勢力
オーストリア帝国(宣戦国)ドイツ帝国(被宣戦国)
セルビア王国(中途参戦)
ボヘミア王国(作戦師範)

結果

ザルツブルク講和会議において、オーストリア及びボヘミアのEU加盟、そして4年間チロル地方をEU国際管理地域とすることが決定され、終わりの見えない戦争に、「限界の講和」「改革的平和への糸口」として終止符が打たれた。

戦況経過

Phase1

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます