君も国家を運営しよう。

ソヴュール王国、松山の南側に位置する大洲。かつては「伊予の小京都」と呼ばれていたが、現在でもその面影を残しつつ、ソヴュール一近代的な都市へと変貌を遂げていた。

今回はそんな大洲の見どころを見ていこうと思う。
(モデルはさいたま新都心です。写真もさいたま新都心駅周辺のものを使っています)

大洲駅に繋がる環状鉄道前。
我が国では四国でも多分早い方でAIの開発に着手している。地図アプリのキャラクターが道案内をしてくれる。


電車の中。アナウンスと共にこんなメッセージが届く。


首を傾けないと見ることが出来ないが大洲駅ホーム。もう栄えてる。

東口はショッピングモールなどの観光地、西口はオフィス街になっている。


鉄道を中心とし、その下に道路などが敷かれた大洲は正に、ソヴュール一近代的な都市といえるであろう。
詳しい中身は後日説明しよう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます