君も国家を運営しよう。

西墺戦争とは、オーストリアとスペイン間で起こったスロベニアを主な戦場とした戦争である。
オーストリア側スペイン側
オーストリア帝国スペイン王国
スロベニア王国ドイツ帝国(義勇軍のみ)

開戦の経緯

まずこれにはWW3が関係するがWW3については省略する。
この時にオーストリア=ハンガリー二重帝国(以下二重帝国)は当時の東アメリカ、ソビエト連邦に
「トルコとスペイン殺していいからドイツと僕は許してください!兄さん許して!」
と命乞い(なお速攻握りつぶされた模様)。その後数ヶ月しdiscordでの雑談でソ連運営者からの暴露によりスペインが激怒し、宣戦布告した。

第一次コペル港攻防戦

スペインの宣戦布告後すぐさまスロベニア王国(現オーストリア領スロベニア自治州)のコペル港に海兵10師団を強襲上陸させ、オーストリア側も奮戦するもスペインの精鋭の前に玉砕し全滅。橋頭堡を確保した。この時国際世論は「スペインが勝利するだろう」「オーストリアはスペインに負けるのか(嘲笑)」と罵ったがまさかスペインがあんな愚行をかますとはこの時誰も思っていなかった…

スペイン、やらかす

橋頭堡確保後、本国からの援軍を待ち本土に攻勢するはずだったスペイン軍。しかしあろう事か

山岳地帯に海兵10師団のみで攻勢をかけてしまう

いつ見ても草生えるわこれ
しかもオーストリア側は
・強固な塹壕線
・機甲師団による即席のトーチカと砲台
・爆撃機による絨毯爆撃
という用意周到の鑑(自画自賛)みたいな防衛により海兵隊は壊滅した。(なおこの選択をしたリクリック氏は「審判が間違えて攻勢かけた」と文句を言っていた)

ザルツブルク攻勢

スペインの自滅敗走からコペル港を奪還しようとするオーストリア軍。しかしここである連絡が司令部に伝達される
「ドイツ国境からスペイン軍が!ドイツ軍もいる!何故だ!」
これがオーストリア最大のピンチ、スペイン軍とドイツ義勇軍によるザルツブルク攻勢である。しかしオーストリアはある作戦を立案する。
その作戦はvault・Jäger作戦と命名され、スペイン軍に大打撃を与えた。

vault・Jäger作戦

オーストリアからスペイン軍を追い出すためオーストリア軍はこの作戦を発動させた。概要を説明すると、
1 まずスペイン機甲師団に機甲、機械化師団を集中攻撃させ、戦車戦を強いらせる
2 その間に歩兵、工兵部隊が対戦車砲による攻撃と肉薄攻撃で機甲師団を壊滅もしくは瓦解させる
3 残存部隊を砲撃により殲滅させる
といったもの。
この砲撃には名将フォッツハイゲン少将が参加し、見事スペイン軍を「壊滅」させた。

コペル奪還

ザルツブルクを奪還しオーストリアから敵を追い出したオーストリアはついにコペル港を奪還するために大攻勢を仕掛けた。スペイン軍の増援と艦砲射撃、空爆と制空権をかいくぐりなからオーストリア軍はコペル港を攻撃。双方多数の犠牲者を出したがついにオーストリア軍はコペル港を奪還し、スペイン軍を中欧から排除した

講和

オーストリアによる講和提案をスペイン側が受諾しインスブルック講和条約を締結。
内容は
・墺西不可侵条約を締結(これは破棄された)
・スペインがオーストリアに8000億epを支払う(支払い完了)
という内容。これにより西墺戦争が終結した。

余談

・フォッツハイゲン少将は後、外国人部隊の砲撃軍団司令官に配属された。
・スペイン海兵隊を指揮していた司令官は四国星に左遷されかけたがソビエト連邦謎の勢力により殺害された事故死した
・この戦争後も色々ありオーストリアとスペイン間の仲はあまり良くない
・何気にヨーロッパを戦場とした最初の戦争である

終わりに

仲間を売るのは…やめようね!

このページへのコメント

最初だったのか

0
Posted by  nakka8810 nakka8810 2019年02月15日(金) 17:06:45 返信

やりますねぇ...!

0
Posted by 気紛れ(ドイツ帝国) 2019年02月09日(土) 17:42:26 返信数(1) 返信

パパありがとぉ!

0
Posted by オリモン 2019年02月09日(土) 22:43:58

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます