君も国家を運営しよう。

世界無政府主義革命とは、世界規模で発生した一連のテロ活動のことである。
戦闘状態に入った国
世界無政府主義者攻撃対象
世界無政府主義革命ワラキア公国(ルーマニア君主社会主義連合公国)
キューバ?UR連合王国?
ロシア第二帝政?
ソビエト社会主義共和国連邦
スカンディナヴィア連合王国
アッバース・イスラム?
ケバブ帝国
日本
ドイツ帝国
チベット
サウジアラビア=インド連合王国
オセアニア社会主義共和国
中華民国
トルコ共和国
チリ・サーモン連邦?
ペルー・インカ帝国?
アメリカ連邦共和国
満州国?
ハンガリー王国
ソビエト領十月革命島(ハト帝国)?
キンタイア=アイルランド連邦?
……etc
結果:世界恐慌の引き金となった。

概要

世界無政府主義革命の原因は今でもわかっていない。一つわかっていることは、キューバ政府が率先してテロ活動を支援したということである。世界無政府主義革命とは、キューバ政府が率先して行った、世界規模でのテロ行為である。テロの目的は世界秩序の変遷であり、推定では世界中で無政府主義革命家が蜂起する予定であった。

計画の破綻

世界秩序の変遷を行うにはキューバはあまりにも資金難であった。スカンジナビアとの戦争を間近に控えていたこともあり、関係国と思われていたワラキアはあまりにも過激な思想から支援出来ない状況であった。

世界恐慌

これ等に先導されてか、世界の一部各国ではテロ活動が相次いだ。さらにワシントン奇襲攻撃?も合わさり、凄まじい恐慌を巻き起こし、一時的は帝政ロシア株が1700万EPを下回るといる大惨事に陥った。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます