君も国家を運営しよう。


国旗

国章
国名真庭自治領
国歌麗しき真庭、我ら汝に敬礼せん
国の標語各々の努力が全ての成功へ
産業無し
自治領総督ヘンタ=イクソオ=ヤジ
政治体制総督を中心とした寡頭制
政策軍拡
総督府所在地久世
人口43万人
通貨ナイラ(₦)
国家レベル中堅国Lv6
外交垢https://mobile.twitter.com/Serbia_Foreign

軍事

概要

真庭自治領(まにわじちりょう、英語: Dominion of Maniwa)は西日本星・真庭に位置するナイジェリア帝国の自治領。

歴史

西日本星はかつて日本列島の四国と呼ばれる島に酷似した大陸、四国大陸しかなかったことから四国星と呼ばれていたが、西日本星は度々の地震で大陸の陥没・隆起が激しかった。遠いはるか昔のある時まで(大史記と呼ばれる古い書物では2年)はニッポンレットウ大陸と呼ばれる日本の日本列島に酷似した大陸があったとされる。しかしニッポンレットウ大陸は地震で陥没し、大オカヤマ=ケンホク大陸という日本の岡山県北部に酷似した大陸が隆起した。
大オカヤマ=ケンホク大陸の初期は陥没したニッポンレットウ大陸の何とか生き延びた残留民が旧石器時代的な生活を行っていたが、ドカタ暦(後述)紀元前3000年に大オカヤマ=ケンホク大陸北部にドカタ族と呼ばれる人々が現れる。ドカタ族のリーダーであったヘン=タイク=ソ=ドカ=タはドカタ暦紀元前3000年の8月16日に彼らがカワノ=ドテノ=シタと呼ばれる聖地で必ず行う儀式の後にドカタ朝を宣言。この時宣言をした聖地カワノ=ドテノ=シタの位置は今のドカタ族の議論の的となっている(後述)。ドカタ朝は建国後大オカヤマ=ケンホク大陸全体の征服を開始。紀元前1522年に北部を完全に征服。その後南部のタカハシ朝オカヤマ帝国と1500年に開戦する。後に千五百年戦争と呼ばれることになるこの戦いはタカハシ朝が断絶し血統が幾度と変わっても続けられ紀元前1年12月、ヤマモト朝の時にオカヤマ帝国の首都オカヤマがドカタ朝軍81671422人によって陥落し最後の皇帝ヤマモト7世が捕らえられオカヤマ帝国が滅亡したことにより終わった。これによりドカタ朝の93代目当主フ=ロウシャ=ノオッ=サンは紀元1年1月1日にドカタ帝国の建国を宣言。その年の8月16日には盛大な儀式が行われた。
ドカタ族は毎年8月16日に儀式を行うが被征服民には強制しなかったことが功を奏してか、ドカタ帝国の治世な非常に長く続く。
初期は本家のドカタ族が大陸全体を統治していたが、722年になると組織の肥大化や技術の近代化に伴うコストも増えたため、いくつもあった分家に統治させ、分家のリーダーに毎年報告させに首都オカヤマ=ケンホク=テートに来させた。尚、本家のドカタ家と区別するため、分家の呼び名は(分家の住む地名)・ドカタ家である。
816年7月22日、地震が発生。大オカヤマ=ケンホク大陸は陥没し、後にしまなみ諸島と呼ばれ、ドカタ帝国ですら侵略を躊躇ったムラカミ諸島のみが残る。この地震で本家のドカタ家は行方不明(恐らく断絶)し、200あった分家の内170は行方不明となった。残った30の分家や庶民は部下を連れムラカミ諸島へと逃げ延びる。ムラカミ諸島を統治していたムラカミ水軍も少なくない被害を受けたが、ドカタ族の受け入れを受諾した。
ドカタ族はムラカミ諸島に行き着いたが、ムラカミ水軍はドカタ族に対する迫害を開始。8月16日に行う儀式を「下品」と侮辱し禁止。勝手に行った者は川のない島に隔離された。この状況下でもドカタ族は自己の文化を失わず儀式以外の慣例を密かに続けた。
ドカタ暦1223年、シコク大陸が隆起。ドカタ族は移住を試みるが、ムラカミ水軍により禁止され、引き続き島への居住を余儀なくされた。
そこから約1000年以上ドカタ族はムラカミ水軍・しまなみ政府による迫害が行われていたが文化を失うことなく過ごしていた。
ドカタ暦8160年2月、ニシニホン大陸・キュウシュウ大陸が隆起し、大オカヤマ=ケンホク大陸に似た地形がニシニホン大陸中部に出来た。ドカタ族は秘密にニシニホン大陸に移住したが、既に7300年前に大オカヤマ=ケンホク大陸が陥没してから場所が分からない聖地カワノ=ドテノ=シタの位置を巡りドカタ族間で議論が起こった。議論を行ったドカタ族の内、真庭に居を構えたのは真庭にカワノ=ドテノ=シタがあるとするマニワ=カワノ=ドテノ=シタ主義のドカタ族のイチヂク=カンチョー家(ドカタ帝国ではマニワ・ドカタ家であった血統とされる。)で、そこの地域でドカタ帝国の復古を大きく望んだ。しかし、真庭には既に北極諸島連邦が入植しており、戦争で奪取することは81671422人の長槍兵しかいないイチヂク=カンチョー家には不可能であった。強硬論を主張する当主ヘンタイク=ソオ=ヤジは8160年7月29日に死去。後継ぎはイツモノ=フロウシャ=ノオッサン、センジ=ツメー=ルクレ=タド=カタノニ=イチャン、ヘンタ=イクソオ=ヤジの三兄弟が共同で当主に就いた。彼らは北極諸島連邦と交渉を行い、自治領の設立に成功し、総督にヘンタ=イクソオ=ヤジが就き、イツモノ=フロウシャ=ノオッサンとセンジ=ツメー=ルクレ=タド=カタノニ=イチャンは補佐官となった。
真庭自治領の歴史には横に()でドカタ暦での年を付けます。
2019/8/3(8160年)真庭自治領建国。
2019/9/27(8168年)宗主国である北極諸島連邦がナイジェリア帝国となる。

外交報告

インフラ

空港
久世空港
内陸に位置する真庭自治領が唯一他惑星に直接行ける空港。
都市
久世総督府特別行政区
真庭自治領の実質的な首都。

追分市
真庭自治領で最も東にある街。

落合市

古見市

勝山市

月田市

富原市
真庭自治領で最も西にある街。

東久世市
久世から少し離れた真庭電鉄蒜山線東久世駅周辺にある街。
鉄道
全て真庭電鉄が運営している。
追分線
美作追分駅から久世駅までを結ぶ300kmの路線。

富原線
久世駅から富原駅までを結ぶ316kmの路線。

蒜山線
美作追分駅から蒜山駅までを結ぶ618kmの路線。途中の落合駅で追分線と分岐し蒜山高原へと向かう。

財政

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます