君も国家を運営しよう。

製作過程

2019/8/21製作開始
2019/8/22原文完成

目次

ルール

フレーバーについて

フレーバーとは基本的に効果を及ぼさない、ロール内での「小ネタ」のようなものです。
しかし、宣戦布告などの口実になりかねないので気をつけてください。

フレーバー設定を書きたい人は

ここに書きましょう!

EDについて

ED(ユーラシア・ドル)は一般的な、相場が固定となるユ国営内の通貨です。
為替市場に参入していない場合は基本的にこの通貨を使用します(もちろん、自国通貨をフレーバーで設定するのはアリです。)

諜報力について

諜報力は裏工作、戦争での罠設置や的作戦の諜報などのほぼ全ての工作に使用します。
しかし条件は100と少なく、売買・譲渡は不可能なので注意してください。
裏工作
裏工作は担当に連絡して維持された諜報力と資金を支払うことで、何かしらの工作を実施できるシステムです(例:独立運動を陽動し民兵を蜂起させる)。
裏工作例
「司令部へのスパイ工作による敵作戦の入手」
諜報力は20〜30ほどで、主に戦争中に使います。
ただし次の例で対策される可能性があります。
「合言葉によるスパイ摘発」
諜報力は20〜30ほどです。こちらの諜報力と資金が上回った場合は諜報活動から防御できます。
「OO国首都で自爆テロ」
諜報力20〜40、資金および1ユニットを消費します。
よくあるテロです。

汎用国家特性に関して

軍国主義、経済主義、精神崇拝、平均主義、選挙制度、宇宙生物の6種類があり、一国家が2枠まで取得できます。
2枠同じのをとった場合は「過激な」が文等に着きます。
詳しくはこちらをご覧ください。

国家特性に関して

こちらは上とは違い、オリジナル効果を持たせることができます。
しかしもちろん、審査を通す必要があります。
今までに承認されたリストはこちら

世界

国の一覧

現在存在する国家はこちら
現在存在しない、または過去設定上に存在する国家はこちら

各惑星の特徴

地図はこちらをどうぞ
地球
リアル基準です。
google mapなどを使って地形調査などをします。
西日本星
リアルの西日本基準ですが、google mapの100倍の大きさとなっています。
ファルグリ
オリジナル惑星です。細かい国土の調整ができるのも売りの一つです。

植民地

植民地について

植民地は自国首都のある惑星に2回、他惑星に1回出来ます。植民すると収入に30万EDプラスされます。自国植民地に隣接する地域にまた植民したとしても別の植民地としてもかまいません。
植民地を本土化したとしても要求回数は減らないので注意!

ダイス・イベント

単独ダイス
運営にメンションして回してもらいます。
開催国のみ効果を被ります。

結果の表はこちらをどうぞ。
多国間ダイス
参加国を募り、運営にメンションして回してもらいます。
開催国および参加国が効果を被ります。
結果の表はこちらをどうぞ。
ソロイベント
予算参加国を募り、実施する事を書き、予算に応じた表を作り認可されたらここをもとにダイスを振る
参加国が効果を被ります。
一週間に一回なので注意!
多国間イベント
予算と実施する事を書き、予算に応じた表を作り認可されたらここをもとにダイスを振る
開催した一国のみが効果を被ります。
同じメンバー間での開催は一週間に一回なので注意!
世界ダイス
一週間に一度必ず振られる、全世界が確実に効果を受けるダイスです。
為替に影響のある為替ダイス、企業からの収入に影響がある企業ダイス、全ての国家が受ける世界ダイスがあります。

為替市場

為替市場は希望者のみ参加でき、自国専用通貨を発行できます。
参加したばかりの時は100自国通貨=100EDですが、
出来事によって100自国通貨の価値が変わります。

外交

口約束の外交例

不可侵条約
その名の通り、相互に侵略を行わない取り決めです。
これをした上での奇襲攻撃も可能ですが、ヘイトは凄まじくなるでしょうね。
独立保証
その名の通り、独立を保証します。
切り捨ても可能ですが。
傀儡政権
講和条約や協議などにより、他国を傀儡化することができます。
大国になるには必須の道です。
正当化
基本的にフレーバーです。どんな理由でも構いませんが、これをした上で戦争をしないと奇襲とみられますよ。
宣戦布告
その名の通り、戦争状態に突入します。

連合軍について

連合軍のルール
リンチを避けるため、2カ国以上の参加国の差を作ってはいけません。

和平・講和・降伏

併合
他国領の併合は双方の合意の上でおこなってください。
あまりにもリンチ的な要求は運営を通して蹴られる可能性もあります。
賠償金
他国に賠償を請求できます。
あまりにもリンチ的な要求は運営を通して蹴られる可能性もあります。

国際組織

国際組織
国家が所属する組織です。
陣営のようなものです。
非政府組織
テロ組織や国際企業が該当します。

軍事

軍隊のルール

軍隊許容量(維持費)
国家には400(PMCやテロリストなどの国際企業や組織は300)の「軍隊許容量」が存在するという概念があります。これに収まっている間は、各国家は軍隊維持費を支払わなくて済みますが、この軍隊許容量を超過した状態で月曜日を迎えた場合、その日に

(10*超過した枠の数値)^3

の金額を支払わなくてはなりません。
維持費は一部を除いた全ユニットに存在し、全軍が同じ400の軍隊許容量を使用することに注意してください。
一定の研究グレードは軍隊枠を下げます。
基本型は0.5倍に、改良型は0.75倍に、発展型は0.9倍に、準現代は1倍に、現代型は1.1倍に、次世代型は1.25倍の軍隊枠がかかります。
例えば...
歩兵1個師団
次世代型なら→1.25
準現代型なら→1
基本型なら→0.5
このようになります。
各軍ユニット表

陸軍
兵種基本型のダイス面費用準現代型の軍隊枠特殊効果研究費用
司令部03万(将軍数)×1ダイスの面に+20%研究不可
民兵11万戦時は0・戦後は10戦時にしか徴兵出来ない、徴兵費用半額1万
歩兵32万1-2万
工兵32万2防衛戦補正+23万
山岳兵33万2-3万
海兵33万2-3万
ゲリラ兵33万2-3万
近衛兵35万2-5万
砲兵55万2-5万
ロケット砲57万4ミサイル搭載の場合+2
上空の敵空軍のダイスを-1する。(上限3)
7万
自動車化歩兵88万6-8万
機甲(戦車)1010万8-10万

海軍
艦種基本型のダイス面費用準現代型の軍隊枠備考研究費用
輸送艦010万0.11隻当たり5ユニットまでを輸送可能1万
上陸艇210万0.3上陸戦に必要、一隻で2ユニットまで1万
駆逐艦520万0.1自国沿岸においてダイス面に+22万
巡洋艦730万0.5-3万
潜水艦640万0.3交戦した相手側に駆逐艦がいなければ沈没回避4万
イージス艦650万0.5海上のミサイル撃墜可能5万
戦艦880万0.65-8万
空母1060万1-6万
原子力空母12100万3-10万
砕氷船に改造する。この改造を施した艦のみ極地方や惑星間ワームホール(北極南極に存在)を航行可能。
費用:300ED/1隻
必要インフラ:造船枠
補足:1つの造船枠で2つまで同時に改造可能
補足2:凍った海しか持たない国家のみ、費用を100EDとする。

空軍
種類基本型のダイス面製造費用準現代型の軍隊枠研究費用空戦への参加空母搭載爆撃備考
ミサイル-5000-----爆撃可能な機体に搭載で消費・補正+3
輸送機050002-×1ユニットを乗せられる
戦闘機31万0.051万×-
攻撃機31万0.11万×-
戦闘爆撃機52万0.12万×爆撃ダイス 1/2
戦略爆撃機52万12万××爆撃ダイス +2
ステルス戦闘機63万0.23万×爆撃ダイス 1/2
早期警戒管制機-5万3-××配備されてる方面の空戦にダイス+20%
ミサイルは1機あたり2発搭載可能で、戦闘ターンごとに消費される。

なお、研究は全て基本型は初期から完了している。
海空軍に関しては人員、すなわち人件費を考慮しなくて良い
司令部や早期警戒管制機の効果は重複しないので注意すべし。
核について
20300万戦略爆撃機を通してでしか使えないなし
・核爆弾は二発まで所持することが可能ですが、核爆弾は戦略爆撃機でしか投下できませんのでご注意ください。
一種類の開発費は800万ED、一発の投下費用は一発300万EDです。クールタイムはリアル3週間となり、投下の限度は2発までです。
要塞
要塞は、1kmにつき1000EDで建築できます。
1レベル分建築するのに1週間かかります。
最大で5レベルまで建築できます。
1レベルにつき防御側の算定値に+5されます。
解体には、建築時と同じだけの費用がかかります。慎重に建築してください。
義勇軍
同盟して1週間以上経つ場合は、国有軍の半分まで同盟国に送れます。
同盟して1週間経たない場合は、国有軍の1割まで同盟国に送れます。
同盟をしていない場合は、2師団まで送れます。
研究
全ての兵器の研究は以下のように進行します。
研究レベル必要日数
改良1日
発展2日
準現代3日
現代4日
次世代5日
基本型について各国最初から完了しています
研究が完了次第、ダイス面が+1される。
・研究枠2つと研究費を2倍消費する事で、研究日数を通常の2分の1にする事ができます。
研究の開始宣言は運営さんの目に入る形ならなんでも良い。自分の国家ページへの記録も推奨

戦闘について

地形バフデバフ
略称正式な兵科
機械砲兵・機甲(戦車)・自動車化歩兵・ロケット砲
機動自動車化歩兵・機甲(戦車)
環境防衛側への補正プラス補正マイナス補正
地形ボーナス
平原0
砂漠0機械+1歩兵-1
雪原+1歩兵・民兵+2機械-2
+1ゲリラ・山岳+1機動-1
ジャングル+2ゲリラ+2歩兵・民兵-1 機動-3
+3海兵+1機動-3
+3山岳兵 +2機動 -3
状況ボーナス
完全包囲-4機動+2
半包囲-2機動+2
上陸戦+4海兵+2その他攻撃-2
都市ボーナス
地方都市+1
大都市+1
首都+1近衛兵 +2
ランドマーク+2近衛兵 +2
メガロポリス+2近衛兵 +1
進み方
制空権
航空戦で勝利した場合、陸上での戦闘に補正+1
敗北した場合、次の空戦ダイスに+1される。
爆撃
1回の戦闘につき4機まで爆撃することが可能。
飛ばした爆撃可能な航空機のダイス面数を合計し、その数値で振る。
それがそのまま戦闘に補正される。
補給の破壊
爆撃ダイスで35以上の数値を出した場合、次の陸上での戦闘に+2される
画像投稿バフ
決してネット上で公開された、または販売されている物をそのそのまま提示することは辞めてください。
戦争での戦闘ターンの際、プレイヤーは実行する作戦と共に自らの国の兵器に関連した創作物を審判役に対し投稿すると、その創作物の概要に関連した兵種のユニットに対し、+1のダイス値バフが得られまん。
レンドリース
創作が苦手な皆様、更にご安心ください。
限度はありますが、他国の兵器を戦闘で運用することも可能です。
これで国家間の親密度も深まる事間違いなしでしょう。
・レンドリース作品投稿は自国の創作物ではない、他国の作成した創作物を戦争・戦闘ロールの際、審判に投稿し、画像投稿バフで運用することです。
・これを運用した場合、画像投稿バフと同じ効果が運用した国家に得られますが、一回の戦争で運用できる回数は2回までとなります。ご注意を。
↑上記の文ですが、一回の戦闘ターンで兵器を一つ運用することによって一回、カウントされます。
当たり前ですが、レンドリース投稿をする際の段取りは他国との交渉を大前提とします。無断で使うのは…やめようね!
略奪
略奪は、自国と敵の領土の、双方で行えます。
また、略奪は、地方都市以上の市街地でのみ可能です。
略奪を行うと、自軍の損害が10%回復し、同時に10万EDを回収できます。
この都市の再建には20万ED必要。
焦土作戦
焦土作戦は、自国内でのみ行えます。
実行には100km^2につき5万ED必要。
この領土を進む敵軍は、50kmにつき10%消耗します。また、審判の裁量で様々なデバフをつけることができます(行軍病)。
この土地の復興には100km^2につき15万ED必要です。
各国の兵器博物館
兵器の一覧をどうぞ

内戦

内戦工作
内戦工作では、以下の師団の購入を行い、また、蜂起場所を決定してください。
軍を離反させる場合は、下の表の3倍の額がかかります。また、成立して20日以内の国は、工作することができない代わりに、内戦工作されません。
25万民兵1師団
50万歩兵1師団
50万工兵1師団
75万ゲリラ1師団
100万砲兵1師団
150万戦車1師団
防諜
内戦工作をされた際に、された国には内戦を抑えるかどうかをお聞きします。また、その際は防諜にかける費用を審判に宣言してください。
戦闘は戦争のそれに準じます。

将軍について

将軍スキルのルール
スキルポイントを支払ってスキルを習得。
・1人の将軍につき最大3個まで習得可能
・一度習得したスキルは削除できない
・1人の将軍が同じスキルを2個以上習得することはできない

スキルポイントの入手方法
‐軍のステータスの平均を1.0上げると1ポイントが与えられる
軍拡枠200万EDと1ポイントを交換できる

将軍スキル一覧(40個)



ちなみに、ここでいうスキルと4つのパラメーターからなる基礎スキルとは別物です
あと、基礎スキルは[ステータス]という名称に変更されます
士官学校
将軍雇用時のスキルが+1d1されます。(最大1d6)これらの建設には国家ごとに場所・400文字以上の設定を書かねばならず、1週間の設営機関が必要です。又、これらの整備費用として毎週(国家レベル×50)万ED分のEDを支払わねばなりません。
一人以上の将軍を士官学校に配備する必要があります。配備された将軍は即座に前線に出ることは不可能でしょう。
配備された将軍のスキルの平均値が3以上の場合、攻撃・防衛・機動のいずれかに+1されます。配備された将軍のスキルの平均値が4.5以上の場合、その将軍の持つL3以下のスキルのうちひとつを付与することが可能です。逆に、将軍のスキルが平均3以下の場合はひとつのスキル値を1下げねばならず、1・5以下の場合は「攻勢ドクトリン」「防衛ドクトリン」以外の初期バフスキルを保持できません。

内政

国債

個人向け国債
各国家は、自国民向けに、総額500万EDまでの額面で国債を発行することができます。
利息は固定値20%とし、返済期限は2週間後です。
対外向け国債
各国家は、外国向けに、無制限に国債を発行することができます。
利息や返済回数および返済期間は各自交渉を行ってください。
返済ができなくなった場合
万が一返済が滞り、不可能な場合は、以下の順番で金銭を確保してください。
1.自国の軍を解体する。
2.1で不足する場合、空港・港・インフラを解体して捻出。
これでも返済が不可能な場合は財政崩壊とし、国民向けが原因ならば特殊内戦ロールを行ってください。
特殊t内戦
両国20民兵師団が出現し、相手側の運用者を募集してください。
見つかり次第戦闘開始です。

インフラ

500万通過単位まで投資でき、週に一度投資額の10%(自然公園がある場合は20%)を吐き出します。
また、インフラは「ここの道路にいくら投資する」「ここの港にいくら投資する」といった風に建設するものであり、
距離で値段が決まるものではありません。
【道路】
説明:基本的なインフラ。これがないと何もできない。
首都近郊の都市密集地帯の接続・連絡に。
【線路】
説明:キャパシティは大きいが走る場所が限られる。
離れた工業地帯同士の接続などに。
【空港】【港】
説明:【線路】か【道路】インフラの上にのみ設置可能
上記インフラの上に乗っていない物は効果を一切認めない
【港】は沿岸部にのみ設置可能
【空港】【港】は同じ建造物同士で大規模輸送ができる。これによる貿易も可能。
【空港】は空軍が、
【港】は海軍が出撃・駐屯できる。

【道路、線路のバフ、デバフについて】(廃止済み)

広報推進
・インフラの道路・線路の路線にフレーバーで設定をつけた場合、その路線単体でのインフラ収入に、+20万EDがされる。
・「フレーバー設定」の範囲は全文改行なしでの3行以上とする。

産業

産業建造物の新ルール

・インフラの上にのみ設置可能
・インフラの上に乗っていない物は効果を一切認めない
・従来の距離による値段指定を廃止し、企業のように掛け金自由にする。
・500万EDまで投資可能
・産業は【一次産業】【二次産業】【三次産業】に分ける。
・名前、フレーバとしての【生産品】を自由に設定可能(生産品についてはできればフレーバー貿易向上のために今後なんかしたい)。
・フレーバーとしての名前、生産品を設定していない物は収入源として認めない
【一次産業】
農業・資源系統。
例↓

【二次産業】
工業品関連。兵器会社などもこれに含む。
例↓

【三次産業】
娯楽系。ゲーム会社など。
例↓

都市

現実とゲーム内の都市を比較した時、首都にも関わらず道路を有さないなど発展度合が著しく異なることがあったり、シベリアのタイガに大都市を築くなど現実と違う場所に都市を作りたい場合に対応するために、都市の建設を実装します。
規模費用個数植民地への建設補足
メガロポリス200万3つまで不可1つだけ無料で建設できます。首都などにお使いください。
大都市100万無制限
地方都市50万無制限
村~町0無制限自由に設定可能です。

ランドマーク

ランドマークは、その土地を代表する建造物です。これがあるとないとでは兵士たちの士気も段違い。
その土地の歴史を象徴するもの、巨大な建造物、芸術作品、国王の館など、不動産であればどのようなものでもランドマークたり得ます。
ランドマークの建設費は、首都にのみ200万ED、それ以外が50万EDで、解体に同額の費用がかかります。
また、都市にしか建設できません。
ランドマークを建設された都市の防衛は、+20%の補正がかかります。
国の本土には、首都を含め5つまで、植民地には各地域1つまで作れます。
世界に国の威厳を示しましょう。

国立公園

設置に150万EDを必要とする。
基本的に非武装地帯とする。
全3種類あるが、各種類2つまでしか作れない。
1つ目と2つ目で効果が異なる。
(注)インフラとは違い、公園単独の収入はない。
自然公園
素晴らしい景観と動物たちを守りましょう。
・1つ目:インフラと産業によって得る投資効果を2倍にする。企業は含まれないので注意
・2つ目:植民地/構成国1つにつき毎週10万EDを得る。
史跡公園
我々の文化と歴史を保護しましょう。
・1つ目:ネガティブダイスの効果を-10%する。自国内での戦闘において、ダイス面を+1する。
・2つ目:軍事予算最大額を+100万する。
科学公園
科学者を育成し発展に貢献させましょう。
・1つ目:研究が完了するたびに、かかった費用の1/2を返還する。
・2つ目:研究関連のイベントダイスが出るたびに、プラスマイナスに関わらず20万EDを得る。

造船所

造船所は、軍艦を作るために必ず必要となる施設です。改造、修理などにも必要となります。
基本的には海沿いに建設するこの造船所は、この世界においては川や池、湖の沿岸や、山奥にも建設できます。
2週間に1度、5万EDで増設できます。
1週間に1度しか使えませんが、使ったとしても無くならず、次の週にはまた使えるようになります。
造船所でできること
  • 軍艦の建造
  • 軍艦の改造
  • 軍艦の修理(港に併設)

研究所

研究所は、自国の兵器をより強化するために必要です。
初期状態では2つ研究所があります。
5万EPを支払うことで研究所は増設でき、自国内には合計5つまで設置できます。

要塞

要塞は、1kmにつき1000EDで建築できます。
1レベル分建築するのに1週間かかります。
最大で5レベルまで建築できます。
1レベルにつき防御側の算定値に+5されます。
解体には、建築時と同じだけの費用がかかります。慎重に建築してください。
防空システム
 要塞に建設できます。要塞から半径20勸米發嚢圓錣譴振戦・爆撃の被害を-(要塞レベル×5)します。建設には1KMにつき1000万EDが必要で、維持費に500万EDがかかります。

新技術系統

新技術

新技術とは、SFチックな核融合炉から現実でも作れそうなすげー戦闘機や戦車、メタルギ●アのような二足歩行兵器から魔法まで様々です。
新技術は最悪、ゆるい内容でも応募できます。もちろん設定を固めた方が、より良い方向へ進むでしょうが…
新技術の製作方法
discordの「開発申請先」へ、ある程度(アバウトでもOK)の理論(と効果があるものは効果)を提出してください。
開発審査部隊が審査後に可能か不可能か、可能なら費用も発表してくれます。
訂正もいくらでも聞くのでお申し付け114514。
新技術のユニット化
新技術は国家にバフデバフを与えるだけではなく、それ自体を使ったユニットも作れちゃいます。
ただ、基本的に高くつくでしょうね。
新技術のルール・マナー(超重要)
・他人の申請した技術にケチをや文句をつけないこと
・他人の承認された技術に技術的理由をつけて承認撤回をしつこく求めないこと
・新技術班を急かさないこと ・文句を過度に言わず冷静に接すること
・新技術はピン留めのテンプレートに沿って提出してください。
・上記にそって、運営や他ユーザーに一切の迷惑をかけないでください。 ルール違反が確認された場合や新技術班が悪質と判断した場合、 罰金や関連軍備解体、「新技術再開発義務」や悪質な場合は「技術の抹消」などの処置が下される可能性がありますので、 他人に迷惑をかけずに行ってください。 もちろん、技術資料をゲーム的に消失させるために戦争を行うなどの行為は可能ですが…

クライシス

クライシスについて
「クライシス」は一定の連続したイベントを発生させるシステムであり、運営に通達することで発生させられる一連のイベント群です。
クライシスを行うには自分でクライシスを開始する方法と他人(運営の場合もあり)が起こしたクライシスに参加するという2つの方法があります。
2019/7/27 追記
クライシスを主催する場合は
ピクミン難民(常勤、ンドンゴ担当の人)
浜地(非常勤、テロの人)
みかん(非常勤、よくわからん人)
に連絡をしてください。
参加する場合はクライシス開始宣言が出た時に該当クライシスのホストに許可を得て参加することが出来ます。
自分で宣言してくれよ頼むよ・・・
(担当者の叫び)

クライシスを主催する

自分でクライシスを開始した場合、そのクライシスのホスト国家とるので他の参加者より強い発言権が得られるが、失敗した場合の責任を追うことになるのでまず他人のクライシスに参加して慣れてからの方が良いだろう。
準備
クライシスは「発端」を見つけることで初めて開始を宣言できます。例えば古代文明の遺跡の発掘、別の星の探索などを申請することにより「発端」を見つけることができ、申請先によって物語の行く末を決定することでしょう。
開始
「発端」を見つけたら自分で開始を宣言してその場で開始するか、クライシス募集掲示板に書き込む2パターンがある。
開始宣言
GMに「発端」と行動を宣言することでクライシスを開始できます。(何々をマルマルします!クライシスを行います!のみ!あらお手軽!)
クライシス募集掲示板
開始したいけど自分一人では不安、または優秀な国家と一緒に開始したい。そんな時はクライシス募集掲示板に希望する名称、人数、場所、危険度と「発端」について書き込むことで参加者を募ったり運営側からのクライシス開始宣言に使われる事があります。
もしもの時に…
もし、クライシスのホストをしている時に貴国の行動が不味い方向に進むようでしたら、早々に切り上げてしまうのもありでしょう。クライシスは時折、予測しない結果を招きます。(例・センバブホールの探査活動)

諸注意点

.ライシスに金銭は必要ない
クライシスの開始に金銭は必要ありません・調査等に効果的に使用することは可能ですが、無論金銭を使用せずとも構いません。
▲ライシスは時と場合によっては国家を滅ぼす
「重大危機」の名の通り、良くて国家の傾き、悪くすると星系へダメージを与える可能性があります。
クライシスはGMが一定の結果を決定する
クライシスは「思い通りに行く」ことは基本的に少ないものです。悪化を狙えば拍子抜けし、安易に行えば地獄を見ることでしょう。
ぅぅ鵐轡妊鵐箸起きてもクライシスは続行できる
インシデントが発生したとしてもあきらめてはいけません。クライシスをさらに調査することによって発達したインシデントを阻止することが可能でしょう。

難易度

クライシスは「インシデント」という不安定な災害を巻き起こすでしょう。「インシデント」は四段階に分けられます。

Acadiaクラスインシデント

軽度インシデントです。現在のところ英国が企画している「カレー探し」に分類されるでしょう。国庫の傾きや、軍隊の相当数の喪失が考えられますが、人為災害程度の規模に収まると予想されます

Mag=Mellクラスインシデント

中度インシデントです。現在のところケバブ帝国主導の「ホモビ作戦」に分類されるでしょう。単一の列強国、もしくは複数の国家の喪失を招きます。

Onogoroクラスインシデント

重度インシデントです。現在のところスペイン・ケバブ・ワルキジア研究班の「沈没船調査」が該当するでしょう。地形変動、ないしは海洋汚染等不可逆的な災害をもたらします。

Shambalaクラスインシデント

破滅的災害インシデントです。現在のところ国連軍とフュージョナーの決戦「オペレーション・ジアース」に分類されるでしょう。惑星および他星系の喪失が考えられます。

最後に

もし異次元からの侵略者や古代兵器、封印された生物が出現したら?あなたは国家の存亡をかけて交戦するしかありません。もし敗北したならば、あなたの国は致命的な打撃を追うことでしょう。ーーしかしーー勝利すれば大量の金銭や研究では手に入らない未知の技術、はたまた強力なアイテムなどの莫大な報酬が獲得できるでしょう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます