君も国家を運営しよう。

概要

医薬品製造・販売メーカーであるポラリスは2019年5月10日、超人薬「ミラナミチブ」の第形衫彎音邯海成功裡に終了したことを発表した。ミラナミチブは遺伝子組み換えヒト型δ2型グルタミン酸受容体アロステリックモジュールである。ニューロンの発火周期を大幅に短縮させる「中枢オーバークロック」タイプの運動能力向上薬であり、ホルモン剤や末梢型オーバークロック剤などに比べて生理学的副作用が少なく、訓練によって効果の増大が期待できる特長がある。投与後、効果は速やかに発現するが、その後の運動の反復によって神経節密度が急速に増加し、運動能力の向上が起きることが確認されている。この抗原は腹腔内注射による投与後48時間以内に分布が完了し、効果が発現する。タンパク質に結合し、不可逆的に構造を変化させることから、非アミロイド型プリオンとも言われるが、結合タンパク質も伝達性は持たないため、厳密なプリオンの定義には当てはまらない。薬機法第188条の特定生物製剤、2019年5月24日衛生省薬事局通達第32C号の特定規制薬物に該当する。

組成・性状

組成

本品は20mLのバイアル中に封入され、下記の成分を含む。
ミラナミチブ:40mg
遊離アルブミン:0.250g未満
アセチルトリプトファンNa:280mg
カプリル酸Na:180mg
塩酸:20mg未満
塩化ナトリウム:20mg未満

性状

黄緑〜黄色に懸濁した液剤である。
pH:6.8〜7.3
浸透圧比:0.60〜0.65

効能・効果

用法および用量

作用機序


薬物動態

備考

本剤の作用は腹腔内投与で完結するが、ドブタミンを必要に応じて分泌するためにアクセルオーガン移植手術(AO手術)と脊髄後索バイパス手術を行う必要がある。アクセルオーガンは主にノルアドレナリンα1受容体を持つドブタミン分泌細胞から構成される組織で、副腎皮質様形態を示す。遺伝子組み換えブタから製造され、ヒトに移植される。上副腎動脈からバイパスを繋ぎ血流を確保する。また、アクセルオーガンのフィードバック用神経を確保するため、胸椎の交感神経幹への神経接続手術を行う。本剤による中枢神経のスマート化が成功した場合、フィゾラニブの投与適応となる。

重要な注意

・β遮断剤の投与を受けている患者及び最近にβ遮断剤の投与を受けていた患者では、本剤の効果が抑制されるおそれがある。
・本剤投与時の局所麻酔ではアドレナリン添加製剤を用いるとクリアランス低下のおそれがあるため、無添加のキシロカインまたはリドカインを用いること。
・本剤の投与前に、体液減少の是正、呼吸管理等の必要な処置を行うこと。
・本剤の投与は、血圧、心拍数、心電図及び尿量、また可能な限り肺動脈楔入圧及び心拍出量等、患者の状態を観察しながら行うこと。
・本剤は通常、末梢血管収縮作用を示さないので、過度の血圧低下を伴う急性循環不全患者においては、末梢血管収縮剤を投与するなど他の適切な処置を考慮すること。
・本剤の投与中に過度の心拍数増加・収縮期血圧上昇のあらわれた場合には、過量投与の可能性があるので、このような場合には、減量するなど適切な処置を行うこと。

副作用

副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
・重大な副作用
アナフィラキシーショック
全身倦怠感
ミトコンドリア機能亢進

適応

10歳以上で心身ともに健康な者を適応とする。

禁忌

次の疾患を患っている者への投与は絶対禁忌とする。また、投与後にそれらの疾患を発症した場合は速やかに投与を中止し、AOの摘出を行わなければならない。
・神経伝達物質障害(うつ病、ADHD、起立性調節障害など)
・心疾患および肺疾患
・アドレナリン製剤の禁忌に該当する疾患

製造・販売

ポラリスおよび陸軍臨床医学研究局が製造者資格を認められている。

有効成分における理化学的知見

一般名:ミナラニチブ(遺伝子組み換え)
本質:ヒトδ2型グルタミン酸受容体L11アロステリック部位に特異的に結合するペプチド鎖(Ur-70c)をコードするcDNAの発現によりブタ(Sus scrofa domesticus)卵巣細胞で産生された655個のアミノ酸からなるA鎖3本と201個のアミノ酸からなるB鎖2本からなる糖タンパク質

薬価

87450ドル

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます