君も国家を運営しよう。


国旗

国章
国名フランドル・ワロン国家弁務官区
国歌ブラバントの歌
国の標語L'union fait la force(団結は力なり)
国家弁務官アントワネット・バルニエ
政治体制独裁制
政策経済成長
首都ブリュッセル
人口1200万人
通貨フランドルワロン・フラン
外交垢https://mobile.twitter.com/Serbia_Foreign

概要

フランドル・ワロン国家弁務官区(仏:State Commissariat de Flandre et de Wallonie・英:State Commissarat of Flanders and Wallonia・略称:SCFW)は、西ヨーロッパに位置するフランス国の国家弁務官区。

歴史

フランス立憲王国の崩壊の影響はベルギーにも迫った。ベルギーの統治機構も崩壊し、旧仏領でフランス共産党、フランス社会党、アクション・フランセーズ、そしてファシズムが争い合っていた。2020/2/1に旧フランス軍人のフィリップ・ペタンが政争を一旦収めフランス国が建国され表向きには争いは終わったように見えた。しかし、裏では国家権力の獲得のため様々な組織が未だ争っていた。それが終結するのが2020/2/2。ペタン率いるフランス人民党が支持され、臨時大統領制と首相制を廃止。ペタンを国家主席と置いたファシスト評議会が発足し、ドイツ帝国の解体に伴い無政府状態となったアルザス=ロレーヌを占領した後、ファシスト評議会でベルギーの処遇についての議論が始まった。
ベルギーはフラマン語・フランス語を話す人々が混住しており、言語戦争が絶えなかった。直轄統治か、保護国とするか、はたまた独立させるか議論が続いた結果、国家弁務官区の設立を決定。初代国家弁務官にアントワネット・バルニエが就任した。同日、国家弁務官区軍がオイペン=マルメディに進駐。

外交報告

2019/1/25 フランス国からの次世代までの全ての技術援助を受ける。

インフラ

鉄道
ベルギー鉄道
路線名区間敷設費用備考
ブルージュ線ブリュッセル〜アールスト〜ヘント〜ブルージュ〜オーストエンデ300万ED
空港
空港名3文字コード建設費用備考
ブリュッセル空港BRU100万ED
港名建設費用備考
オーストエンデ港100万ED
都市
都市名ランク建設費用備考
ブリュッセル市メガロポリス300万ED

国立公園

財政

所持金
0ED
歳入

不定期歳入

支給金400万ED
インフラ収入80万ED
定期的歳入合計480万ED
歳出

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます