君も国家を運営しよう。

バミューダ諸島はアメリカ合衆国上院律法委員会統治区域の国有地である。
ここでは港湾ならびに観光業としてのバミューダ諸島を説明する。
バミューダ諸島の周辺には大きく分けて3つの珊瑚礁がある。
サンゴは清潔で清潔な暖かい水の中で繁栄し、25-29°C(77-85°F)の温度を好む。バミューダ諸島の合計21平方マイルに及ぶ小さな島々は、月平均冬18°C(68°F)から夏28°C(83°F)の範囲という温暖な気候で、なおかつ清潔な暖かい水が絶えず供給されているため、サンゴは大いに繁殖している。
バミューダのサンゴ礁は、さまざまな環境条件を経験する特徴的なゾーンに分けることができる(図1)。南岸では、海山は急速に落ち、島の北側には大きなラグーンがあることがわかる。

ラグーンリーフは水中の堆積物が多く、波の作用が高いため、視界が低く浅い傾向がある。これらのサンゴ礁は、柔らかいサンゴが優勢で、さらに繊細な枝分かれしたサンゴが無数に存在する。これらの珊瑚の構造はそれらが沈降を流すのを可能にし、そして柔らかい珊瑚の場合には波と流れで大きく曲がる。水深は1-4mと浅いためダイビングしやすい。
リムリーフはその外縁に位置する。波は比較的穏やかだが、これらのサンゴは台風やハリケーンから放たれて島々を襲ってくる波を守る。縁のサンゴ礁ははるかに優れた視認性を持っていて、大規模な岩の形をしたサンゴによって支配されている。水深は2mから6mほどである。
そのまた外縁へとリムリーフから離れ始めると、テラリーフが始まる。外洋水と深さのための低い波で、テラス礁は最も良い視界を持ち、リムリーフのように、岩のような珊瑚たちによって支配されている。これらの水深は平均して18mであり、大型船舶でも周囲の通行が可能である。

バミューダ諸島は大きく分けて11個の地方行政区が存在する。そしてその全てに大なり小なりの桟橋が存在し、バミューダ諸島南部に位置する通行可能な区域や北部の爆破されて通行可能になったリーフを通すことで通商を行っている。
また北部のラグーンリーフ周辺ではダイバーが存在することも多々あるため、入港と出港にはパイロット船による誘導が大いに必要である。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます