ツイッターへ集まった人はここへ

この国家は消滅しています。


国旗

国章
国名ナイジェリア共和国
国歌起て同胞、ナイジェリアの呼び出しに遵って
国の標語Unity and Faith, Peace and Progress
産業石油・流通
大統領ムハンマド・ブハリ
政治体制民主主義 共和制
政策軍拡
首都アブジャ
人口2億1116万9866人
GDP9030億ドル
通貨ナイラ(₦)
所持EP6379億4800万EP
国家レベル中小国
外交垢https://mobile.twitter.com/Nigeria_Foreign

軍事

陸軍
歩兵Ri-5ライフル等(基本型)5個師団+1個大隊
機械化歩兵Ama-56、Ri-5ライフル等(基本型)5個師団
ゲリラ兵Ri-6ライフル等(改良型)1個師団
機甲Ama-55、As-12(基本型)5個師団
砲兵125mm榴弾砲等(基本型)2個師団
対空砲Ama-57(基本型)1個連隊
海軍
潜水艦ルーマ型(基本型)2隻
駆逐艦アベオクタ型(基本型)3隻
戦艦ソコト型(基本型)1隻

空軍
戦闘機Chi-32、Co-26(基本型)30機
ステルス戦闘機Chi-33(基本型)30機
爆撃機En-38(基本型)20機
戦闘爆撃機Co-27(基本型)10機
輸送機En-37(基本型)60機

概要

ナイジェリア共和国(ないじぇりあきょうわこく、英語: Republic of Nigeria)、通称ナイジェリアは、西アフリカに位置した共和国。

歴史

1775 アブジャにナイジェリア王国が建国。
1840 現在の領土となる。
1882 内戦により民主化したが、当選した初代大統領ジョンソン・アグイイ=イロンシが独裁政治を取る。(1883年の全権委任法)
1924 イロンシが67歳で死去。イロンシの側近で後継に就いたチュクエメカ・オドゥメグ・オジュクは民主主義者で、全権委任法を撤廃し民主法を施行。共和制を導入し真の民主化を遂げた。
2018/12/4 四国星の宇和島の領有を認められた。
2018/12/12 ナイジェリア共和国大統領選挙で、王政復古を目指す「ナイジェリアの相応しい統治者の党」が与党になり、旧王家の末裔としているムハンマド・サヌーシ1世が大統領に就任。これは前大統領ムハンマド・ブハリが世界情勢の混乱の中、平和主義的な立場を取ったためと見られている。そしてサヌーシ1世は就任直後帝政への移行を認めるか否かの国民投票を実施。賛成90%、反対10%で賛成が多数を占めた。これによりサヌーシ1世は帝政への移行を宣言し、ナイジェリア共和国は消滅した。

外交報告

2018/12/2 調国との軍事同盟を締結。
2018/12/3 フランス第三帝国との国交を樹立。
2018/12/4 大満州帝国との国交を樹立。

インフラ

鉄道
鉄道は全路線がナイジェリア国営鉄道(NSR)が運営している。
12/10夜、反体制の右派が鉄道を爆破、12/16まで使えない状態である。
路線名経由備考
アブジャーポートハーコート線アブジャーヤブジーオクペラーオニチャーオウェリーポートハーコートオニチャーラゴス線のラゴス方面に直通運転
オニチャーラゴス線オニチャーアクバーーオアーアジェバンデルーイジェブ・オデーアイバフォーラゴスアブジャーポートハーコート線のポートハーコート方面に直通運転
アブジャーンジャメナ線アブジャーケフィーアクワンガージョスーバウチーポティスクムーマイドゥークリーンジャメナ
ラゴス港
アベオクタ型駆逐艦3隻等からなる第一艦隊は平時、ラゴス港に停泊している。
ポートハーコート港
第一艦隊は昔ポートハーコート港に停泊していたが、西にラゴス港が出来てしまったため、予備の港となっている。
空港
主要航空会社はナイジェリア航空。
アブジャ空港
ラゴス空港
それぞれマルセイユ、パリに国際線が開通している。
アブジャ空港からのみ宇和島の三間空港に開通している。

兵器設計局

兵器設計局は軍の提示する要求書に従い各局が設計を行うが、殆どの設計局が一つの分野を研究するため、殆どの分野で一つの分野=一つの設計局という状態が生まれている。尚航空戦力は設計局同士による激しい争いが繰り広げられている。
アビオラ設計局
歩兵装備の設計のみを行っている。
アマラチ設計局
主に戦車の設計を行っている。歩兵装備の設計も行っている。
アスレム設計局
主に艦船、戦車の設計を行っている。時折戦闘機の設計も行うが、As-1は未だ生まれていない。
チオマ設計局
主に航空機の設計を行っている。戦闘機の設計で有名で、Chi-7は名機であった。(尚レシプロ機時代の話)
イケンバ設計局
戦闘機の設計のみを行っているが、Chi-7が完成した以降、チオマ設計局に押され気味。そのため最近爆撃機の設計を始めるという噂が広まっている。
コスタ設計局
主に航空機の設計を行っている。爆撃機と戦闘機で半分ずつ設計に入札出来ている。
エニオラ設計局
爆撃機、輸送機の設計を行っている。

国営軍事企業

各局の出した設計案を元に試作機を作ったり、軍部が設計案を正式に決定した後、製造を始める企業。全てが国営のため、一つの分野に一つの企業がある。
メソフ重工業
歩兵装備の製造を担当。
マリテネ重工業
戦車の製造を担当。
モーリス重工業
火砲の製造を担当。
テネシア造船
艦船の建造を担当。
タマス航空工業
航空機の製造を担当。

研究進捗

ゲリラ兵→改良型

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます