君も国家を運営しよう。

2018年10月27日にスカンディナヴィアと労働者ソヴィエト間で結ばれた条約。
仲介国大ブリティオ島および副王領のための連合王国
締結国スカンディナヴィア連合王国 労働者ソヴィエト社会主義共和国連邦?
締結場所UR領スエズ
条約名スエズ条約
原因両国の要人の暗殺
犯人バチカン=サンマリノ連合カリフ市国のテログループ

背景
スカンディナヴィア連合王国大ブリティオ島および副王領のための連合王国との白紙和平を調印したこともあり、国内の雰囲気は悪化していた。同時に、労働者ソヴィエト社会主義共和国連邦?側では軍の配備が間に合っておらず、犯人グループの計画を察知できないでいた。
事件の発生
両国が外交のために使者(または元首直々に)が赴いた時に、同時多発的に銃撃が行われ、ソビエト側ではスカンディナヴィアの将軍が、スカンディナヴィア側ではレフ・トロツキーが狙撃された。
このことから両国の関係が悪化し、両国が即日宣戦布告をする事態となった。
戦争の回避
直後、大ブリティオ島および副王領のための連合王国が仲介を申し出、スエズ地域にて条約を締結した。内容は以下の通りである。
・労働者ソヴィエト社会主義共和国連邦とスカンディナヴィア連合王国の両国は攻撃をやめ、関係を白紙にする。
・労働者ソヴィエト社会主義共和国連邦とスカンディナヴィア連合王国は犯人引き渡し条約を締結する。
その後
犯人はバチカンのテロリストグループであることが判明した。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます