君も国家を運営しよう。

概要

シチリア帝国の大企業であり、帝国初の民営会社
社旗
総裁ナイツ=シュバルツ
経営執行委員会

業務

鉄道の製造、運営

歴史 

〜帝国建国前
帝国建国前は車は存在したが、鉄道というものが存在しなかった。その為、道路状態が悪い道は車がボロボロになりながらも車を使っていた。
帝国建国〜
帝国建国時、第2次シチリア・ゴースト反乱の為国内のインフラは破壊され、移動手段は徒歩のみとなってしまった。帝国は高速道路の設置を行い、安全な移動が行われるよう努力したが、資金不足の為中々進まなかった。
ヴォルド大同盟加入〜
シチリア帝国はヴォルド大同盟に加入したことによって、新たな文化や技術を手に入れることが出来た。そこで初めて鉄道という文化が入ってきたのである。しかし、帝国はかつてからある車をメインとしたインフラ整備を行ってきた。そこで、有志150名が各国へ鉄道の技術を学び、自ら鉄道を作り出した。
ヴォルド大同盟脱退〜
ヴォルド大同盟を脱退したあたりから、シチリア島に線路をひきはじめ、約1年程で完成し、シチリア帝国初の鉄道が出来た。この有志達は株式会社シチリア鉄道を結成し、その後多くの路線を作ってきた。鉄道という新しい文化を目の当たりにした臣民の中には自分も作りたい!というものが増え、5000人規模の大企業となった。
四国領土併合〜
シチリア帝国は四国の土地を手に入れた。これにより四国にも鉄道をひきはじめたが、同時に政府も鉄道をひき始めて、安くて路線が長い政府の鉄道を利用する人は増えていった。会社側はこれに危機感を持ち、政府に直談判を行った。当時の皇帝であったナイツ=シュバルツは、シチリア鉄道の創業者であったため、シチリア鉄道側に会社が引いている路線には政府の鉄道を置かないと約束した。
その後、魂魄妖夢皇帝より、1500億の出資を受け、さらに多くの路線をひいた。入社するものも増え8万人の企業となった。会社は、シチリア鉄道の技術を各国にも使って欲しいという意向を政府に伝えると、畑田秋国、クローシス王国、ブラジル帝国、ケバブ帝国にシチリア帝国の支社を置き、さらに1200億の出資を受けた。これにて規模は15万人の規模となり、シチリア帝国最大の民間企業となった。

拠点

本社 白玉楼

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます