君も国家を運営しよう。

概要

オーシア=ユーフォルビア戦争とは神聖オーシア=ヴェルセルグ二重帝国とユーフォルビア共和国・アシュケファル国・ハガル共和国の間で2019年8月4日に勃発した戦争である。
交戦国
神聖オーシア=ヴェルセルグ二重帝国ユーフォルビア共和国
ハガル共和国
アシュケファル国
義勇軍派遣北極諸島連邦
資金援助セルビア臨時政府資金援助セルビア臨時政府
結果
オーシア=ヴェルセルグ二重帝国が最後通牒を呑む形で終結。

呼称

オーシア=ユーフォルビア戦争、北方戦争など

背景

2019/8/4、大英帝国のステルス機及び戦闘機の情報を解析しようとしたアシュケファル国のエージェントが大英帝国の警備員に確保される。しかしアシュケファル政府は関与を拒否し、同時にアシュケファルのエージェントをオーシア政府の諜報活動に協力させたことを明らかにした。アシュケファルとオーシアは対立関係となる。
同時にオーシア政府が各国の歳入調査をしていたことが判明し、ユーフォルビア共和国は
/畔階級の撤廃
現皇帝の引き渡しと皇太子への譲位
9陳襪慮⇔呂隆袷瓦陛映
ぬ閏臈かつ実権のある議会の設立
を求める最後通牒をオーシアに送付。アシュケファル国やハガル共和国もユーフォルビアの最後通牒を認めるようオーシアに迫った。しかし、オーシアはこれを拒否。ユーフォルビアは先制的自衛権を発動しオーシアに宣戦布告。アシュケファルやハガルも宣戦布告した。

結果・影響

しかしオーシア軍は元から戦意が殆どなく、軍上層部は、ユーフォルビアの最後通牒を呑み、迫る欧州での戦争に対応するよう皇帝に進言した。皇帝はユーフォルビアら有志連合と協議し、最後通牒を呑むことで一致した。欧州ではハンガリーがオーシア・フランス領の割譲を求める最後通牒を送付。EUは拒否するよう求めたが戦争を回避したいオーシアはこれを承諾。このときのハンガリー・EU間の軋轢がその後ボヘミアも加わり波欧戦争へと向かって行く。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます