君も国家を運営しよう。

インフラ

世界では、日々貿易が行われ、ヒト・モノ・カネ・情報が行き来します。国家であるならば、これらができなければ話になりません。
貿易をするためには、インフラを整備する必要があります。しかし、それだけでなく、インフラは毎週月曜日に、そのインフラ整備費の1/10ものEPをもたらします。我々は、インフラを整備することで国に投資することができるのです。
しかし忘れないでください。戦争になれば、敵がインフラを破壊していくかもしれません。
なお、我々は空港と港、合計2つまで無料で作ることができます。

鉄道や道路を海上に設置する場合、建設できるのは最上級のものだけであり、建設費用は更にその二倍かかります。形式は海底トンネルでも構いません。

鉄道

鉄道はコストパフォーマンスに優れた、一度に多くの物を運部ことができる輸送システムです。
しかし走行にはレールが必要であり、レールの上以外の場所は走れない為舗装は必須となるでしょう。

空輸

空輸はコストこそ高いものの、空港さえあればどこへでもモノを運ぶことができます。
また、輸送するための輸送機が必要となります。
戦時中の国へ輸送をする時は、敵対国から撃ち落とされるかも...?

道路

もっともベーシックな輸送方法です。これがなければ輸送は成り立ちません。
道路がなければ交通が存在しなくなるため、国家の運営そのものが難しくなるでしょう。
グーグルマップを活用して距離を測ってもいいですが、大雑把な距離でかまいません。

海運網

通常の海
海運は速度こそ遅いものの、他を圧倒的に凌駕するキャパシティを持つ輸送方法です。
不凍海がある国なら基本的に何処へでも輸送ができ、更に許可さへ降りれば、内陸の国家へまで貿易が出来るでしょう。
海運は輸送船と港がなければ始まりません。
凍った、または流氷のある海
凍った海へは通常の船では行き来できません。そこで、砕氷船が必要です。
特に北極海と南極海を通過する時はこれが重要な役目を担うでしょう。
砕氷船の値段は1隻につき1億EPとなります。また、造船枠を1消費しますのでお気をつけください。

インフラの各値段表

道路
種別片方面の路線数100kmの費用
高速道路3~4路線100億EP
高速道路2路線75億EP
一般道路3~4路線50億EP
一般道路2路線30億EP
一般道路1路線10億EP
石畳-5億EP
砂利道-1億EP
鉄道
種別100kmの費用補足
浮上式鉄道100億EP要はリニア系、拡大解釈してさらに早いやつでも
超高速鉄道50億EP時速400kmぐらい
高速鉄道20億EPイメージは新幹線
鉄道5億EP在来線爆弾を走らせることができるぞ
ローカル線2億EP車両の古臭さこそ地域に愛された証
海運
種別費用補足
国際戦略港2000億EPTHE☆シーレーン
重要港1000億EPでかいやつ
地方港500億EPぼーえきできるやつ
工業港200億EP加工品作ったりするためのやつ、小さい貿易もできる
魚港100億EPおさかなおいしい😋
空港
種別費用補足
ゲートウェイ空港2000億EPイスタンブール新空港とか、シンガポール空港とか地域でクソ重要なやつ
大型ハブ空港1000億EP成田とかその国で最重要レベル
小型ハブ空港500億EPまあまあでかいやつ
地方空港200億EPいばらきくーこー
飛行場100億EP主に軍事利用のアレ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます