君も国家を運営しよう。

アメリカ南部政変

概要

アメリカ南部政変(アメリカなんぶせいへん)は、2019年4月14日に北米大陸において争われた内戦である。
一日にして北米秩序が一変したことから、現在でも世界史上の重大事件に数えられている。
''アメリカ南部政変’'
参戦国
アメリカ自由民主主義人民共和国南部独立レジスタンス
アメリカ調教連合王国ディキシーランド自治政府
カナダワラキア帝国(南部独立レジスタンス)
扇動:アラン・スミシー(南部独立レジスタンス)
関与:かい人10面そう
関与:ファム・エル・フート
結果
ディキシーランド独立。北米秩序崩壊

経緯

自由アメリカ政府は長らく北米における覇者であった。東アメリカ存在時にもそれは変わらず、東アメリカ政府がタイに亡命した後イギリスに移転した後は北米大陸は自由アメリカの一極体制であった。
自由アメリカは南部のメキシコ、アメリカ調教連合王国、カナダと連携して北米における絶対的な秩序を構築していた他、各植民地からの収入で更にその支配を強固なものとしていた。
しかしアメリカ調教連合王国の支配体制は軟弱であり、地下組織として南部の完全な独立を目指すディキシーランドの成立を許した。

南部独立レジスタンスの結成

某国情報部の秘密の呼びかけにより、ワラキア帝国皇帝ヴラド3世を名乗る「民兵の専門家」を筆頭に、ソビエト連邦のナタリア・ニジンスカヤ外相を名乗る「裏工作の専門家」、ケバブ帝国のセンバブ23世を名乗る「資本家」、イギリスの「暗殺の専門家」、オーストリアの「反乱の専門家」、そして国際的なテロリスト“アラン・スミシー”の一人であるアラン・スミシーを名乗る「テロの専門家」ら6名が結集した。彼らは南部地域の西米からの独立の志を共有しており、それぞれが最善を尽くしてディキシーランドの完全独立を支援することに合意した。

政変開始

14時ちょうど、全世界通信はフロリダ州の3箇所における住民反乱を報道する。
臨時ニュースをお伝えします、臨時ニュースをお伝えします。
今日午後14:00分、タラハシー、パナマシティ、フォートマイヤーズにおいて、反政府反動派90万人が暴徒化し、周辺都市・空港に突撃を開始しました。これらによる被害は現在でも6500億蘭ユーロに上るとみられており、現地メディアによりますと、暴動は過激化が進んでいるとのことです。二重帝国大使館は在米邦人に対し規制を呼びかけており、現在各国でこの動きが始まっております。
自由アメリカ警察が自体を正確に把握したのも同時だったとみられ、事態把握の遅れに関しては完全に政府の慢心が原因であったと関係者はコメントしている。*1
14時14分、かい人10面そうから自由アメリカ政府に対して犯行予告が送付される。
今回はオーストリア内戦と異なり、またまよたー・チョーグル事件と同じようにユニット*2という暗号を用いていることからオーストリア内戦とは異なる犯人であるとの見解が強い。
だが文面からは「偽きょう産主ぎ」という文言が確認されることから、オーストリア内戦と同じ思想を持った人物である可能性が存在する。*3
わい は かい人10面そう や
あめりかの あほども え 
偽きょう産主ぎ の ぶたども に
じんみん の おそろしさを おもいしらせて やるで
わいは ポートランど で
150 ユニット ほう起 させる
覚ごしたほうが 身のためやで
自由アメリカ政府は事態発生から15分後、臨時国会を召集。対策の決定と特例法の施行について決議を行う。
閣議決定を待つ間、再びかい人10面そうは自由アメリカ政府に犯行予告を送信した。
今かいは おたのしみが ふたつ ある
わしんとん州の どこかに 爆だんを 3つ しかけた
15:40 に ばく破する 予ていや
書記ちょう きんたまちびらせ 泣きゑいりやで
せいぜい がん張ってや
これらのかい人10面そうによる犯行は現実には行われていないため、何らかの陽動であるとの見方が強い。

電子の海の戦い

14時20分、自由アメリカ政府に存在する大規模ネットワークミドルウェア"人民髄脳"へ正常な不正アクセス*4が行われる。
14時37分、先ほどの不正アクセスによって設置されたバックドアから自由アメリカ全てのネットワーク端末に向けてハッキングが開始。電力管理コンピューターを含めた自由アメリカ国内のコンピューター端末のうち80%が機能を停止し、残りの20%もじきに沈黙した。
これに関して国際テロ組織"ファム・エル・フート"が犯行声明を出した。
自由アメリカ政府は史上初めてのハッキング攻撃に対して「アメリカ全土の全ての端末を回収し、そして破棄する」ことで解決を図る*5
15時11分、電子攻撃によって混乱するアメリカ国内数か所の銀行に銀行強盗が侵入。自由アメリカ警察はこれを追跡しようとしたものの、衛星通信のみならず電話線や無線なども含めたすべてのネットワークがDDoS攻撃により破綻しており、強盗犯の足取りを掴むことはかなわなかった。
時間を同じくして、YouChbeにアラン・スミシーから犯行声明が投稿される。
やあ諸君、元気かね?
今日のショウはどうだったかな。アッと驚くアメリカの銀行に巨大な花火を打ち上げてやった。
搾取ってのはいやだねぇ。俺たちはみな自然人。万民の万民による闘争の中にだけ存在するってのにさ。
まあいいや。これを聞いてるのは誰かわかんないけどね。
これから世界は変わるのさ。皆も見たいだろう?
じゃあこの金塊はアンゴラの可哀そうな子供たちに渡してくるよ。
嗚呼、まあ所詮は15兆程度さ。共産の皮をかぶったナメンクラトゥーラどもには紙屑のようだろうがね? 
俺かい? 俺はアラン・スミシー
''誰かのようで誰でもない正義のミカタさ''
アラン・スミシーの犯行声明に同期して3月30日に蜂起したテキサス州の農民反乱が再燃する。

狂乱のアメリカ

16時06分、全世界日報はソビエト連邦の核燃料搭載衛星がアメリカ東海岸に落下を始める。
これに対してインディアナポリスの宗教家たちが大挙して運動を開始。ドゥームズデイ・カルトである人民寺院やヘブンズ・ゲート、神の十戒遵奉闘争などが国際テロ組織オフィリウス真理教の扇動のもとで祈祷や説法を開始した。
<◎>ドゥリヤウ・オフィリウスの法話
ベツレヘムの星は落ちる。
敬虔なる主の御仔ヨハネは預言した。
『第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源との上に落ちた。この星の名は「苦よもぎ」と言い、水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。水が苦くなったので、そのために多くの人が死んだ』
今こそ救済の時だ。汝らの御霊は疾く、母の胸にて抱かれる。
<◎>天国の門を開けよう。母なる蛇の胎へと還るのだ
またニューオーリンズやヒューストンなど南部の港湾地帯では南部独立レジスタンスの一員が対自由アメリカテロを敢行する。
この混乱に乗じて南部独立レジスタンス本隊はプエルトリコを出航。
@Abraham
南部連合指揮官、アブラハム・リーです。
現在プエルトリコより50万人の仲間と共にフロリダへ向かっております。
南部復興は近い。
駆逐艦による海上封鎖と併せて、自由アメリカによる抵抗を確実に消し去るために行動を起こした。

文化大革命

この大混乱に対して、自由アメリカ政府は抵抗を放棄
軍人・官僚・民間人など1200万人にもおよぶ大粛清」を行った。
この大粛清、通称文化大革命に抵抗する形でディキシーランドは南部独立を宣言する。
オーストリア、ワラキアなど名だたる国家がディキシーランド自治政府を国家承認。国際的にディキシーランドを迎え入れる。
対する自由アメリカ政府はその統治能力・判断能力を欠如。
残った数少ない政府高官たちは自由アメリカ合衆国の終了を宣言する準備を出し、非公式ルートでアリス・タイサー含めた一部官僚がタイに亡命。仏教国家の建国を指示する。

国際法違反

そんな中、アリス・タイサー首相と個人的な親交のあるとある国家の元首が「アリス・タイサー首相はカナダならびにアメリカ調教連合王国の2つの国家元首を兼任している」と国際会議で非難。
国際法によって同君連合ではない独立国にも関わらずの元首兼任は咎められるものであり、アリス・タイサー首相は亡命先のタイで拘束。
国家の統制能力を失った自由アメリカ政府は、軍備とその植民地ならびに領土の縮減を余儀なくされた。

その後

カナダならびにアメリカ調教連合王国は国家解体され、ディキシーランド自治政府が南部に成立。
またカナダ北部にエスティオ連邦共和国、ハドソン湾周辺にズナイヤー=スニアブルク連邦共和国が新たに建国された。
西部に押し込められた自由アメリカの産んだ空白地帯にはさまざまな勢力が跋扈。特に文化大革命とドゥームズデイカルトの狂乱がひときわ大きかったインディアナポリス周辺ではカルト教団"神の十戒遵奉闘争"によってアメリカ合衆国上院律法委員会がその支配を強め、ポートランドならびにニューヨーク近辺では北東アメリカ連邦共和国が建国された。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます