君も国家を運営しよう。

(国旗)

正式名称犯罪抑止のために集った宗教・財閥・軍・そして諸邦による正義同盟
本部首都 インディアナポリス州会議事堂
各国表記Justice Union of Sects,Troops,Industries,and united nations for Counter the Insurgent and Anarchies
国名アメリカ合衆国上院律法委員会“ユスティーツァ”)
国歌陸軍は進んで行く
国の標語Abide the rule that Mercifully,Beautifully,Strictly,and Holy Torah.*1
産業鉄鋼・石油など
国家元首ドナルド・C・パスカル上院律法委員長/斎しき権衡
政治体制法治主義・律法主義
政策絶対なる法の支配
首都インディアナポリス
人口46,421,564人(米国勢調査局2010)
GDP5,236,441,1094 ED+1,689,347,896 クアンザ1,033,595,020 オクト+976,280,904 RM
通貨USドル
所持ED0 ED+0 クアンザ+0 オクト+0 RM
国家レベル発展途上国Lv4
税収4,000,000ED
軍隊戦略法務隊
予備役予備戦略法務隊制度は無し
外交垢Twitterのアカウントを

歴史

西米の軍・官・民を問わない大量粛清から数年。インディアナポリスでは「法の支配」を訴える新興宗教が蔓延していた。
新興宗教「神の十戒遵奉闘争」は法服のような黒衣を着せた法曹たちによってすべての法律を順守することを強いられ、これにより末法の世に位置する今からいずれ来たる終末核戦争より生き延びるというドゥームズデイカルトであった。
黒い法服の幼女、“斎しき権衡”を教祖にして預言者であると崇める神の十戒遵奉闘争は次第に周辺の諸州に伝播。汚職警官に苦しめられるデトロイトから様々な箇所へと伝染していく。
そうして、東アメリカ(アメリカ合衆国)の残党がミシガン州で奇跡のドッキングを果たすことにより、「アメリカ合衆国上院律法委員会」通称「ユスティーツァ」が成立したのであった。

外交報告

2019.4.24.ディキシーランド自治政府との間で条約第1号「武器ならびに技術供与に関する条約」を締結
2019.4.24.国内法規たる「武器貸与法」に基づきシチリアならびにベルカ公国の両国に武器並びに軍艦を売却。
2019.4.24.北東アメリカ連邦共和国間で条約第2号「アメリカ合衆国上院律法委員会及び北東アメリカ連邦共和国間中立条約」を締結
2019.4.24.ディキシーランド自治政府間で条約第3号「アメリカ合衆国上院律法委員会及びディキシーランド自治政府間中立条約」を締結
2019.4.25.国内法規たる「武器貸与法」に基づき満人権社会主義共和国ならびに煌帝国の両国に武器を売却。
2019.4.26.満人権社会主義共和国と「アメリカ合衆国上院律法委員会及び満人権社会主義共和国間相互防衛協定?」を締結
2019.4.28.国内法規たる「武器貸与法」に基づき煌帝国に武器を売却。
2019.5.12.バミューダ諸島を国有化
2019.5.14.大英帝国との間で条約第4号「Destroyers for Bases Agreement?」を締結
2019.5.14.銀王国との間で条約第5号「銀王国とアメリカ合衆国上院律法委員会との間の相互協力及び安全保障条約」ならびに「銀王国とアメリカ合衆国上院律法委員会との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに銀王国におけるアメリカ合衆国上院律法委員会の地位に関する協定」を締結

軍隊

軍隊詳細

戦略法務隊
兵種(研究レベル)師団
歩兵(次世代)88
民兵(次世代)0
山岳兵(次世代)0
海兵(次世代)0
ゲリラ兵(次世代)0
機械化歩兵(次世代)0
機甲(次世代)0
工兵(次世代)0
砲兵(次世代)0
近衛兵(次世代)0
ロケット兵(次世代)0
司令部0
艦種(研究レベル)保有数
巡洋艦(次世代)0
駆逐艦(次世代)265
空母(次世代)0
原子力空母(次世代)0+7
輸送艦(次世代)4
上陸艇(次世代)0
潜水艦(次世代)236+5
戦艦(次世代)68
イージス艦(次世代)1
艦種(研究レベル)保有数
戦闘機(次世代)334
爆撃機(次世代)192
戦闘爆撃機(次世代)22
ステルス戦闘機(次世代)0
戦略爆撃機(次世代)0
ミサイル800
輸送機0
早期警戒機0
斎しき権衡1
戦略法務隊105
アーマード戦略法務隊(+4)161/166
装備一式(+4)84

戦略法務隊ならびに関連する司法警察職員装備


将軍一覧

国家精神

法治の神子・"斎しき権衡"ネル・ホワイト
条件:常時
効果:特殊ユニット「斎しき権衡」を追加
説明:法律は誰かを縛るものじゃない。法は誰かを責めるものでもない。弱くて惨めで正直な誰もを守る――それこそが慈しく、厳しく、斎しき権衡だ。

領土

国土制定法によりミシガン州・インディアナ州・ウィスコンシン州・イリノイ州・オハイオ州の全域を保有。
・ミシガン州主要幹線道路9,590マイル(15,433.609km)をクアンザ立てで高速道路化(28,466,504.7クアンザ)
州間高速道路75号線。ミシガン州デトロイトからオハイオ州トレドへ向けて伸びている。ミシガン州のアッパー半島とロウアー半島を結ぶ吊り橋、マキナック橋を通過するこの長大な道路はンドンゴ資本によって4車線の高速道路として整備されており、周辺の街路にもンドンゴ人商人による出店がいくつかある。またその先にはズナイヤー国内へと続くインターチェンジがある。
・ミシガン州の一般の私道622.8694kmをクアンザ建てで高速道路化(822,869.4クアンザ)
州間高速道路96号線ならびに州間高速道路94号線。75号線と共に整備された高速道路で、ンドンゴ資本による作業であることを示す街灯がいくつかの箇所に置かれている。これらはともにデトロイトから伸びているもので、75号線の枝のようにして整備されたものである。デトロイトの雑多な環境を受けやすく、ここのパーキングエリアには多数のンドンゴ料理屋が出店している。
・インディアナ州ならびにウィスコンシン州の全ての道路441,441マイル(710,430.425km)を1車線一般道路化(8,645,097ED)
インディアナ州においては96番通りから296番通りまでの格子状の道路。インディアナ州の北部では格子状に配列された郡道を使っており、それが平原の多いインディアナ州北部では効率的に運用されている。インディアナポリス市街地もまた格子状の群道を利用しており、その番号は旧西米の道路計画からとったものであるという。また一部の群では有名人の名前を用いることもある。
・オハイオ州全ての道路286,708マイル(461,411.8km)を2車線道路に(138,623,540ED)
国道40号線をはじめとしている。古くはカンバーランド道路とも呼ばれ、建国最初期ののアメリカ合衆国連邦政府によって建設された初期主要改良道路の1つである。文化大革命の際に地元のカルト教団の手により破壊され、また北東アメリカ連邦共和国との国境争いによって荒廃していたところをユスティーツァが国有化。これを石畳としてでも整備することでオハイオ州に法律を広げることに成功した。
→2019.05.10.石畳からアスファルト舗装を施すことにより2車線の道路を完備
・ミシガン州の鉄道3,912.58マイル(6,296.687km)を浮上式鉄道に(6,496,687ED)
基本的には州内の大規模鉄道会社――すなわちカナディアン・ナショナル鉄道、カナダ太平洋鉄道、CSXトランスポーテーション、ノーフォーク・サザン鉄道の4つの鉄道会社によって賄われる。またその間を縫うようにして多数の小型鉄道会社も存在する。このうち700マイルほどは廃線となる路線であるが、ユスティーツァがこれを国有化することで住民の幸福のために補っている。
・ウィスコンシン州の道路239,027マイル(384,676.668km)に高速鉄道を(77,135,333.6ED)
州間高速道路90号線ならびに州間高速道路94号線および州間高速道路39号線。これをインディアナ州における一般道路化に伴って整備し、またこれの高架下に鉄道を地下鉄のようにして張り巡らせることで省スペース化を行った。一部路線は州間高速道路に並行するようにして地上を走行しており、周辺ではその多大な交通量と高速鉄道による騒音によっていくつかの健康被害もあるという。
・ウィスコンシン州の道路とミシガン州の鉄道242,939.58マイル(390,973.355km)に2車線の一般道路を(116,292,007ED)
ウィスコンシン州からミシガン州のアッパー半島にかけて敷かれていた2つの道路、即ちセントイグナスから西進してアッパー半島を横断し、ウィスコンシン州北部へと入る国道2号線と、キーウィーナー半島のカッパーハーバーからアッパー半島の北西部・中央部を縦断してウィスコンシン州東部へのびる国道41号線とを石畳で再修復して通行可能としたもの。一時的な措置であり、これから一般的なアスファルト化が行われる。
→2019.05.07.石畳からアスファルトで2車線化舗装がなされた。
・全てオクト立てでインディアナ州の道路202,417マイル(325,758.584km)に高速鉄道を。加えて1255.93045kmに浮上式鉄道を(25,292,631.5 オクト)
ブラジルの融資によって建設されたインディアナ州全土に広がる道に併設するようにして延ばされた鉄道網。ユスティーツァ内の主要な鉄道会社すなわちCSXトランスポーテーション、ノーフォーク・サザン鉄道、カナディアン・ナショナル鉄道、スー・ライン鉄道、およびアムトラックによって運営される長大な鉄道であり、このうちの1000kmは浮上式鉄道の試験場として運用されている。
・インディアナ州の道路202,417マイル(325,758.584km)に石畳を。(114,215,504ED)
インディアナ州はアメリカ中西部――すなわちアメリカ合衆国上院律法委員会統治区域のなかでも最も中心に位置している。それゆえに東はオハイオ州、西はイリノイ州、北はミシガン州から南のディキシーの綿花畑へとつながるこの土地は「アメリカの十字路」と呼ばれている。そのアメリカの十字路は文化大革命によって荒廃。南部から脱走した黒人奴隷やそれらを対象としたブードゥー絡みの新興宗教や人民寺院、ミシガン州で勃興していたセブンスデー・アドベンチスト教会など多数の信徒が住んでいた。その物流を取り仕切るため、神の十戒遵奉闘争は道路法を制定しこれを一時的ながら石畳で舗装した。
→2019.05.10.石畳からアスファルトへ舗装。4車線道路に
・バミューダ諸島の道路447kmを高速道路化(647,000+4,353,000 ED)
バミューダ諸島は旧イギリス帝国領の海外領土であった。古くは南北戦争時代にも貿易拠点として栄えるなどの繁栄を見せ、最盛期には観光業で収益を立てる大規模な都市であった。しかしイギリスがURへ、そこからイギリス帝国が復古したのちこの島は忘れ去られてしまっていた。アメリカ合衆国上院律法委員会はこの島の地権者である男性と交渉を重ね、この島々を領有することに成功した。
・ウィスコンシン・セントラル鉄道の路線2,850マイル(4,590km)をクアンザ立てで浮上式鉄道に。加えて900kmを延伸させこれも浮上式鉄道に(5,690,000クアンザ)
ウィスコンシン・セントラル鉄道はカナディアン・ナショナル鉄道の子会社として存在していた。五大湖周辺の鉄道路線やミルウォーキー鉄道などの利権を引き継いだ後にスー・ライン鉄道から分離したものである。旧来は西部のミネソタ州へと延びていたが、文革の煽りを受けて本社であるスー・ライン鉄道が崩壊。ミルウォーキー事業所を中心としてウィスコンシン・セントラル鉄道へと改名しこれの復興に努めていた。
・ミシガン州の鉄道3,912.58マイル(13,838km)をライヒスマルク立てで浮上式鉄道に(16,845,600 RM)
ミシガン州の鉄道路線を大規模改修。浮上式鉄道というアメリカ合衆国時代には存在しなかったリニアモーターカーを整備することで長大なアメリカ中央部の国土を一気に駆け抜けることが可能になった。車窓からは五大湖の雄大な自然が見られ、また沿線の駅などにはドイツ料理屋が立ち並んでいる。察しの通り、これらはドイツ帝国の莫大な資本を基に建設された。
・ミシガン州内の道路700本弱に大規模投資(3,502,755,358ED)
産業[神の十戒遵奉闘争]
・アメリカ国防総省語学学校インディアナポリス臨時学院
アメリカ国防総省語学学校インディアナポリス臨時学院はカリフォルニア州モントレーのプレシディオ・オブ・モントレーに所在した国防省語学学校外国語センター(Defense Language Institute Foreign Language Center, DLIFLC)とテキサス州ラックランド空軍基地のサンアントニオ統合基地に所在した国防省語学学校英語センター(Defense Language Institute English Language Center, DLIELC)の2つをそれぞれインディアナポリス大学の麾下で臨時に統合した、語学および文化に関する教育を行う専門の機関である。その主立った任務は外国語や英語の教育にあり、シカゴに位置する臨時国防総省の要員に対する外国語教育および海外から留学生に対する英語教育、職員とその関係者に対する言語学講義もしばしば行うことがあり、むしろ語学学校としての意義はそこにだけあるともいえる。
・陸軍機甲学校オハイオ臨時学院
陸軍機甲学校オハイオ臨時学院はオハイオ州コロンバスのハウブリッヒアーモリー(Haubrich Armory)に位置する陸軍大学で、同地点のオハイオ州防衛隊司令部に併設されている。もともとジョージア州コロンバスのフォート・ベニング駐屯地に所在した陸軍機甲学校を西米崩壊時に消滅した物として現地の卒業生にしてハウブリッヒアーモリー駐屯地司令のトーマス・ケンブリッジ少将が神の十戒遵法闘争からの熱望と金銭的支援により再建した。臨時学院という立ち位置でありながらもその正当性は限りなく低く、この学校の卒業生も「オハイオ陸軍機甲学校を卒業した」という意識だけがある。もともと山岳兵(山岳救助隊)が多かったオハイオ州防衛隊において機甲科の訓練学校を設立する以上教師などは自前の物で補うわけにはいかず、教師陣や設備などは旧西米時代に放棄された物品や生き残りの将校を利用しているという有様である。
・空軍工科大学
空軍工科大学はオハイオ州のライト・パターソン空軍基地に所在する。この学校は珍しくオハイオ州に存在したままだったが、文革のあおりを受けて校長であったミュラー・S・ベニーチャイルド将軍をカルト集団に殺害されるなどして若干荒廃しつつあった学校組織を神の十戒遵法闘争が統合。新規に航空部隊の整備や科学技術など、インディアナポリス国際空港に位置する米空軍臨時司令部の統制下で、空軍の要望に応じるために、科学、技術、医療、管理およびその他の分野について教育を施す機関となった。そのため、この大学の教育科目は、神の十戒遵法闘争のもとで選抜された将校や文官用に作成されている。また、その中の一部の教育及び訓練プログラムは、臨時国防総省や陸軍、海軍、海兵隊、各州防衛隊や戦略法務隊などのニーズに応じて提供されてもいる。実のところ、教材や教師達の粛清・焚書によって教育レベルが低下しており、空軍工科大学とはいうものの整備班がそこまで拡充されているかというと定かではない。
・海軍兵学校デトロイト臨時分校
海軍兵学校デトロイト臨時分校は、メリーランド州アナポリスにあり、アナポリスと通称されてきたアメリカ海軍兵学校をデトロイトへと臨時に移管したものである。現在はミシガン州デトロイトを中心に再活性化したミシガン州海軍民兵の基地であるデトロイト海軍民兵基地の司令部を間借りしている。というのも、西米崩壊のタイミングで戒厳体制となり再活性化されたミシガン州海軍民兵の司令官ルイス・ヴァーミンガム大佐が第9管区沿岸警備隊デトロイト航空基地の蹶起将校達と結託してミシガン州と五大湖の治安維持に努めており、オハイオ州クリーブランドの第9管区沿岸警備隊司令部が西米首脳部の大粛清によって完全に機能停止。沈黙していたこともあって役に立たないクリーブランドよりはと神の十戒遵法闘争は先んじてミシガン州デトロイトに設置することを決めたのだった。
近隣には第9管区沿岸警備隊航空隊のデトロイト航空基地が存在するため、現在第4術科学校としてデトロイト航空基地に新たな分校を設置することを検討中である。
・神の十戒を讃える法曹集団のための法科大学院
神の十戒を讃える法曹集団のための法科大学院とは、神の十戒遵法闘争の宗教的専門学校にしてインディアナ州防衛隊にかつて存在したチャプレン軍団を解消した組織。神の十戒遵法闘争の聖堂と併設してインディアナ州インディアナポリスに本部と本部分遣隊が所在する。チャプレン軍団に所属する牧師団はもともとインディアナ州警備隊に宗教的なサービスとカウンセリングを提供する任務がある宗教的な意味合いを持つ特殊部隊だった。神の十戒遵法闘争はこのチャプレン軍団と戦略法務隊から優秀な人員を選び出して法科大学院の運営に当たらせ、新たな牧師団を形成。これら神の十戒を崇め奉る集団を、インディアナ州防衛隊をはじめとする各州防衛隊と軍のメンバーに対して布教するためのみに設置された。また牧師団から選抜された更に優秀な法曹は各部隊直属の法曹となり、俗に言う政治将校の役割を担うこととなる。その意味でもこの宗教的な法科大学院はとても大事な意味合いを持つ

状態

インフラ利率20%(10,472,882,218 -215,000,000 ED+337,869,579 クアンザ+206,719,004 オクト+195,256,181 RM)
要塞維持費(-215,000,000 ED)
ネガティブダイスの効果を-10%する。自国内での戦闘において、ダイス面を+1する。
軍事予算最大額を+1000億する。
週の軍拡予算4000+1000
造船所17個
借款:(サンサル10億/5パーセント)
借款:サンサルバシオン(1000万)
借款:ンドンゴ(14006クアンザ)

重要施設

地名研究施設国立公園ランドマーク空港都市
インディアナポリスインディアナ大学-パデュー大学インディアナポリス校(研究)インディアナ世界大戦記念広場(史跡公園)&インディアナ兵士水兵記念塔(史跡公園)(ランドマーク)インディアナポリス国際空港(3ゲートウェイ空港)インディアナポリス市街地(メガロポリス&3大都市)
デトロイトミシガン州立大学(研究)ベル島(自然公園)(ランドマーク)デトロイト港(2国際戦略港&重要港)デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港(2ゲートウェイ空港&大型ハブ空港)デトロイト市街地(メガロポリス&3大都市)
コロンバスポート・コロンバス国際空港(2ゲートウェイ空港&大型ハブ空港)コロンバス市街地(メガロポリス&3大都市)
クリーブランドクリーブランド・ホプキンス国際空港(2ゲートウェイ空港&大型ハブ空港)クリーブランド市街地(大都市&4大都市)
スプリングフィールドスプリングフィールド空港(大型ハブ空港&2ゲートウェイ空港)スプリングフィールド市街地(大都市&4大都市)
シカゴシカゴ港(重要港&2国際戦略港)シカゴ・オヘア国際空港(大型ハブ空港&2ゲートウェイ空港)シカゴ市街地(大都市&4大都市)
ミルウォーキージェネラル・ミッチェル国際空港(7ゲートウェイ空港)ミルウォーキー市街地(5大都市)
マディソンデイン群地域空港(2ゲートウェイ空港&大型ハブ空港)マディソン市街地(5大都市)
ピオリアジェネラル・ウェイン・ドーニング・ピオリア国際空港(2ゲートウェイ空港&大型ハブ空港)ピオリア市街地(大都市&4大都市)
ロックフォードジェネラル・ウェイン・ドーニング・ピオリア国際空港(大型ハブ空港&2ゲートウェイ空港)ロックフォード市街地(大都市&4大都市)
シンシナティシンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港(大型ハブ空港&2ゲートウェイ空港)シンシナティ市街地(大都市&4大都市)
シンシナティエバンズビル地域空港(大型ハブ空港&2ゲートウェイ空港)エバンズビル市街地(大都市&4大都市)
イースト・セントルイスセントルイス・ランバート国際空港(大型ハブ空港&2ゲートウェイ空港)イースト・セントルイス市街地(大都市&4大都市)
モリーンクワッド・シティ国際空港(2ゲートウェイ空港&大型ハブ空港)モリーン市街地(5大都市)
ハドソンハドソン飛行場(大型ハブ空港&2ゲートウェイ空港)ハドソン市街地(5大都市)
オシオラオシオラ飛行場(大型ハブ空港&2ゲートウェイ空港)オシオラ市街地(5大都市)
ダイヤモンド・ブラフダイヤモンド・ブラフ飛行場(大型ハブ空港&2ゲートウェイ空港)ダイヤモンド・ブラフ市街地(5大都市)
ハガー・シティハガー・シティ飛行場(大型ハブ空港&2ゲートウェイ空港)ハガー・シティ市街地(5大都市)
メイデンロックメイデンロック飛行場(5大型ハブ空港)メイデンロック市街地(5大都市)
ファウンテンシティファウンテンシティ飛行場(5大型ハブ空港)ファウンテンシティ市街地(5大都市)
ラクロスラクロス地域空港(5大型ハブ空港)ラクロス市街地(5大都市)
プレーリードゥシーンプレーリードゥシーン飛行場(5大型ハブ空港)プレーリードゥシーン市街地(5大都市)
キャスビルキャスビル飛行場(5大型ハブ空港)キャスビル市街地(5大都市)
ラトリッジラトリッジ飛行場(5大型ハブ空港)ラトリッジ市街地(5大都市)
ウォーウィックウォーウィック桟橋(10地方港)ウォーウィック飛行場(10小型ハブ空港)ウォーウィック教区(5大都市)
サウスハンプトンサウスハンプトン桟橋(10地方港)サウスハンプトン飛行場(10小型ハブ空港)サウスハンプトン教区(5大都市)
サンディサンディ桟橋(10地方港)サンディ飛行場(10小型ハブ空港)サンディ教区(5大都市)
スミススミス桟橋(10地方港)スミス飛行場(10小型ハブ空港)スミス教区(5大都市)
セント・ジョージセント・ジョージ桟橋(10地方港)バミューダ国際空港(2ゲートウェイ空港)セント・ジョージ教区(5大都市)
デボンジアデボンジア桟橋(10地方港)デボンジア飛行場(5大型ハブ空港)デボンジア教区(5大都市)
パゲットパゲット桟橋(10地方港)パゲット飛行場(小型ハブ空港)パゲット教区(5大都市)
ハミルトンハミルトン桟橋(10地方港)ハミルトン飛行場(小型ハブ空港)ハミルトン教区(5大都市)
ペンブロクペンブロク桟橋(10地方港)ペンブロク飛行場(小型ハブ空港)ペンブロク教区(5大都市)
ハミルトンハミルトン桟橋(10地方港)ハミルトン飛行場(10小型ハブ空港)ハミルトン市街地(5大都市)
セント・ジョージセント・ジョージ港(2国際戦略港)セント・ジョージ飛行場(10小型ハブ空港)セント・ジョージ市街地(5大都市)
サントメ・プリンシペサントメ港(2国際戦略港)サントメ飛行場(10小型ハブ空港)サントメ市街地(5大都市)
ダッチハーバーダッチハーバー(2国際戦略港)ダッチハーバー飛行場(10小型ハブ空港)ダッチハーバー市街地(5大都市)
アリューシャン列島159の島港湾(2国際戦略港)飛行場(10小型ハブ空港)市街地(5大都市)

要塞

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます