君も国家を運営しよう。


――フランス、ポン・デュ・ガール水道橋

ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ
i,,___i,,__i,,___i,,___i,,__i,,___i,,___i,,___i,,___i,,___i,,___i,,__i,,___i,,___i,,___i,,___i,,___i,,___i,,__|
|_i,,___i,,__i,,___i,,___i,__i,,__i,,___i,,___i,,___i,,___i,,___i,,___i,,__i,,___i,,___i,,___i,,___i,,___|
ll゙llllWlltllll,,l,llll|ll゙l;!llrl゙llllllllWlltllll,,l,llll|;!llrlll,,l゙llllllllWlltllll,,l,llll|;!llrlll,,l゙llll;lll,,l,llll|ll゙l;!llrl゙llllllllWlltllll,,l,llll|;!lllll,,llltllll,,l,lll|
ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l
ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l
ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l
ll  ゙l  ヘ  . /. ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l  ヘ  . /. ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l  ヘ  . /. ll  ゙l
ll  ゙l ,, ヽ   /   ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l ,, ヽ   /   ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l ,, ヽ   /   ll  ゙l
ll  ゙l.  ./⌒ ヽ   ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l.  ./⌒ ヽ   ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l.  ./⌒ ヽ   ll  ゙l
ll  ゙l. .ソ    |  ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l. .ソ    |  ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l. .ソ    |  ll  ゙l
ll  ゙l |     |  ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l |     |  ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l |     |  ll  ゙l
ll  ゙l |     |  ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l |     |  ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l |     |  ll  ゙l
ll  ゙l |     |  ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l |     |  ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l |     |  ll  ゙l
ll  ゙l |     |  ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l |     |  ll  ゙l__i,,,,__i,,___,ll  ゙l |     |  ll  ゙l
ll  ゙l |     |  ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l |     |  ll  ゙l,,__i,,,___i_ll  ゙l |     |  ll  ゙l
l圓圓  ゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙゙゙ 圓圓圓         圓圓圓 ゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙゙   圓圓圓        圓圓圓 ゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙゙  圓圓圓
----┤      ├----┤, − -  ├----┤       ├----┤       ├----┤       ├----┤
i^i.i^i.i^i       i^i.i^i.i^i.i    i^i.i^i.i^i.i^i       i^i.i^i.i^i.i^i.       i^i.i^i.i^i.i^i       i^i.i^i.i^i.i^i








    |/: : : : : : : /: :リ: : : : : ,: : ヘ: : ヽ : : ヽ
       |: : : : : : : /: :/.|: : : : : :i: :..i .': :.|: : : : :}
       |: : : : : //: :/__|: : : : : :|_}-.ト:|: : : : :|
       |: :,.,,-'' √/  .|: : : : /.}:.:/  ',: !: : : : :|
       |´::./ /:./ ⌒|: : : / |/´  : : : : |
       |/ /./    |/: /  ム____、.|: : : : :|
       | _,,∠___二 ,/|:./  イ::心 / |: : : : :|
       |‖fi:::::心 ` j/    辷ノ "/|: : : ノ|}
       |\弋二ノ.           {│: :/ ||  待たせたね。遅くなった
       |            ヽ   .| |: :/ |!
       |、              丿j./  j
       | '      ._    ,   /: :/
       | .∨       ̄    / リ./
       |  ゝ. _      /   /
       |≧ ',  ` ┬- " 
       | ̄`─--、/__
       |      卩儿__
       |`> 、  / ||\:::ヽ
       |::::::::::::`≧┐|! /::::::::匕ゝ、
       |:::::::::::::::::/\/ヽ::::::::\:::::ヽ
【アドルフィーネ・ガランド卿】
イギリス特殊部隊、魔導部隊設置の太祖にして一時の国家元帥を努めた人間。「三国同盟」の主人公格である。南部ドイツ王家の傍流。




          /        \
         /   /    ト    、
          i / ∧    イ ∧   i
          |/ /i{ ヘ /ノ/ ヽ | |
          || /イj 二 \ / 二 | ! |
         ヘ{ | 代::ノ  乂代::ノl/l l
          |ゝヘ ""  、  ""/イ ,
          | | ハ   _ _   ,イ   ! MI6がうるさくてね、うちは民主主義を一応名乗っているから、下手に強権に出れないんだよ
          | i  | ヽ   _,. イ |  |
          |ノ ⊥ |    L.⊥__.」
         ノ ⌒ ∨ -  - }/   〉
        〈  __\  /__ {
        /      Tl Tl      \
       ∧       || ||        ∧
       / ∨      中 中   ☆   ∨  、
       /   i               i   丶
      ,'   |               |    ヘ
     ,'    |               ,      、



       /|    /|
      ノ;;;|_____ ノ;;|
    /|/ /  ` ヾ、
   /   / ハ  ヾ ヽ
   | | | ,' /_|_',  ヽ ハ
   | | ||/´ !` ',ハハ ||
   Vゞ,||r=ャ、  YT!|ノ
    |(ゞ_゙-゚’   ゙"!
    |, | ||>、 o  ノ\
    |. | |/ヾ.ハY´ソ/>  ああいや、気を悪くしないでほしい。単純に会うために苦労したというだけさ
    || ||ト,::::Vノ\´k-'
    | ||ハ,,::::::/ト:::::〉 何しろ連中、ンドンゴのテロ以来気が立っていてね 
     ヾソ=`´:|―ト/
     /:::|`l´|:|ハT」
    ノト、ニニ」ニニノ
  r´./|  ̄| ',  !
.  トヘ , |  |.  ',  !
  `ー´,|___,'   ',__|,
     | iV    V |i
     ヒノ     ゞソ



                ./      l      ヘ    ヽ   ヽ
                /    /   .|     .i i ヘ    丶  
               ./    .i  , .|      li i ヽ    i
               i    i  .| ヘ  i.i  .//.i ヘ    .i  i. l
               | ,   .i  ./.| /ヘ  i.i  //i |ヘ ヘ     .i .|
                   l l  i /、l i  ヽ  i i//.l .i l \.i   .i .i
                 i i  .i /. `llー―.、,i∧┼┼― .´i   | i全く苦労したよ。特に私と向こうの部署は仲が悪くてね
               l ll .lゝ___  ヽ l .i/ ,i___i  i /Y
               丶トヽ l《 弋:_:ノ `  丶´ ´弋:_丿 》 .i ‖ | 陛下にばれたら私と言えど首が飛ぶ
                   l ゝゝ                 .l./|//
                   | :::`       丶         ./´イ  i i
                 l ::|人              ::|:|:::::  i i
     ┌──┬──┐  l ::l:::::\   r―― 、   イ|::::i:::i::::::  i i
     │ 諜 │ 秘 │  .i :::i:::::::l:::r..、ゝ   -  イ::::∧,::::i:::i:::::::  i .i
     │ 報 │ 匿 │ ,.-r  ̄ ̄./ :::::::..、.....<::´::::::: :/ ` ―-  、
     │ 部 │ 情 │/ i,, --― i  οηi´ο:::::  ./        //ヽ
     │   │ 報 │    . |  i ολ||λ ο /` − _  //  i
     ├──┼──┤ |   .|   i / || \ /  /     `y
     |, -.、 .│ .   ,│ .i :/  i   `  .‖σ    /      ./    l
  .,.- ´、, 、`Y:::::.,- .´ \.y  /      .‖      .i      /
. r 、`ー 、.i:i .|::::::r  ̄__ --ヘ /      ‖      |     ./
l  `ヘ  .| .|:i ソ:::::/  ̄    ヽ      .‖        |    / λ    .|
          .∨:::ヽ    _ . -―-  、        /:/




                     .∨:::::::::ヽ ´  ,      `   、   /:::::/
                      .∨:::::::::::::> ´           .<::::::::::/
.                      ∧:::::::/          ヽ   .ヽ::::/
                     / ∨/      ∧     , ヽ    `
                    ./   /   /  / / .l    ./.i  i
                    /   /   ./....x+.+─- i、 ./ソ l .i    .l
                   .i   l ./  ./´ / .i |  ヽヽ/  i, 、 |  i .i
                   i  ..i | i  i | /  ヽ  /´ヽ  i|| .|i丶  .l l
                   |  / |.|i  i ..v彳==-、 ヽヽ i |i i |||  l.v
                   i  /.iri.i i i   弋:::ン     .v,__ |,.|  .i .| では、久しぶりに緊急会議と行こうか
                  ./ / | ヽ(ヽ|            .んC 》/| / .i    この件は世界中に火種が飛んできそうだしね。
                  / /  ::ヘヽ _i            ゝ-´ /::l ./
                 ./ /  :::| ::`ー           `   l.l/|/  なあ――
                / /  ::::/ ::::::::::lヽ    ` ‐,- ,.、   /
               ./ /   :::/ :::::::::/|::::::ヽ  r ´, - 、、 , イ   、
               / ∧  :::/ ::::::::r‐ -.、:::::` .ヽ弋 ソ >  ヽ`丶iヽ、
              ./ / y  , .、:::::/::::::  `- 、::::ヽ ,- <_i  ---`ゝ `.ヽ、
             ./ ./. / /   ヽ`ヽ 、    ο,.rcl:::::` -` _ ―    ヽ
            / / / /     ヽー -丶 ρ ./|| l i::::: :|   ` χ     .ヽ
           ./ / / .l       ヽ   ヽ o / || l ol 、:| 丶-´ - ‐ヽ     `ヽ
                 l        ヽ   .X ` ll .ヽi ` ー 、     `- 、    .l-、
           i .i  i  r          l l   l   \o   i  .ヽ      .ヽ    l..l
          .l l  i  ::l          l r ´  l   .\   i  ヽi      /::l   / ヽ
          .l.l  l  :::::i          ll  , -― - 、 ヽ 乂__ヽ    l ::::l  /  .ヽ,
          .l.l  l  :::::::i         .{  ´´  ̄ ``   ヽ   `ヽ   .l ::::::l /    /
           i.l  i  ::l:::::ヘ        人       ヽ   ヽ    ` ヽ | i._./    ./
    /|      i  i  :l.i::::::::ヽ        ヽ       ヽ   .i     ヽヽヽ     / .|
   /` l      ヽ i  l i:::::::::ヽ      ヽ ヽ::..      |    l     l i i    /  Y
   .l   ll        ヽ l i:::::::::::ヽ       ヽ::::::::::...........:::::l::::::........l............::::::l::i.`ヽlー:´    l
  , |  ヽヽ       ヽl ヽヽ:::::::ヽ      ヽ:::::::::::::::::::::::l::::::::::::::l:::::::::::::::::i:/   l:::     .l
  |l     ヽ       .丶 .ヽヽ:::::::ヽ      ヽ:::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::/::   /:::     l
  l `ヽ    ヽ         .ヽヽ::::::ヽ      丶:   ´    |    i i:、:   l:::.       l
   l    , 、iヽ ヽ           ヽiヽi       i    i    l    i .i \  乂   .; .:/
   l   ,、::::::::::::::::::ヽ         丶 i       丶  i    l    l l    ヽ .::::.. ...:::::/




 ,,_,, "'-‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
i|/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|  
ヘ::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i            
ノ゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
::=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
::::Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
シ.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
キ::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
-,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
::ミ, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
:::ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
::::::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
`ゝ、:ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::


                      _  -=ニニニニニ=-  _
                           /ニニニニニニニニニニ\
                        /ニニニニニニニニニニニニ \
                         /ニニニニニニニニニニニニニニ\
                   __/ニニ=- ~.:|    . :|    ~"''〜、、ニ- _
                    |ニニ/  :| . :|    . :|. :|.:__|:_   \ニニ|
                    |ニ:/ | _:|_|    / | \ | |     \.|
                    |ニ/| 人. :|\       |:斗ァfア |   :|___\
                   ∨ |  . :r――ミ    :| 乂ツ  |   :| :\_  -‐==ニ二~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``〜、、
                       / |八 . :乂弋ツ\(\|    / | .  |  | \__,/.ニニニ\ -‐==ニ二~ ̄ ̄ `
                    \ :|  \ \    `    厶.:| :八|  |   ∨ニニニニ-
                     |:|∧  \ 〈⌒  v  フ    /|.:/----ミ   ∨ V^V^'Y \\
             __ノ^~| )> |:|/∧  | 介 .,        .. :/ / |ニニニ\ {  {  |  |.〉 〉 }
            /   (^\| |_ -=ニ~∧ :|(⌒ :}>---< :/ )/ : |ニニニニ.\、人_人_ノ(__/ノ
        _  -=>-<−.|__|/  /  \  /-=〈//////ニ |  |ニニニニニニ∧  ∨///∧
     _ -ニニニ|ニ=- Y  ̄./  /  / |  /ニニ ∨//=---ミ  |ニニニニニ./ {:::\__∨///∧
  _ -ニニニニ- ''" |   __|  /  /  /_ノ _/ニ=- -=ニニニニ=-_ 〈ニニニニニ{.八:::::::::::::'/////:,
 

――お二人さん






〜やる夫はオランダ元首となり第四次世界大戦を生き延びるようです.part2〜


    算飴飴飴飴飴飴飴哀./::::::ヾ=ェ、   >-、三三三
         才三三三三三三才./=-、::::    キニニェ、_   \三三
       才三三三三≧彳´_,. イニニニ;::::       キニニニ≧、  /:/
     才三三三テ彳_ >-'"::〃   °ノ::'  ,,.〃  キニニニニ/~ヽ\_i
   /三三テ彳,..-‐'"::::::::::::::::::::ヾ--::'"  ≠ィ    jニニヲik′::ヽ ∨Wiノ 久しぶりに見る顔だが穏やかじゃないな
   ヽ--‐ ' "´ ∧ i' ̄.q': : : :      ≠イ __   ニ7/    ≠=      いきなりこんなところに呼びつけて何の用だ?僕だって暇じゃない
       ヾ`` ∧:`-:/ _, --..、    /  ;;;:::     ̄ ヽ  ≠、
       j`   i!:::::ヽ.::::,--、:)       ::.''       ノ ≠=-、   ワラキア公は最近機嫌が悪いんだ
      ≠     !   ヽ::::: , ' ,  丶` ` 、   ___≠ヾ
      〃    ハ , ,, '  '   ___ヾ_, >'"_,, ttt ≠            ドラ息子の内戦の一件からね
     ノ       .',  '  __,. = ̄ ̄ テ≦ttti j ///≠
    ,7       ヘ ,.ィ´    ,-‐'"///////////;ナ=-
    キ        ∧__, 、___,/テテテテテテテテノ
    〃      /-<T--<///////彡'
    彡      _,>´////////彡
【ガーディー・ライトニング大将】
アメリカ系ワラキア人にして「歩兵にしてライトニングあり」と言われた男。系譜はドイツ=プラハ戦争の防衛指揮官にまで遡れる生粋の軍人一家の出身。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、::::::::/
           __________》``/
_________⊆二三三三〔: : 〔三三≧x{
,ニ二三三ニ/: : : : \::::::::::::::.\ \ :::::::::::::.
{  うヽ::::/   : : : : : ≧x、:::::::::〉: :〉:::::::::::::i
} 〃ハ }'     : : : : : : :><: :〈::::::::::::::::|
V(  ノ         : : :/  0/::....、:::::::::::::| これは君の差し金か?ヴャドカ。
::ヽ  {         ^ヽ   /: : : / ` ー-┘      
:::/                  \' : : :.{         断っておくが僕が忠誠を誓っているのはワラキアだ。ソ連じゃない。
/                   \           一応宗主国が来るから顔見せに来てやっただけだ。
  {                         〉
 八                 _r― -/            扇動工作は無駄だぞ。
ミミミミミ 、、            ヽ /
      ミミミ 、、   __  , ′
\        ミミミ、´     _/
:::::.\           ミ、、   /
:::::::::::.\         ミxシ{


                                               _ 卍7
                              '" ̄( ̄~"''〜、、           _ 卍7
                     / :/        . :\      _ 卍7
                    '   :/   .:/         . : ヽ      _ 卍7
                     /      .:/          :.     _ 卍7
                     . :| : :|   .:    .:|    |  .:\  _ 卍7
                   |: :| : :|  . :|   八   :A | |トミ_ 卍7
                   |: :| : :|  . :|   //\ /f爪 八 _ 卍トミ>
                        : | : :|  :八斗tぅて⌒)/ じ'∨_____卍7
                    ',:  :|   人乂少       〉 } | rミ 7
                    ∨ :人    \__     , 八 人∨    それは残念だけど今回呼んだのはわてじゃないよ そっちの人だ
                     // :)\  _ /  ‐  /:r===へ\
                    ///   \ \  =‐-r< └―ミ\ニ〉    暗殺しにきたわけでもない 本当さ 嘘じゃあない
                      //  :|   )\ \  :|ニ/ /⊂ニ二ニY
                        /   : |___/ニニ\ ∨八; ( _卍7ニ /      する気だったら会話前に水道橋の上から狙撃しているよ
                    /. : :/ニニニ'ニニ ハ '/ニ/:, _卍7ニニ/
                 / . : ,-ニニニニ'ニニニ} |=/ニ_卍7r彡へ
                   /  : :{ニニニニニ'ニニ リ 人 二_卍7〈____彡ヘ
                /. :   'ニニニニニ\/イニニ._卍7 〈__彡 ⌒〉
              . :   / ∧ニニニニ|ニo〉ニニニ._卍7 }o}ニニ/|
【コンスタンチノヴィッチ・ヴャードカ局長】
ソ連の裏工作の天才で、世界初の「工作戦争」たる蘇西戦争を指揮した。あまりにも破壊的な裏工作から、4年間職務を解かれていた過去を持つ。


                      ''"゚~ ̄~゚"''
                  //  :/. :     . :\
                  ' /  :/. :     ''""'' . :\
              ___/_,,.、丶´/___:/       :\
              \      _/  \:/   :  . :|
                )> ..,___,.>r=ミx  /  /  . :| なんかの情報筋ってことはトルコかオランダがやらかしたか
               / /.:八 ({  ( ヒツ ∨   / . :|
               / / . :/ : | 人  :\  ___,彡イ . :| . :| もしくは――
              / / . .:/ . : |. : :|〈⌒  、   〉イ)/| /
            /⌒ /  :/   : |. :\ \___`  人(  j:/
         . : :/ /ニニニ  :妄\ /ニニニ \)/
         / . : /:/ニニ   〈八_〉 〈ニニニニニ |
       八 . :/      / 〔〕〔〕  :,ニニニニニ |\



      {zzzzzx 7,,,ハ,,/               :::::::::::::::::::::::
.       ム三三三三≧s 。  ̄ ̄ ̄二二二───────
      ,イ三三三三三三三三三三三ニ( )}   ...:::::::::::::::::::::::::::::
.    ,イ三三三三三三三三三三三三ニ0ミzzzz、_______/           
ー 、.  `''≪三三三三三三三三三三ア ミ州州州州州州j州!       ケバブ帝国、か……
   ヽ.    /::::-=ニ三三三三三ニ=-彡   彡州jリ/⌒ヽ州州!
    ',  〈     ゝ从‘   ,,≫メ´   / 彡/メ {ニハ.',州マ> ̄
  (  ノ  ',    `  `¨¨¨´     ≠/  爻 ,ァ⌒)リ.}州アイ
つ {/⌒ヽ. ヽ、ー 、       // > ヽ /  ヾイ _ノイ⌒
       ゝハ ` ̄      ‐  /、ヽ     ' 、__イ´_.. -‐''"
  ,、 ,イ //',ゝ、_ lヽ         _.. -‐''" / / / 彡''"
  `‘ //\ }  ̄ ̄` ヽ, ヽ==≦´/ />''" ̄ ̄三三ニ=
_ノ (. /_ヽ ヽ. ゝ、〃l ''゙   _,,,,,> / /,,イ       =三三ニ
  "'' 爻爻 ヽ/ハ爻>ー ≦爻 /,,イ  彡      =三三

当時、ケバブ帝国はもっとも拡張主義に走った国家であった。まずはヴォルドを強襲。次に地球を中東、東アジア、アナトリア、カフカス、ウラル以東と、その領土は古代モンゴルに迫る勢いだった。



  ;:;:;.
     ;:;:;              ,、-ー-、              ど
     ;:;:            ,r'"´ ̄`ヾ、             明  う
     ;:;:.            リ ,,, ニ ,,,_ ヾト、            る  だ
     :;:;:;.             ,ハ ^7 ,^   !.:.\          く
     ;:;:;:           /.:.:.V,r''''''ゞyイ.:.:.:.:..ヽ       な
     ;:;:.         ノ.:!:.:.:.:`ゞ-<7.:〉.:.:.:i.:.:}   ろ  っ
     从 __  _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:.:|.:/     う  た
      从从 EP}と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.:り     ?
         ̄ ̄    ̄  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
                \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
                /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
                 {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
                  \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:|
                  \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
                    > 'ゝ─‐イ、

前述した通り、ケバブ帝国は欧州各国から「相手にはされなかった」国家ではあった。しかし、ケバブ帝国の恐ろしさは他国に響いていた。それに気づかぬ軍部や諜報機関は少なくなかったが
当時の金利多益―軍備軽視主義の波に押されて、「戦争はなくなったもの」と考える平和ボケした国家は非常に多く、いわば自分は標的にされないだろうという考えを持つ国家が大多数だったのだ。


_    __   /
 |T ̄(| | |ヽ、-<
 || _ | | | || ヽ
 |/ | У   | _|
_|\ヽ    |/L|/
  (~(\   ノ
    ̄ ̄ト――|
    | ̄ ̄ ̄|
    |   |

ワラキア・ソビエト・英国は実は強固なつながりがあった。それは「戦争経験国」ということである。参謀本部の練度もケバブ帝国ほどではないが水準より高く、
国民も総力戦への士気が高かった。英国はちょうど最近戦争を経験行ったばかりであり、ワラキア・ソビエトは平均以上に戦争・紛争経験があった。


      /     、 i .|ヽ  、     ヽ      \
          /  ,   ヽ ヽ| .i ヽ ヽ     .i      ヽ
          /   l     ∨ /、  .i\ヽ     i  l    ヽ
         ./    l     /./ i ヽ  .i .\ 、   i  .l     i
        /   ,  ,i 、  //.ヽ i  x  i´ .\.    |  | .|,    i
        .i    i| i .从 // .lメl ´ ヽ i   i   .|  i .i     .i
        i .l   | .i  i i/   i, -,,.==,,,,,,    i  .| /./     i
        | ii  --i-i‐´ 乂iヽ  .|/ |::::|::ひミ   i  ii .r ´`ヽ   .| .i
        i.i i   |.i.i.r-r;、\ \.|  i::::し::i/    i i.l//(ヽヽ  i i  話が早くて助かるよ。軍部のヤツらは「ケバブ帝国へ軍備を売却する」とか言い出して困っていたんだ
        .| i  iヽ { ir.|  .` `  `ー ´     .i/ ヘへ  i   i .i
         ヘ  |i ヽ`弋|               ζ__, ../   i ..i
          ヘ .iヘi i  ,                 , /i    i i
           \  i  .`              / ̄::::  i    .i .i 目下の敵だというのに困ったものだよ 外務大臣は利益率しか考えないし
              .λ.    , .、        /_,,.-‐'''ヘ i    i .i
    r‐―――- .、   \          _..-‐'''      \    .i  i
/´.\ i====== ` ヽ   \    __,,..-'''      ,,..-‐''' ̄ ̄ \  i  i
..、  .i        `` i   r ̄ ゝ-'''       ,,-'''         .\ .i  .i
/ ̄ ..i          .i   /          /     ..:::::::::      ) .i ゝ
`/ ̄.i          i .,-‐'Y       ,,..‐'''      ´´  _,..-‐'''´´´´``ヽ、\
..ゝーヽ        .i /  .::::::::::::::::::,,.-‐'''          ,...''' / ̄ ̄ ̄   ヘ\\


                   ,,ィニニニニニニニニ=-
                       ,イニニニニニニニニニニニニニヽ
                  /ニニア''O ̄ ̄ ̄ ̄"'''寸ニム
                       マ/ -‐zzzzzzzzzzx、>、 寸〉
                     |/ィニニニニニニニニ≧´ミヽ\ i'
                       ムニ=≧::{_i::::マ , )  ミミミヽ> それで困ったから援助を求めに来たとかじゃあないよな?
                     ,イイ廴 ‘/─ミ`ー''"  ミア=!
                   ハ:::.イ〈ー、 〉     ''/ハ } ___
                   { ',   ¨`__ -‐‐''7 イノ'''"∠__
                     ヽ', ¨ヽ、 ,,, - _ イ /‐'i_    く 一応支援位なら掛け合ってやるが、ケバブは潜在的脅威だ
                       ヽ  `"'' "´z==ハハイ`¨´ >─ミ   
                   __  {.`ヽ/¨}_/ / ノ},イ  > ´     Y もし援助するというのならそれなりの制裁は覚悟しておけよ
                   {.  ヽ}  {、 { マイソ > ´   _ ─<  |
                      ム  ミ  ゞz_/V >'´  _ -''"     `<
                ,,イ.ノ   ヾ爻  ハ./  > ´  ─==ミ      `く
               /   `''-、 〈 ハ. />´         `.       /
                   }, ⌒ヽ─‐ァ‐ム /                     `ヽ/
         /ヽ     ,イ    //()', ヽ                  }
   {{ ̄`ヽ   {. ',',   ヘ   / /ニニニニ', \ 、             ミミ   }
   ゞ.、 ヾ`ヽ_ヽ ヾ、  ', / /ニニニニニニム  \>、         ヽ>  ‘,
    ,, ≧-、  )__  ヾ∨/ /ニニニニニニニニム   >、 "''‐ .。,,_.         i
   《   _ノ ∨:i:iハ  }}  /ニニニニニニニニニニム    >.、     "''.。,,    }
     ̄ ヾ`/:i:i:i:i:iリ. ,リ/ニニニニニニニ().ニニニニニム      >、     > 、 |ト、
.        ‘,ミ   〈ヽ〈ニニニニニニニニニニニニニニニニム           >、     `¨ ヽ
          ハ、__  ノノノ.ニニニニニニニニニニニニニニニニニム          >、     }
.        寸ム_彡イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニム               \

当時のワラキアはディキシー・ランド紛争において従軍したため、世論は反ケバブではあったが、火種を造った英国に対しても軍部はいい印象を持っていなかった。
特に、ディキシーランドと関係が深かったライトニングにはその気運があったとされている。



         r‐-―-ュ 
        -=ニ=゚===i 
          (´゚∀゚`9;;   __  逆賊は虎の餌よー
        ,〈ヾ、;;ン''"';、´ ̄  _`フ;;;;,、 
       / /`゙"y''゙" iゝ`ー'''マ/`'ム_ノ 
       / /  允 / ゙゙v""  `、 '; ; ヽ 
        〈 ./   /i 彡 ャi_,l riッ =ミ ; ; i 
       `i  ,/=.| 彡 、_X__ノ =ミ ; ; | 
       |  .i:::::| '',, !l`! l' ,,''   ;;' | 
        |   !:::::|  l´ リ''リ`' ,,,,;;;''i | 
       !  /:::::::|  |'';,,  Y 、''.  ,l | 
         ハ./::::::::::|  ハ   iヾ'l ,,;;''ゞ | 
        '、_/__::::::|_`!.   l  l  〃 | 
          ヽ彡、|三| |_  | .|_  |.'i' ,j 
        r‐' ,、l、-'j i´i' ,j .i´i' ,j  ̄ 
          ̄   ̄  ̄ ̄   ̄ 

これはライトニングの性格ともいえた。ライトニングは「敵と味方」を区別したがる人物で、いざ味方となるとそれこそ「英雄」「天才」と祭り上げられることが多く、反面占領政策に関しては
非常に苛烈極まりなく、ディキシー戦線においては幾度かワラキア公直々に咎められており、ディキシー赤化派には今でも忌み嫌われていると評価が分かれる原因にもなっている。



         ./      l      ヘ    ヽ   ヽ
                /    /   .|     .i i ヘ    丶  
               ./    .i  , .|      li i ヽ    i
               i    i  .| ヘ  i.i  .//.i ヘ    .i  i. l
               | ,   .i  ./.| /ヘ  i.i  //i |ヘ ヘ     .i .|
                   l l  i /、l i  ヽ  i i//.l .i l \.i   .i .i無論そんな要件じゃあない
                 i i  .i /. `llー―.、,i∧┼┼― .´i   | i
               l ll .lゝ___  ヽ l .i/ ,i___i  i /Y    まあ黙ってこれを見てくれ ケバブ帝国に入っているスパイから手に入れたものだ
               丶トヽ l《 弋:_:ノ `  丶´ ´弋:_丿 》 .i ‖ |
                   l ゝゝ                 .l./|//
                   | :::`       丶         ./´イ  i i
                 l ::|人              ::|:|:::::  i i
     ┌──┬──┐  l ::l:::::\   r―― 、   イ|::::i:::i::::::  i i
     │   │   │  .i :::i:::::::l:::r..、ゝ   -  イ::::∧,::::i:::i:::::::  i .i
     │   │   │ ,.-r  ̄ ̄./ :::::::..、.....<::´::::::: :/ ` ―-  、




                ./      l      ヘ    ヽ   ヽ
                /    /   .|     .i i ヘ    丶  
               ./    .i  , .|      li i ヽ    i
               i    i  .| ヘ  i.i  .//.i ヘ    .i  i. l
               | ,   .i  ./.| /ヘ  i.i  //i |ヘ ヘ     .i .|
                   l l  i /、l i  ヽ  i i//.l .i l \.i   .i .i
                 i i  .i /. `llー―.、,i∧┼┼― .´i   | i
               l ll .lゝ___  ヽ l .i/ ,i___i  i /Y
               丶トヽ l《 弋:_:ノ `  丶´ ´弋:_丿 》 .i ‖ |
                   l ゝゝ                 .l./|//
                   | :::`         丶            ./´イ  i i
                 l ::|人              ::|:|:::::  i i
     ┌──┬──┐  l ::l:::::\     ヘ      .イ|::::i:::i::::::  i i
     │ 開 │ 欧 │  .i :::i:::::::l:::r..、      .イ::::∧,::::i:::i:::::::  i .i
     │ 戦 │ 州 │ ,.-r  ̄ ̄./ :::::::..、.....<::´::::::: :/ ` ―-  、
     │ 勅 │ 戦 │/ i,, --― i  οηi´ο:::::  ./        //ヽ
     │ 令 │ 役 │    . |  i ολ||λ ο /` − _  //  i
     ├──┼──┤ |   .|   i / || \ /  /     `y
     |, -.、 .│ .   ,│ .i :/  i   `  .‖σ    /      ./    l
  .,.- ´、, 、`Y:::::.,- .´ \.y  /      .‖      .i      /
. r 、`ー 、.i:i .|::::::r  ̄__ --ヘ /      ‖      |     ./
l  `ヘ  .| .|:i ソ:::::/  ̄    ヽ      .‖        |    / λ    .|






ザーザー
            lゞゞゞ|              lゞゞゞ|
                   ヽゞゞ|                  ヽゞゞ|  シーン……
      _________.ヽー|___________,ヽー|_______
      _;;__!__l;_.. ノー|;__l;__l;__l__i_ ノー|l__il__il__i
      __!__ __l_ /l !l!_l:__l__l__l__i /l i l_i__ !_i__ !
      __i___.i ./〈 l!/ /         /  /〈 l |  /|__i__
             /  / /         /  // .ー‐ //
            /    |二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  ̄|/   //
           /     ._ . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄   //
          |二二二二二 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
                

刹那、観光名所である水道橋は一瞬静まり返ったように感じた。
周囲にいる人込みの喧騒も、ウィーンから流れるセーヌ川の音も聞こえぬほど二人は穴が開く様にその英字で書かれた文章を見つめていた。






     /::::::::_..‐´::::::::::::::::::::::::..-‐ ′            `' 、::::::ヽ
    /_..‐´::::::::::::::::::::::::::::::_..-'"      _,,l「 l1‐−――‐‐-...`l、
  /_..‐´::::::::::::::::::::::::_..‐´    ,,..-‐''´ ゝ-'′_ ,,...............,,, ヽ/..      ・・・・・・・・・・。
  \::::::::::::::::::::::_..‐´  _.._..-‐''   __....-‐'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   \::::::::::::::_..‐´′ ,- ′ _..-‐''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.,,,,,,._.._,,,, ノ、
    \::::::ィ''´  /  ...‐" :::::::::::::::::::::::::::::::::::  ,, .ニ/--、ノ゙i
      \  /  ィ''´::::::::::::::::::::::::_..-‐'' / /ハノ   ゚,‐´ , ゙i′
       \ j丿 'ぃ―f ......--''¨___ 'く   〈' ⌒゙゙゙゙゙ ''´   i丶
        l''、,,-':;:;:;:; !'''′ エ ̄ ゚ ,/ /    ゙i    ,  , ゙i 〉  .
        ./ 、:;:;:;:;:;〔    ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙__ィ   ゙i  ∪ '、, lソ
         ノ( `ゝ:;:;:;:;卜 ‐            / ゙iヽ   ..  , l \、
       / ( ヽ ` 巛    、  ..‐-、   ゞ‐゙'ノ ..,, ''  '  ,li!i!i!i!i!l`\
    ,ノ"  ヘ     ゝ 、 ` / 〕ゝ - ' ..-‐'' `   "'‐-、  li!i!i!i!i!l '、\
    / 、´ r广´` 、   ‐ 、、  /  / │‐..'′   ,,.. _''__.....-..〉 ノi!i!i!i!i!l  '、
  /..''j ''´、 厂  ''ー 、 .._  '、! ..∪´′     ,,< r'-―゙´""゙゙゙゙〕|i!i!i!i!i!l   '、
../ ノ'( r'      i!/:;TTTヽ  ’ ;''゛  、 ..-"´      _,,....ri!i!i!i!i!i!i!l  ´
''  丿 ヘ   "ヽ.. ''i!i!i!i!i!| | | | '、 ' /   '"  ゝ '/....:-−´゙゙`ノi!i!r-−i!""
 i |,   ''    ゝ   ゙!i!i!i!i!i!i!i!i!i!l  '´   ./   ..-'゙^‐ゝ、  /´i!i!!'′、  ´
.. ⊥    ミ      . ''゙くi!i!i!i!i!l  i  ./   、     (-!′ '´ ''−´ ..ィ ッ




                     _  -‐…‐-  _
                  _.、-''"             `丶、
                 /                   `、
                   '                   ',
                  /              . :\   . : \:  ',
              /     :    . : \   . :\   . : \ :}
                  . :|:      . : \    :    \  :\
             i   . :|  . :\    __\____:|   . :|  . :\_
             |   . :|、   . : \/\|:__\_|   . :|\__/     ・・・・・・・・・・。
             |    八\   :L\ィぅて⌒Y  / . : |  /|
             |八   ィ==ミ  .:(   V少  :/   :|)/ |
                )、   :.乂ツ  ̄       / イ   :|    八
               /∧  :∧  `    ∪// |   . :|     \
              '⌒V\ :込   ゝ    /,   . :八        :、
                      \(个       / /  . :/  \      ``丶、
                  /   |::::::::::><:) /  :/V    \         \
                     //^ ―┐____/___/  }:\   \  \     \
                  /'ニニニ(/>''" ̄ \    } }.:\   \  \     \
               _.、-''"/---ニ / /  ニニ ニニニニニニ } }    } }.:::::::\   \  \     \
            .、-''"  /{::::::::::/ /:/ニニニニニ ニニニニニ } }   }} 人::::::::::::\   \  \
        /    ,:  /⌒  / .:   ニニニニニ   :} }   / |::\::::::::::: \   \  \
       /   / / / /  /{  ノ   ニニニニニ  /:/  //  |:::::: \:::::::::::::\   \  \
      /   / .八 { (  / :}  ,  ニニニニニ   /:/ /   /  |:::::::::::: \:::::::::::::\   



重苦しい空気が数秒ほど周囲を包む。沈黙を破ったのはヴャードカだった。


        _  -‐…‐-  _
                  _.、-''"             `丶、
                 /                   `、
                   '                   ',
                  /              . :\   . : \:  ',
              /     :    . : \   . :\   . : \ :}
                  . :|:      . : \    :    \  :\
             i   . :|  . :\    __\____:|   . :|  . :\_
             |   . :|、   . : \/\|:__\_|   . :|\__/     やるとは思っていたけれど
             |    八\   :L\ィぅて⌒Y  / . : |  /|         今やるとはね……
             |八   ィ==ミ  .:(   V少  :/   :|)/ |
                )、   :.乂ツ  ̄       / イ   :|    八
               /∧  :∧  `    ∪// |   . :|     \
              '⌒V\ :込  r   フ   /,   . :八        :、
                      \(个       / /  . :/  \      ``丶、
                  /   |::::::::::><:) /  :/V    \         \
                     //^ ―┐____/___/  }:\   \  \     \
   
ヴャードカは対ケバブ用に、すでにいくつかの裏工作を行っていた。
民政コンピュータ―にバックドアを仕掛け、いくつかのケバブ帝国の民家に盗聴器を入れ、ソ連製のPCにわざと脆弱性をつけたものを送り付けていたのだ。
そのことからケバブ帝国が「欧州のどこかに宣戦布告する」ことは知っていたが、「ケバブがわざわざ欧州を征服する」ことは一切合切、考えていなかった。



      /     、 i .|ヽ  、     ヽ      \
    /  ,   ヽ ヽ| .i ヽ ヽ     .i      ヽ
    /   l     ∨ /、  .i\ヽ     i  l    ヽ
   ./    l     /./ i ヽ  .i .\ 、   i  .l     i
  /   ,  ,i 、  //.ヽ i  x  i´ .\.    |  | .|,    i
  .i    i| i .从 // .lメl ´ ヽ i   i   .|  i .i     .i
  i .l   | .i  i i/   i, -,,.==,,,,,,    i  .| /./     i もしこれが事実だとしたらば、我々だけでなんとかするしかない
  | ii  --i-i‐´ 乂iヽ  .|/ |::::|::ひミ   i  ii .r ´`ヽ   .| .i
  i.i i   |.i.i.r-r;、\ \.|  i::::し::i/    i i.l//(ヽヽ  i i EUが機能するかわからないからね
  .| i  iヽ { ir.|  .` `  `ー ´     .i/ ヘへ  i   i .i
   ヘ  |i ヽ`弋|                 .ζ__, ../   i ..ii
    ヘ .iヘi i                    , /i    i i
     \  i  .`              / ̄::::  i    .i .ii
        .λ.    , .、        /_,,.-‐'''ヘ i    i .ii
      .   \            ._..-‐'''      \    .i  ii
            \    __,,..-'''      ,,..-‐''' ̄ ̄ \  i  i
              r ̄ ゝ-'''       ,,-'''         .\ .i  .i
           /          /     ..:::::::::      ) .i ゝ
     
                        -‐……‐-
                              '"             `丶、
                              /                 \
                             '                    \  \
                            /      /               \
                                  |  |     .:|  |:  |
                         |       |    |  |\ \   :|  |^   :| :| EU軍は「平和病」に罹患しているし
                         |       |    |  |/\(\ | 八   :| :|   二重帝国は恐らく味方にならない
                         |  |   |   人斗tャさ⌒ )| / ハY 八/
                           八 :ノ   |     \乂炒   /  7 }/      となると三国で組むしかない、か
                        / /_.、-''" 八:(``〜、 \         八
                          /、-''"   ⌒=ー( て ⌒      σ
                            /        :|   :厂⌒ニ=-   __/
                        /         .:|   (*):i:i:i:\ /::::(
                          /          :|   |<~>''"~゚~ ̄ ̄ ̄\
                      /           .:|   |/ニニニニニニニニニニ  |
    
「平和病」というのはよく戦争経験国が経済国家に使う蔑称であった。とくにワラキア・ソビエト・オーストリアはこの蔑称を好んで使うことが多かった。
実際、平和病と揶揄されても仕方がないほどに経済に特化した国家は多く、そのせいで戦争は「起きないもの」という性善説的価値観が蔓延していた。



=|AA|
したがって、経済的・国民感情的に戦争に過剰な忌避感を持つ国家は少なくなかった。ケバブ帝国が盤上を広げられた理由の一因にはそれがある。
当時はやったレッセ・フェール主義経済の読本、「経済白書」には強力な軍備は経済の圧迫となることから、戦時に軍備は買いあさるべし、と書かれている。
常備軍というものは戦争をしない国家にとっては「貨幣」でしかなかった。

     _ ‐=ニニニニニニ廴:____.:.{ : : : /: : : : : : : : : ', : : : /: : : : : : : : : }廴_: :/≧s。____ 
   _ ‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ廴:/_:______}廴/──‐=ニ⌒¨ ̄ ニニニニニニニニニニニニ=‐ _ 
‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐ _ 
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ 
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ 
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ 
`'< ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ 
.   `'<ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐ ¨¨ ̄ ̄ 
      `¨¨¨¨¨¨¨7¨ ̄ ̄:.:.. ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニr‐=ニ⌒¨ ̄ ̄ 
      _ ___,,.イ:./:.:.:.:.:.:.:.: V/.:.:.:.:.:.:.:.:{ / {/__/__ノ.:.:.:.:.: /__i:.}_}:.: / ̄:.:. |  自分から仕掛けなきゃ戦争は起こらないです
       `¨¨ ̄ /{:.:.:.:. /.:.:.: V/:.:.:.:.:.:.:.{ _____¨ ̄ \:.:.:.:./`¨i:/_j: / :.:.:.:.:. i 
            {ハ.:.:.:.{:.:.:.:.:.ハ .:.:.:.:.:. i弌冖芋芯iヽ    ヽィi芯リア }/ :.:.:.:.:.:.:.:     戦争は起きるものではなく、起こすものなんですから
            { { :.:. {:.:.:.:〈 ( }:.:.:.:.:.:. |   辷ツ      辷ツ /{:.:.:.:.:.:.:.:.:.′ 
             ヽ:.:.{:.:.:.:.:j:ーL:.:.:.:.:.:.i_ . : : : : : :       : : : :/:::i.:.:.:.:.:.:. / 
            { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i/¨¨∧          , : : : ' ::: } :.:.:.:. / 
            {ニニニニニニニニニ/: : :/:. }        _     ノ::::::′:.:/ 
           ∧ニニニニニニニ /: : :/:.: /ヽ      < ノ    /:::: /:.:.イ 
.          /.ニニニニニニニニ/: : :/:.: /:.:. { 〕o。       ´::::::::/ : /:.} 
          ∧‐=ニニニニニニ/: : :/:.: / :.:.: {____`iT升:::::::::::::::/ : /:.: } 
           ̄〕: : : ‐=ニニ/: : :/:.: /:.:.:.:.:. }//i{ {i二}/:i}::::::::::::: { : /:.:.:.:}     _______       / ) 
        / ̄ニ=‐ _: : : ¨¨: : :/:.: /:.:.:.:.:.:. { ̄ ¨¨¨¨ ̄`ヽ::::::::∧/\ : }   / ̄ ̄ (⌒   〔))      / / ) 
.        ∧ニニニニニニニ=‐ _:_/:.: /:.:.:.:.:.:.:.: }_    _ .ノ}::::::/:.:.}: : : ヽ! //////// >'" ̄ ___,,..イ´  / 
.        ∧ニニニニニニニニニニ7:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}  `ヽ /  {:: / :.:.:} : : : : У/////////777{ ̄ ̄   _,,..イノ 
【妹川桜】
オランダの経済的大同盟「EM」構成国のうちのひとつ大妹帝国元首。
根っからの平和主義者であり、軍の解体を迫られたらおとなしく差し出すほどであるが、国民への善政を敷いた。「平和王」とも呼ばれる。

             ____
            /     \
          / ⌒   ⌒ \
         /   (●)  (●)  \ 実際戦争なんて野蛮ですよ
        |      __´___    . | ここまで高度に発達した世界では戦争なんて起こるわけがありません
        \      `ー'´     /

世界経済を担うEM構成国はとくにその毛が強く、これは後々まで禍根を残すことになる。





EUの出動案件が懸念された当時の戦争のひとつとしてはドイツ=オーストリア戦争があげられる。
この時点ではまだこの二か国は開戦していないものの、すでに最後通牒文は何度も交わされており、挑発行為・銃撃戦も頻繁に行われていた。


          ,. -─=ニ_ー- 、          /!      _,. - ァ   ,ィ 大した事ないわねぇオーストリア=ハンガリー
         / ヽ ヽ.   _≧、マ>_        /リ    / //  _//
         /  l ! l ! }ヽ ((._ィ个、_)).      // ,イ / /ル'^ '´-‐ニ7 講和してあげましょうか?高地オーストリアは割譲してもらうけれど
        / /   j l j L.j  !   i | ヽ ヽ  / / / レ' //  -─-ニ-'
     /i !   /ィ´ |/,.ィ |  〃| l ヽ ヽ./ / レ'/    _,. --─‐‐‐一'ニ=-
      / | い  / ノ,ィ(ぅノ !  / ヽ! j  }  / /       --──‐‐‐z... 二ニ ー- 、_
    i | l トト、i{   ー'′/ ,1   / /!ノ  /             ニ_二ニ==---`ヽ
     l ハ ヽく,.ィr,、    ∠ '´ j  /1/i l //                \_
     \ヽヽヽヾ   /   /   /-ト/ /                  _,.=- ニー- 、_
       メ T ヽ、 ´   /  ∠-┴ 、    _,..ニ二._ー-=.z─-=ニ ̄``ー    ̄ ̄
      {  |   /l> 、._/ ,.イ二=--  \-r-─弋´ \`ヽ
      l ハ.| / il  / / /       ヾ    ヽ   \
      ヽ弋 i  l_メ,ィ´ /  ィニT ー 、   〉    ヽ    \
        | |iト 'て乂! ヽ 〈〈_,ノ 「!> 〉 ./ ヽ   ヽ   ヽ \
        | iハヽ/  \ヽ/1-く !ヽヽ,イヽ  ヽ   ヽ    ヽ. ヽ
        | |!,.イ! /   ヽi {   l | i | l ヽ  ヽ    ト、   ヽ ヽ.
        l ハ /      `i   ゝ i | l ト、 !   i    l ヽ   ヽ ヽ
        ヽ,ハヽ       !     l ヽ、い   l   l  ',   ト、 い
        {ヽ,クい       l     ',\ ハトi  l    l   !     iヽい
         ` Tl1 !    __r--〉〉    ', ヽi i  l   l  l    l  い
             |{/い,ィ二-→∠ィニヽ、  〉    l  l  j  トi     l   ! }
          《! i  / 7¬1トヽ 「` `弋  ヽl  l  / ト! li   j  i l
           》、/ /  / /!i 〉.〉  \ !   i|  j /  !リ }}   /  ,リ
          {i>'/  r' -y /YT     l    l /,イ!  |!  l   /  〃
          / / , / └ト-! !     ヽ  ! /ハj / ヽ/ /  /
       _/__,.//  __   | !      \// l / /  メr'
     /-─   ,ィ7´`┘ Lr 、 | !         \l./.イ!  i |
    //     /       └| !          `ヽ!l.._i |
【ヴィルヘルム四世】
ドイツ低迷期から現在の経済成長まで導いた賢君。過去にオーストリア政府に大規模テロ起こされたことから、今回の戦争においては絶滅戦争を宣言している

                   、__、_
                    -=≦:i:i:i:i:i:i:i:i:ヾヾヾ.x
              _,.ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヾハ .ハ /
                  ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨i:イィ
                  刈i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∠ニ=‐‐'
               刈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i<__, 第一次・第二次独墺戦争の恥を注ぐ時だ
                 刈i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:x'ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\==---      思い上がった簒奪者共に訓練の成果を見せてやれ!
             /^ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/wWハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.ヾ\         
          -=ニ|:.ハ Ylハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|    :|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|l| ヾ \    
        -=三三|{{ :|: ≧州ェl刈.ハ|ノ  .州z}ハ刈ハi|l|、
.     ∠三三三八 } | 乂匳_丿´ ´ ィ篋魯//リニヽ
     ∠三三三三三ヽ.__l           ;′   /三三三 〉
   ∠三三三三三三ニ{ 人        |:::..   /三三三 /
  /三三三三三三三三\_,ヽ     ヽ ノ::    仁三三ニ/
  三三三三三三三三三三.r澄   ̄  `  イ三三三ニハ
 |三三三三三三三三三三ニ諭澄押押押浸飴飴飴/=/
 |三三三三三三三三三三三諭    /三三三三/ニ/
 嫉飴.\三三三三三三三ニ     j三三三 /三三|
. Vニニニニニ \ニニ\三三三三三   . 三三/.;ニニニ/ニ|
.. 沙飴飴飴亜聖} 三三三三三諭/ 三/, ニニ/ 三 |
  沙飴飴飴飴亜聖飴飴飴飴飴%/ニ三∧ニニニニニニニ|
   }三三三三三三ニヽ三三三三三/三三′}ニニニニニニニ
  ∧三三三三三三三}三三三三./ニニニ| 〈ニニニニニニニニ〉
.   ∧三三三三三三 {三三三ニ./三三三ゝ くニニニニニニニ{、
【フリードリヒ四世】
オーストリア皇帝。若いころは血の気が多くけんかっ早い君主だったが、このころになると若干落ち着きを覚え始めた。戦争は得意ではないが、人を引き付ける才がある。



             ─┐‖─┐‖─┐‖─┐‖─┐‖ ─┐‖─┐‖─┐‖─┐‖─┐‖
              ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘   ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘

. ’・.. ’・.从人 ‘ ・.. ’・.. ’・.从人 ‘ ・. ’、′‘ ・. ’、 人人 ’、人人 ’、′‘ ・.ζ .・”; ’、
   \ γ   γへ从 ⌒从へ\ γ   γへ从 ⌒从へへ从・. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”; ’、
爻  ヽ  γ ((  人    ))  ヽ  γ ((  人    ))   λ λ  ) ((  ( ( へ从へへ从へへへ从へへ从γ
kヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ )ヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ )    _)\_)\  人  从 ( ソ从へへ从/::\        /
、,\;;:: 人人キ,,  /)ζ へγ人へ从从へ['i']::::\へ、  / 、,\;;:: 人人キ,,  /)ζ へγ ̄从へへへ从::\へ、  /
ニヾ \&#58084;&#58084; Y从へへへ从  ′‘ ・. ’、::[];、\ Yy,,.. ニヾ \&#58084;&#58084; Y,/    人へ从从へ]:::[_,!_]::[];、\ Yy,,..
-‐''`  `.、:,:/         /ii;[ i ]~~[_!_]~[l];:ヽ \_  -‐''`  `.、:,:/         /ii;[ i ]~~[_!_]~[l];:ヽ \_
_,,、_,,,,/         ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ > ̄ヽ_,,、_,,,,/         ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ > ̄ヽ
ハハ从 /-―====r-===三'' 、-―――――――‐< 木ホハハ从 /-―====r-===三'' 、-―――――――‐< 木ホYyy
(⌒)イト爻------( tイ-‐'´::::::::,\__,,,....、___,,,_____`」¥(⌒)イト爻------( tイ-‐'´::::::::,\__,,,....、___,,,_____`」¥ Y
 T,::爻Ooト[iiii]<,,. 、 キ[]  i::::::::::::::::[]::::::::::::::[]=======|爻爻三T,::爻Ooト[iiii]<,,. 、 キ[]  i::::::::::::::::[]::::::::::::::[]=======|爻爻三三
ー-  ''ー^ 二,, ー---┴, -‐へ-O-ー-〜〜-―へ`~~ ー-  ''ー^ 二,, ー---┴, -‐へ-O-ー-〜〜-―へ`~~    ]、

この戦争はこの後、何年も継続されるのだが、特にこの当時とくに劣勢であったオーストリアはどこかと組むであろうことが予測されていた。
||=


             -―━━━―-
.            /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
           |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
           |:i:i:i/ ̄ ̄ ○  ̄ ̄\:i:i:|
           ∨二ニ=--------=ニ二∨
             __r':T^<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>'⌒l/Y オーストリアとケバブが組んだら厄介だな
          /:::::|〈j| ( ・`iΤ¨¨'i ・ ) lj〉|::ト、
.      /:::::::::人_|  ー‐'〈___.. ー‐"  |_人}_人
      {__:::::::::::;     ` ´    ..,:::://〈 いくらなんでも2000師団近くの敵国がいきなり現れるのは困る
.       人_::::::::\::八   , ------ 、  /:::::/::::|l:::\
    /::|::::|:::::::::::::\::\       /::/::::::::ノ∨l::::\
      ::::人:::``〜、、:::\:::≧=--=≦::/::::: .'´ / | :::::::
この時点でワラキアはローマ共々宣戦布告をされていた。要求はトランシルバニアの獲得であり、これはオーストリア・ハンガリー戦役における旧領奪還政策のひとつである。
このため戦線が増えることはワラキアにとっては死活問題であった。



 ,,_,, "'-‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
i|/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|  ケバブ軍がウチに来るとしたら海路か
ヘ::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i            もしくはアナトリアからか。どちらにしろ暫くは動かないだろう
ノ゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
::=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
::::Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
シ.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
キ::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
-,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
::ミ, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
:::ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
::::::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
`ゝ、:ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::
                      ''"゚~ ̄~゚"''

                     _  -‐…‐-  _
                  _.、-''"             `丶、
                 /                   `、
                   '                   ',
                  /              . :\   . : \:  ',
              /     :    . : \   . :\   . : \ :}
                  . :|:      . : \    :    \  :\    真向からわての国にくるはずもなし
             i   . :|  . :\    __\____:|   . :|  . :\_   カウンターテロリズムの用意はしておかないとなァ
             |   . :|、   . : \/\|:__\_|   . :|\__/     
             |    八\   :L\ィぅて⌒Y  / . : |  /|  ……うーん
             |八   ィ==ミ  .:(   V少  :/   :|)/ |
                )、   :.乂ツ  ̄       / イ   :|    八
               /∧  :∧  `    ∪// |   . :|     \
              '⌒V\ :込   ゝ    /,   . :八        :、
                      \(个       / /  . :/  \      ``丶、
                  /   |::::::::::><:) /  :/V    \         \


    
                  //  :/. :     . :\
                  ' /  :/. :     ''""'' . :\
              ___/_,,.、丶´/___:/       :\
              \      _/  \:/   :  . :|
                )> ..,___,.>r=ミx  /  /  . :| ……三国同盟の件は暫く保留にしてもらうよ
               / /.:八 ({  ( ヒツ ∨   / . :|
               / / . :/ : | 人  :\  ___,彡イ . :| . :| 
              / / . .:/ . : |. : :|〈⌒  、   〉イ)/| /
            /⌒ /  :/   : |. :\ \___`  人(  j:/
         . : :/ /ニニニ  :妄\ /ニニニ \)/
         / . : /:/ニニ   〈八_〉 〈ニニニニニ |
       八 . :/      / 〔〕〔〕  :,ニニニニニ |\



 }h、、           |: :
          \:\=-_      |: : :|ハ
             丶: :\≧s、__.|: : :|∧
            \_=-  ̄ ̄ ̄ 丶 Vハ
            /   /   、    \ム
          /,   /_/ /イ、  、  ∨ヽ
         ///  /_ | イ /\_|   Wハ     そりゃまた、どうして?
         /イ/|  《沁 \| __}/ ヽ |   |  |
          |ハ,∨ ヒッ     ん澄 } / |
          |' W :: ′   V汐' |/| / / ′
              从      :::::  / レ ク  /
              /h ``       /ー/  /|
            /   丁__ア_ {:i:i|   / |
           /  //ニニ: : \\   |
        /   /ノ ̄ : : \: : : \!   |
      /   /:´: : : : : : : : :\\:|  |
      /  、丶`/: : : : : :/: : : : : :.}h、:ヽ!    |\
    /  /   } ̄:\/: : : :/: : : : }h、: V  | ヾ
.   / /    |: : /: :\: ′: : : : : }h、∨ |:/
英国は自国のみでケバブ帝国とたたかうのは難しかった。それは自国の持つ広大な植民地が足を引っ張ったのだ。師団自体は非常に多く、EUを単体で超えるものであったが
そのほとんどは現地民兵であり、これを主戦力としケバブ帝国に戦うには英国の飛び地は広すぎた。


             _,,.. .-‐ '''""¨¨ ̄ ̄: : : : : : : :へ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     |
            /: : : : : : : : : : _,,.. .-‐      ̄ ≧x|
            |: : : : _,,.. .-‐    ≦ ̄_ ─ ‐l☆ノ
            | ̄  __,,.. .-‐ 〔O二 ─   ̄ ̄く
            ヽ三三_,,.. .-‐‐: : : : / `-=ニニ二二三ヘ    ソビエト連邦の政治体制のせいだろう 一党集中のくせに秘密主義・官僚主義だからな
             |: : : : : :/ 广ヽヽ: : /    l  ・厂ミ三三ゝ  能動的な同盟を主導してしくじったりなんかしたら首が飛ぶんじゃないか
                 7: : : : 〔(  く  : :    ヽ '   〔
            -‐ |||: : : :∧ゝ-、            ヽ,
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :彡ノ ー‐-i           ノソ 僕もこの議題は持ち帰って報告する
        イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ        l    , 'ニ==、 У;;;\
      /;;;;;;;;‐=ミ;;;;;;;;;;≧、     、   `ー一 ‐ '¨ /;;;;;;;;;;;;;;\
   <;;;;;;;;;;;;;;;;‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> 、   ヾゝ、       l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|
 /;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;; ミミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  ` 、 ` ‐-  ノ;;;;;;;;;;-=彡'\
ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡'´;;;;;;;;;;;;;\




                  <     ≧  、
           /              `丶、
          ィ                      、
         /       /                 ヽ
.        /        ;   、       ヽ    ヘ
       ,′   i   /  ,  i    l ト、  ハ   ハ
.            ;   i   l  ト、  :  ,ヘ | , -   从  まあそういうことにしておくよ
        { /.  /   l   l  ハ  .レ'i , '´  |  | ゝ、
       ∨  /    - ― ― - 、 .∨  \. !   | |   \
.         ∨/  l     ∨.| ∨|  \ ト、  _,.ィァ.  リ!`ー--ヽ
         /  乂    此押_.、 \乂化d:}イ   /,′
.        / / ∧   z弋ヒュ:d`   `ヾ    |  //
       //.   / ∧    ヽ  ̄     ,    //レ′    英国は暫く一人で頑張んなよ
      /   ./ / ∧≧z、  ミz、  __,、  ィ /|
.     ィ´  .>´/ / ∧   `ー≧  `^゙´ / { |
      ̄ ̄/.    /.  ∧  ∧ト====r-.イヘ  l |
.       /.    /_./_/:ト/ .∧  ̄f ヽ: : 、::ヘ f-、_ __ ,、
      /   γ: : : : : {: : |.∨ ∧_ r\: \:ヘ !ゝf-y: : :
英蘇我三国同盟において最も乗り気であったのはソ連だったが、あくまで協調は英国のみと行う腹積もりだった。当時のワラキアはソ連の「構成国」であったため
ここでワラキアを正式に認めるとカフカース=ウクライナ構成国が「独立国」であると認めることとなってしまうのだ。



 ,,_,, "'-‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
i|/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|  
ヘ::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i            
ノ゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
::=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
::::Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__  (暫くは、か……)
シ.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
キ::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
-,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
::ミ, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
:::ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
::::::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
`ゝ、:ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::



             ,,,,,,;;,,,,,,,;;,,,,;;,,,,;;,,,,;; ,,
            z;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マ、
           z;;;;;r r ' ´ ´ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マ、
          z;;;;/´  ___ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
             Z/  r´  ._.    `、;;;;;;;;;;;;;;l
          `j`ヽ   (’ ノ    .;;j /~`丶'  (果てさていつまでの「暫く」なんだろうな……)
              l.(’/   ~´      ´ δ.|
              .l l            ___/
           l  `マ         / ∧
           .l   / ̄ ̄ ̄`  ./ / ∧___
          _\        / /;;;;;∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
        __/;;;;;;;;;;;\____/  /;;;;;;∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      _/;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ___/;;;;;;;;/::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マヽ
     ./;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.|.;;;;;;;;l l l;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|
    /;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー---- ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;|




――同日、スカンジナビア連合王国、ウーメオ――
     __ =≦三三三三三三三≧x _
      ィチΞ三三二Ξ三三Ξ二ニミミ三≧._
   ,イ彡 三三三 三三 三三 三ミミミY ))Yミ!
   { 三ミrミ ≦ 三 三 三三 三ニミj )ノ川 l j
    |i 〈 心、彡三 二 三 三ミソノ Yソ 川V
   言 l 〈 Y少ヾ三 三 三ニミミノi} )) } ソノノソ
    此__{ i{( Yミ、 三Ξ三ミミY))_}ノ尓=≦リ
    沙|l Yj<_〃rΞΞミヽヾノイj ´ j三ニi}
.     ∨三|i i! ;j:i:;`ミ{r 三ミ ソ'´;:;:i{:; ;i三ニ}
.     V 三Yi _i___ィ仆‐‐く __リ_ :;j三ミj
.     沙リ _ィ二..Yj;:;:;:;:;辷ニァ! Yミ,Yj
        { Tミ!  i!‐彡;:;i ;:;:; i;:;: ̄ i!  l!)! !    γ⌒ヽ
.     人ゝji   }     l :;:;: l:;   |  j!ノ人    | : |
        ト_人  !   ` iー'! :   {   ト尓 `     ! : !
      ハ:il::ト i!   _ィニニk,   ハ イl从       | : |
       i:::li::::| ヘi!   `此リ!  i! レ' !il:l:|       乂___ノ
      |::li::li:|  \   { i 〈 !  ,イ  |:i:}リ
       从≠|     ト ハ  } / i   lヾ`
        ノ  |     Vj  ̄ j   l   | \
      .イ   |     }           |   ト _
  -‐ ' /    |     i          |   l    ‐-





      斗-=―
  斗:≦:::=―  _ ―二―
≦:::::=― _ -≦-   _    ,
::::::―斗≦::::::::::::::::::-=二::斗::≦彡
―=::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-彡'
:::::::::::::::::::::-==ニ二:::::::=-:::::::::::::/ /
―‐ ┬―ミ≧=-_::::::::::::::::::::::::::/::
ト、  ゝ::ノ} :厂/:::::::::=-::::::::/::::::::
ヾ:.x、_,  ' . 孑''´::::::::::::::::':::::::/
 `¨¨¨´.  '"_  -=≦--彡1:::::
     ̄ ̄      ,レ'´7 l::::::
            癶.  ゝ 刋::::::
           {ト、__ノ ノ::::/
       -ァ    j ゙¨¨"/::イ::::
         r 千   /ィ::::::::::::
< ̄` .,           ':::::::::::': ……外交官
` .,`ー 、 `ヽ 、    . '::::::::::::'::::
   ` ._ア¨ ト、ノ   /:::::: /::::/
  、   l   j  , .イ/:::::::ィ::::::::/
  `¨¨ }-‐   .lヘ{/:::/ |:::: /
     { '"   l 7:. '  |:/
>--- 1    { 'イ `'くヽ.|/
     r'     ` 、_.. -―‐-、
【エーリク・クリンツェン外務大臣】
スカンジナビア連合王国を42年にわたって支え続けた老練な外交屋。ソビエト=スカンジナビア同盟の第一人者でもある。

                    、_、 
                        `"ーニー- 、,_ ゛`=、 
                        _,,,,-‐=二`:::::::`::‐、ミヽ 
                    _,、-‐"´ ̄.::::::::_,::::::::::=、:::::::::::ヽ 
                  ,/´,:-ー ..::::::::::  ̄::::::::::::::::::ミ:::::::,:: !、_ 
                 ,,=‐':´::::::::,:::::,::::::::::,:::∠´:: ..:::::::::::::ハ:::::::::`=、 
               -"´/::/:/::::´::〃..:::: ..::::::::::::::ノ:::!::i:ヾ::::::::i,`、 
                ,i':::彡:::,::::::/:::/.::: .,::::::::::::://:::::::::::::::i:::::リ::', 
              ン:::::::::/::::::/:::::: ..:::::::::::::::::::::::::ン'"/::::::::::: /:::::: :::i, 
            __,.='''゙´,/::::::::::l/::::::::::::./::::::::/-//'/:::::ノ:: ∧:::::: l::i 
               /' /::::::: .::::::: .ィ::::::::::ン''! (;;;)i,丶:::./;ノ./、'i::::::l:::| 
              / ,/:::: /:::::::/::::::/:/ `'‐-=  /,.:シi.(;)i|:::::ノ::i 
               ,/::/i::/:::::::〃::::::!:::∧|        '::: ヽ =ノl::::l:h::l 
             /'´,!/::::://:::::::::i::::,'リ       :::: ' ノ  i:::::!! l:|  これが意味することをスルタンは理解しておられるのですか?
             '  /::::/:::/:::::::::::::l::l             ,i::::|  ! 
                    / /::::::ハ::::h::::::::i゙l,      ‐=二7   /、::l' ´      我が国と戦争をすることに何の意味がございましょう
              '",::::サ:::::::::::::リ,l:::ii::l ! ヽ、    '‐-   ,イ' '/ 
                 ,/: /::::/" 'i:l'l:::::!  :::::'i:、,     /!::i  ! 
          _,、=ー ,、''"´    !i ヾ:!   :::::::`'::、、,,,/  i!  ' 
       _,、=ニ、    ヽ\     ヾ丶    ::/!::/     ' 
      ,ノ    ヽ    \丶、         / !!i   ,-、    ,-‐-、 
    /     、 `i    丶  `ヽ,、__   /ヽ、 ' !  ノ i_,,、〆´ , ‐、 ` , 
    /      \ ヽ    ヽ    ヽ`丶、_`  ヽ`ヽ、,=‐´ ̄   '''''ヽ `、 i 
   /        \ヽ     \    `'-、_    i、/      ー 、 `‐、`′ 
   |         ヽ'i,    丶      `/′ \        `'-、 ) 
   /  、         )|     `、   /′    ヽ、   ''´⌒丶、 ヽ, 








    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
    i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ:::::::: ……スルタンは欧州各国と戦争出来るとお思いですか?
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、    我が国は虚弱ですが欧州連合盟主です
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`        
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、     
    ', ', ヽヾi ',:::::i、       __         , ' .i:l. リ /入',         戦争は虚弱ですが軍備は潤沢、今一度考え直した方が――
     il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
    ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i 
   /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ







                                            / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                                          /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
                                       /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
                                           i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
                                            i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                                            i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
                                         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... -−''' "´
 ―−―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......






       ■■             ■■■■■■
       ■■           ■       ■
       ■■           ■        ■
       ■■           ■        ■
       ■■            ■
                           ■■ 
                         ■■
                        ■
       ■                
       ■■               ■ 


   ( 乂乂个く ( / Y⌒  ⌒⌒⌒ ⌒   ⌒Y  ) ))ノ )乂_ノ     _人人人人人_
    Y 乂乂个く ( / Y⌒  ⌒   ⌒  ⌒Y  ) ソノノ乂j丿     > ビキッ <
    沁込j:i爿Y ( ( / Y⌒  ⌒    ⌒Y  ))〕沁込沁ソ     ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄
     廴:::::::::::} `〔 (( /  Y⌒  ⌒  ⌒Y  ) 〕' }::::::::::::::リ
      廴:::::::::{  `〔 ( / Y⌒ ⌒ ⌒   ) 〕'´  }:::::::::::::リ    ニワ   ソウジ   
     廴::::::::::〉   `〔 (/  Y⌒ ⌒⌒Y )) 〕´   ,:::::::::::::リ   「欧州」を「略奪」するんだぜ…………!?
      廴:::::::i| jl(   `〔 ( ( (      j) ) )ノ´   〈::::::::::::リ
      廴_:::::| )f‐  ..:::`〔_(( (   )) )ノ:::......   |::::::::リ
        | `寸    ー‐-==彡((_ノ斗匕´ ̄  j{i |;;::斗           
        | { i({   `ー=ニ。ユ、::ミ=彡:Y´。 ̄ユ=‐ 「 レヽ |
       ∨ゝl{   .:::-‐=≦::::::Ξ::::::::≧=‐-::....  })ソ /
         ゝ._〕          { Ξ {        〔ノ /
        ヽハ        、_ソ        ん,'′
          〕∧       -‐-‐-       /イ
          |/从        r=ニニニ=、       ∧八
          |八∧      `ー─‐'゙      /|i{八|
         八l|i{_〕ヽ    `ー─‐'    イ 〔从lリ
          }l八|  \         /  ノハ/(
            |ニニ>=-\      /-=<ニニ|
            |ニニニニニニ| >─‐< |二二ニニ|
    _  .-‐=≦ニニニニニニニ|      |ニニニニニニ≧=‐ _


               !?
             _ -‐‐- 、
               f´Y )) ノ) ノ)ヽ、
               沁必必必ノソノY ゲロ
                '~}::ノ:`t。、`ミくニリ「話」っちまえば簡単なことだ         スルタン
             { rミ゙ ´  ;ミf‐′              要するにウチの「帝王」は――
              、`´ _.イl「
                j「´  l}从_
              /| / /  | \
            _//j /_/ <   \
          /> |  / /魎    \
          ハ \ | //  ̄ ̄|  /  }
          Y ̄7 i| | |  ̄ ̄| j/  ∧
            | ̄| iL_| |__ | /    ∧
            |_| | ‐|   ̄   ∧    ∧
           }   i|- |   ,.;:゙: /∧     ∧
           |  ;: |丁|    ':;゙ /ハ    ∧
          _{  :: | li |        /ハ   .,,;:∧
         /rイ l|工|  ,;゙     ∧ . :.゛;,;:゙l|



   
                                //X. \>''"               
                               /  X  X \              
                             \X 最後X   /  欧州を「ベコベコ」にしてやるってことだぜェー!!!!!
                            r‐くヽ通 牒_/ /
                           rく\(こノ、/         >===- _
                           r/ヽソ イノ===-__    /彡⌒ヽ丶\
                          r'´ ゝノ}ー=イ       ̄二=人彡⌒ヾヽ 人
                       r'    } `ヽ      ≧ー=イi;i;i个⌒ヽ У ハ
                       /\___(_    `ヽ  彡≧个゙'"  辷⌒`Уヾ、 ハ
              __    / //   =‐       斗匕/   ト、 辷ヽУ ヽ、 l } }
              /     ヽ/ / 〈     =‐      > /i  _ ヽY辷 У) ) ) ) リ
             /    /ヘ/ /    ∨    =‐     ヽ  | 八 _r`弌彡ート匕彡'
          /       ∨ /ヘ      ∨    =-      } 人_`二.-‐≦   |
           |i  /ヘ ./ニ∧         ∨     >个< ̄          l
           |   ∨∨ ∧ヘ  |     ∨       八\            |
           |i    ∨ニ/  ∨        丶                  イ
           |i    / ∧     ;         _\                / 八
            ∨  / ∧ヘ   /       -=ニ    \                / |\
              ∨fこ)  ∨  /.    /        >-                  ヽ
               \__ /      {          八>─                 ハ
                          \          /  \                /  }




                      ┌───────┤−―――――――――――――───────┐   バンッ
           "´           | ー──────‐--――――――――――― ─────── |
            、           | ultimatum                                     |
                     | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
                     |  Scandinavia          :                 |
                    | ──────────‐ :. ──────────‐ |
          |ヽ         |  Wallachia          :                  |
         \          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
                    Roma
この要求は明らかに、ケバブ帝国の野望の最終段階を意味していた。欧州征伐が開始されたのである。この最後通牒を受け取ったスカンジナビア外交官は困惑した。

ここまでケバブ側がスカンジナビアへ攻撃を敢行したかったのには北海を抑える必要があったからである。北海・アドリア海・地中海を抑えれば、事実上ケバブ帝国に
欧州は「包囲」されることとなる。ケバブ帝国は欧州全体を干上がらせようとしたのだ。










国民的感情によるものも多い、古くからスカンジナビアとケバブは仲が悪く、ソビエトの様に「明確な脅威」でもなくオランダの様に「辛酸をなめた」わけではない
しかし、スカンジナビア政府はケバブとの冷戦において常に相手国の消滅という長期的な冷戦により勝利を収めてきた。

              __             / 
          /l.   i´ `i           , l  
        < > .|   |       r,シ,..:':レ'l          実害無くして勝利を収めるには
          V   |   .|         /::::':::::::::::::',   
                |   .l      i::::ニ_:::::::、:::',    
                |    !     ,r':::、::_:ミ:::ヽ、::ヽ、  持久戦論が一番です
            、、 i   |     /:::i:::::::::\:::::::::ヽ::::`- ___  __.-        
       ___ i´  `1   .l    ,リ:::!::::l゙_、::::::、::::::::::ヾ::::::::ヾ l /        
.       /  `'l:   iー− |_  __!_l:::::',l゙i oヽ\ i`o、::::::::::::ヾ '
    / ̄、i   i.',   ',__... l  `'´、 ノ::::::i `'''´   `''''"゙i::::::ハ-、
   /   i   ゙';    i   !、   ヽ !ハ::、  ´ `   ,从::l ゙  l
    〉、  ヽ、   ヽ.   i   ヽ`ー‐-=--―=._‐=‐ ,ィ'1!リヾ   l
    ゙ーヽ、_:ii.r''''ソiニフ             `iェ‐ニ'ノ  〃 |i 
     i   ``'''": '´       _,.-ッー-――‐'ー''"   jt.   l  
       i     _、__  ,.-‐'´r-'i '         , ' / i   l
      ``ー-''''´ヽ、_ニ‐'''´~   i    _    , ' /  ア-‐ .l
                    く_,.-‐'´      / / ̄ , ! 
                    / ``   '    l! /  /

バックにいた「超大国」であるソビエト連邦の存在も大きい。スカンジナビアと永久同盟を締結したソビエトは常にスカンジナビアに優位になるように接しており
スカンジナビア政府が本土攻撃を受けた際には参戦することは必至であった。

                 _ノ)_ノ
         / /(/´ '´⌒ニ=ミ、_
         { /∨        ー<⌒`
        {i∨           _`≧、_
     \( {               ̄⌒ミ、
     \乂彡       r、irヘiトミ_二三ミ、
     ,ィ7  八 {⌒ヽ | l||  }|ミ彡r‐ミ=ミ、ヽ    ダ チ
      / /イi{ |{  \::::::リ::li|_..斗‐`゙´う)}<ヽ  「友好国」に手ェ出したんだって……!?
      { |八l{  ::_)ゝ=`Y´oソ j{  ゝリ\〉
        { 八¬( oY:::::::`ニ   '`  くi八〉
          \ `¨j             Y/_
                ` _,,..ィ  /   \ 厂ト、
                \ `ーン  ′;    `} ∧>、        _人人人人人_
                   ` .._,.イ  i    ,'  ∧  >、          > ビキッ <
                     / ∧  }   ,′  ∧   >、     ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄
                 /   /__} ム-  /    八     >、
               _/   ′      /  <´ ̄⌒       ヽ
   _人人人人人_  ⌒7 ̄フ i|       /   /ヽ〈┬           \
   > ビキッ <    〈 く  l|   l   / /  ンフT         {三ハ
    ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄    八r‐\ i|   | /,/─────! {   /    恭 }
             |  [__}l |   | /´ L   ___| {l /    /⌒}
              { ̄ |  l |   | |  l|        | |i /    ,/  土|
             〉  |  l |ゝ._j_j   |        | {/       イ|ニ|

わりとマジでこんな感じである。
ソ連が参戦した大戦争はスカンジナビアの防衛戦によるものが3割を数える。おおよそ現在においても同君連合のような状態である
ケバブ帝国は、とくに現センバブ朝は歴史上何度も「双頭の鷲の壁」もしくは「赤色の壁」に阻まれてスカンジナビアに何度も宣戦布告・被宣戦布告されたものの、実害を与えることは出来なかった。

                        `,   ;  ;  ., ;  ,' ,' .,' ,'. , ' ' , ' ´  , ., . 
                       ´、  ',  ; ; ; ; ; ,' ,' ; ,' ', .' , ',´' ´, . ‐ ' '. ´ ´ _ _ .. 
                        、 ', ', ', ; ; .; ,' ,' ; .,' ' , ' , .' ´ ,. -‐ ' ´ _ _ _ 
                       `、'、丶 '、,' ;、; ;; ; ; ,' ' , '. '´ ' ´ ,. -‐ ' ´ ‐ - ._ _ 
                       `丶 、 丶 `、丶、  '   ´  '         - ‐ ニ 二  ̄ __ 
        〃        ‐ - . ._ 丶. `、 丶                 `` ' ' ‐ - - . . . . _ 
 じ    ,z=、              `丶.、 丶丶          、 _           ‐ .- .._ _ _ ``ヽ. 
 ゃ   l|             _ _ . . . . . _ _`丶     ,、ヽ 丶丶 ,'; .;ヽ  , 丶 、  ー.‐ - _‐_ ``丶、 
 ん   ゞ='′ ク    ' ´  ` ` ' ' ‐ - `_ `  ,  ; ; ','. 丶'、 ',. ;',', 丶'、 .,  \丶,、  ` . _ ``丶、 ヽ 
  :     ,.,=、、           ,. ‐ ' ' ,´'´ _ , .   ,'; .; ; ',. ','.  '、'. ;: .','.  ',', `, \丶、: :` :丶: `:`:ヽ、丶、        ド 
  :     l|   |l            ,.´, ' ´,.' ´   ;.; ; ;', ; '. ',.  `,; ;  ;.   '、', ', '、:丶:丶:、:丶 .:丶 _:`::丶 `、         エ 
 ?     ゙="'            ,´' , ' ,.',. '.;  ;,. ; ; ',.'..; 丶丶〃.'.、 _,.,z==‐、', ;丶丶ミミy‐、:丶 :、丶::丶:ヽ        レ 
      ,.,=、、         ..' ,.'.´,',' ,' ,' ; ', :', ′',:.〉:.:.::、:,_..ュ斗=--y'  ',; ;丶', ミ/ 「ヽ\`:ヽ:、丶:丶ヽ       | 
       l|   |l  |       ,′,' .,','.,' .; ', ', 丶'、: : ::', :.:..:```'/ (・)  j|` _ノ(   丶 〕!ヽ l`:ヽ:`、`、`、        | 
       ゙="              ,'  ,',' ;  ', '、 ',`、__,,:,.:z=ゞ::.:.::.: :.ゝ-‐''´´ , . '. '^      |' l  l::丶::、::丶`、        | 
      ,.,=、、             ', .; ' ;  ', '、ヽ´_,/'(・〉゙!:.::.::.:.:.:.:. : : : : ..          v'´ /`:丶、:丶:`、 
      l|   |l                '.  丶  ', `-‐'´:.:..:.:.:.:.:: .                    /:丶、:丶`:、、 
       ゙="                   `' ',    .::..:.:..:..:              ゝ-':丶:、:丶:`、、 
      ||    ル                       :,   ヽ、 ‐                ヾ:ヽ:丶::丶ヽ、丶 
      ||___                    ゙:,    、_,.--――z           /.. l\ヽヽ、、ヽ 
       ̄ ̄                     ゙:,    ヽ二  ̄´          /  l丶、丶`、'、 
     〃                        丶    、、、.         /    | 
                                  丶   ヾ       /      | 
                                 丶         ,...:'´           | 
                                   ヽ、__,... ::':´        /    |、 
                                    rヘ::.:: :ヾ〃     /  __亅| 
                                    ! `ヽ,      ┌' ´ ̄   ヽ_ 
                                _,. -‐'´|   |       |      ノ   ``丶、 

ケバブ帝国のこの戦役は欧州を隔離するだけではなく、ソビエト連邦への牽制を込めたものであった。センバブも欧州戦役で英国・ソビエトはまず開戦はせず、地理的問題から
「包囲してから圧殺する」方針を取ろうとしたことがセンバブ朝の二等書記官が語っている。

この「欧州戦役」の話は瞬く間に各国に広まった。無論、一番混乱したのはこの国である。



     ____
   /ノ   ヽ、_\
.. /( ○)}liil{(○)\ あのアホ何考えてるんだお!?
/    (__人__)   \   
|   ヽ |!!il|!|!l| /   |
\    |ェェェェ|     /
【ウィレム一世】
オランダ王。主人公っぽいことしてないが仕様。やる夫スレのやる夫はカレーのライス。



                / ̄ ̄ \
             _,ノ ヽ、,__   \
             (●)(● )    |
           (_人___)   U  |   かなりまずいですね… 
                '、       │
         <二ニヽ        |
.         /-‐   `i 、 ___,. イ i
.         {/´、     ',┐__>ーメ ┴ュ
        しrヽ    V:::Λ  / : : :>、_
          ,.<ハ、_/ ̄ V ∨ : : / : : : : :_>-.、
.         「 : : : :〈 : : : : : : ヽ/ : : :/ : : : /: : : : : `、
        /. : : : : ∧ : : : : : : :ヽ : : : : : :/ : : : : : : : : }
     / y : : : : : Λ : : : : : : : \ : : / : : : : : : : : : }
.     / : :.i : : : : : : Λ : : : : : : : : :ヽ:ノ/ : : : : : : : :j
    ノ. : : :| : : : : : : :.∧ : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :ィ



【ジャー・ヤスキー】
国防大臣。古典派スキル2

   / ̄ ̄ ̄\
 /        \
/    ─   ─ ヽ
|    (●)  (●) | でもうちの国は名実共々覇権国だお……
\  ∩(__人/777/
/  (丶_//// \



          ___
         /     \
       / -     ヽ  \
      / (● )  (● )   \ それがそうとも行かないんですよね……
      |      _`___      |
      ヽ、         /
      /          \
【アルフレッド・ネーデル】
財務大臣。戦争産業家。


      ?
     / ̄ ̄ ̄ \
.   /    ( ●)  \
   | ( ●)   ⌒)  | っても軍備もカネも潤沢にあるお。テロさえ警戒すればそこまで心配することはないお。
   |    (__.ノ ̄   /
   |          /
.   \_       \


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__) それが出来れば苦労はしないんですよ陛下。我が国の防諜は今不可能に近いんです
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



ヤスキーが責めるような視線でネーデルを一瞥し、王府内の空気が一瞬冷え込む。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
/   _ノ  \|
    ( ●)(●)                                      
|     (__人__) 
 |     ` ⌒´ノ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

          ____
        /      \
       _ノ   ー    \
      ( ●)  ( ●)     \(戦争屋め……)  ・・・・・
      |    '            |      閣下、遺憾ながら将軍の言う通り、我が国の防諜はしっかりしているとは言えません。
       \  ̄`        /       そしてこれを直すことは困難です。
        /          ヽ
       /


    __
   /ノヽ\  金銭防衛できるんじゃなあったのかお?
  /(≡ ≡)\
 | (_人_) |  
  > |r| <
     ̄

       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \ ……それが出来れば苦労しません。陛下は「蘭印難民」をご存知ですよね?
  |        '      |
  \      ⌒   /
   ノ           \


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \  棄民政策で捨てたオランダの無産階級者たちのことだお?それがどうかしたのかお?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
オランダ棄民政策で捨てられた人数は10億とも、8億とも呼ばれる。オランダ擁護派からは2,3億であるとされているが、国際ボヘミア・ジェノサイド研究所の調べによると
最低でも4億以上の棄民がなされていたことが現在明らかになっている。



       ,r‐┐/)
       / ////>
     / イ └'´/
    ./  .\_.ンニニス_
    /  .__...二つ:::::::::\   無産階級を植民地や欧州各国に送ったはいいんですが……
   (   /:::::::::::::::::::::::::::::::::\ 一部大企業や現地エンジニアが逆に我が国に進入してきています。しかも基本的に
    ヽ  .ヽ、:::::::: __´,_     |      我が連合にいい印象を抱いていません
     \ ヽ::::::::      /
     . |    ` ー    \

オランダ棄民政策は西米の大粛清以上の死者を出している。統計では現れてはいないが、これら棄民はほとんどが低賃金労働、悪くするとコンゴなどで人身売買や
ヴォルド内のヌガ=ロ=ゴやベルカの部族内等で生贄に使用される「人畜」と扱われていた。


            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \
     / (●)  (●)    \    言い訳しておきますと、保証はきちんと出しておきました。
     |    __´___    u.    |   しかし、流石に13億人全員を切り捨てる保証金をねん出するのは不可能に近く……
      \ u. `ー'´       /
      ノ           \

ネーデル財団などの一部財閥はこの「蘭印難民」を非常に嫌っていた。オランダの企業はほとんどすべてが政府と癒着している「財閥」であったためである。
抑圧された旧棄民や、当該地域の企業等はオランダに対して憎悪に近い不満感を募らせていた。これは企業営利を超える私怨に近いものであった。

  オランダウザクネ?
           キギョウキュウシュウシテヤロウゼ
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'
【新企業派閥(オリガルヒ)】
蘭印難民地域で立ち上げられた工業製品・生活必需品売買企業の総合商社。主な下請け先が紛争・貧困地帯であったため、黒いうわさは尽きない。


       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\  それは大問題だお。
  /   (__人__)  u. \   早く企業に内調を入れるお!
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''



   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│ 問題はそれだけに収まりません、閣下。我が国は今戦時に「突入」するだけでも危ういのです
 |     ` ⌒´  |
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   ,7:./h::フ<
    |::::.ヽi:::.ソ|
    |:::::::::.`´.:|


                   ___
                  /     \
            /ノ   \   \        どうしてだお!
  、nnn       / (○)}liil{(○)   \       nnn、    ケバブ帝国は間違いなくうちへと侵攻してくるお!
  | l l l        |   (__人__) _     |      l l l |
 と  ノ‐─‐─-、\ ヽ |!!il|!|!l|      /、-─‐─‐!、  つ
    ヽ___      |ェェェェ|       ___,r'
            │  ・        ・  │
         │             │
          │ 戦 争 工 作   │
          │                │





       ____
     :/::::::::::::::::\:  オリガルヒは大量に外国から支援金を得ています。つまり「スパイの温床」です。
   :/ ⌒三 ⌒::::::\
  /  (○)}ililli{(○ ):::\: いざ解体しようものなら我が国の懐柔された蘭印難民が黙っていません
 :|      __´___::::::::::::::::::| 
  \      `ー'´::::::::::::/:


            ___
          /\三三ノ'\
        / (●)三(●) \    __
      /  )  (__人__)    |  〈〈〈 ヽ っ……
      |   u.  |!!il|l| /  /  〈⊃  }
     \      ゙ー ′  /    |   |    なら企業を国有化勧告するしかないお!オリガルヒは植民地が本社
     /⌒ヽ   ー‐  ィ___/   !       かつネーデル財団が株を36%保有しているはずだから十分に国有化は可能だお!
     /                 _ノ
     /   /i         ┌─一'´
     |   l |         |
.    |   | l         |
.    〈  〈 l         |
     !i i i ! l         |
     ゙゙゙゙`´ |

       ,. -―- 、
      /        \    もし失敗したらば
    /  -‐    ‐-  \  我が国の不良債権が明るみに出れば破綻してしまいます
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
   {       `      } 恐らく我が国に入り込んでいる他国のスパイの数は――
    ゝ   `‐‐--   ノ
     >ー       ゝ、
   /´             ヽ
   


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  /: : : _       _   \               最低26万人
/: : : : ´  , `      ´   `    \         乂______________ノ
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l      まだ移住していない蘭印難民は1400万人存在します。
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´      \
: : : : . : : . : : .                 \






     ___
    /_ノ  ヽ\
  / (_) (_) \     ・・・・・・
/ u  ;(__人__);  \
|    ; |i!i!i!i!|      |
\  u  |;;;;;;;;;|    /
/     `⌒´    \





    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ   我が国の兵力はほぼすべてを内務省から「都市防衛に回せ」と言われています
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃    また、土台人含めたスパイ関係者の内訳としてはケバブ諜報部が3万、KGB5000、SIV3万、SS4000、フランス秘密警察1万5千、北オースト内務局1500、MI62万、以下略――
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|





               /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\
               /.: : : :           \
              /: : : : :           ',
               |: : : :               :| (……しかもこれらは予想されている最低値だろ)
              | : : : :.._           _   :| 「オランダ・オリンピック」時に大量の流入があったことから、SIV・SSの関係者数は最低1.5倍になっているでしょう。
              |:: : ´⌒\,, ;、、、/⌒`_  :|
             |::::;;; ( ● ) ノヽ ( ● ) ;;:::| まだこれらの状況が明るみになっていないのはある意味奇跡的で
            |: : : ´"''",        "''"´ :l
             ',: : . . (    j    )  ./   社会主義的官僚制度のおかげともいえます。
             i: : : : .`ー-‐´`ー-‐′ /
              ',: : : : : : ..      /
             イ{ゝ: : : : : : :.    イ ::}、
              ,../.:::::.. ``ー- -‐'"´ ..::::::::/| \
         / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::::::::::::/ l|  \
         イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::/  |    }丶、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿     !  `  、



   ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´ うちは今回どう動けばいいお?
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |   
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


               / ̄ ̄\
           /  ヽ、_  \
          (●)(● )   |
          (__人__)     |(その官僚制度が問題を造っているんだがな……)
          (          |陛下、EUへの援助は資金援助にとどめましょう。戦争は避けるべきです
              {          |
          ⊂ ヽ∩     く
    ⊂てヽ   ,,_ '、_ \ /  )
  {三_ ィ `´  /|_\  “ ./|
        .\__/   |  \_/  |



      /|     ----
.       |  |   l  難 l
.       |  |  l 民 l
.       |  |   l 問 l
      \| l_題 l_
      / ―   ― \
     /   (●)  (●)   \   私も同感です。戦争に手を回す余裕はありません。
     |         '         |
    \       ̄     /
     ノ           \


     ____
   /      \
  /         \  そうしたいのはヤマヤマなんだけどできないんだお……
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/  なぜかというと……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..   ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....    :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(   ::::::::::::::::::::::::::....              |     EU介入が             |::::::::....
                                    乂______________ノつ;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
;;  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒|議決されそうなんだお……        |''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
.   乂______________ノ.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....




, -−− 、_  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ̄´"''−、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    、___,, - − 、_ヽ‐ 、:::::::::::::::::/l::::::/::::::::ハ::::::::::::ヽ
  | |     ー_,、-「!\\\:::::,∠、/::::/::::::::/-、i::/::::!:::ト、
  l 「\_   ̄`\:::::::|| ̄\\)/ O 〉//:::/:/ O 〉!:::::ト::{
  !|  ` ̄>‐、 \::||   /゙7i/`='/ // 〈 `=゙ |:l::::|!ヾ、 ご無沙汰しています。はい
   |二ー'" ̄ ∠> 、)|L..ヽ(_|,        }!   j::!:i::|    夜分遅くに申し訳ありません
   | \\    j:ハ:::ハl ̄ || |       ^ ′  ハ{::N \
    !    \  /ヘ.j/ |  |||    _,_,、---、 /| トゝ   \
    |     \  ヽ |  || |\   −‐' , ' l !      }゙i
__j_\     \  \.|__||」   \__/  / /       ノ |
     /        \   \       // //       j
    , | l          ヽ、_        //    / / 〃
   / |  l ヽ           ´"''−‐''"       / / / l
  /  |   l 〉                      /   // l
  /   |   / ヽ                 / // // /l




   ,. -─//. ,∠- ',. -‐':::/
     i::i  /::://:::: ̄::::::::::∠-‐──- 、
      {:::V::::::::::::::::::::-‐−──:::::::::::::::::::::::``ヽ.、
    ,.>::::::::::ヽ::::ヽ::::::::::::::` ヽ 、::::::::::::::::::::ヽ::ヽ、::\__  EUの介入がほぼ確実とされました。
   /::::::::::::::::::\::ヽ:::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::::::ヽ:::::ヽ、_>  ですのでご一報させていただいたわけですが
  /:::::::i、::ヽ::ヽ::::::::::\::::::::::r-,.- 、,.、:::::::::::::::::::::::::ヽ、__
  l::::/:::::i::::ヽヽ:::\:::::,.-‐'´``   ヽ ヽ、::::::::::::::::::::ヽ__     ……はい。
  .l::/::::::::l::::ト、::::\::ヽ:{ヽ、        l:::::::::::::::::::::::::ニ>
  |::l::i:::l:::|:::::|.〔)ヽ::::::::l | .i         ',:::::::::::::二ニヽ     では、参戦はされないということですか?
  |:トlハ /ヽ:| レ′|ハ.l | .|         ',:::::::::::::::二ニヽ、ヽ
  | K. _  !     i! しi  ヽ、|      .l:::::::::::::::::::>──
  ! !. \`       |l    〉|      | ,r── 、 ̄`ヽ 、
    li〈 __     /`‐‐-//.l     l//        \ ヽ
    / `i'─`    /  ◎ 7 |     |          ヽ  ',
       ヽ     / ̄`─./ .|     | 〉       `ヽ、 ヽ
        {、__,.-/    / .|     |      ヘ_,,.... \ ',
           /     /`ヽl       |   / ̄´__  〉 .|
          `─---′ /        | / ,. -‐ '´   /  |



_
             ィi〔: : : : : , : : :./: : : : : :l              ,: : :./: :/ヽ: : : : 「いえ――」
            ィi〔: : : : : : : :ア:.丶`: : : /: : : l          , : :/:. イ__ソ\ : : : : :\: : : : : : : : : : : : : : ーア: : : : ィi〔  ̄
         \.  ィi〔: : : : : : : : : : ./ ´: : : : :イ: : : : ::.ハ `丶     -'- '/_イ__  イ\: >  _--`ー: : : : : : : : : : :ィi〔: : > ´::. ::. ::. ::. :
        : \: : : : : : : : : 、丶`: : :. .イ: : :/: : :/: :.∧          イl: :.7: V: :\:.\: : ::∧:` ー―――ア: : > ::. ::. :::. :::. :::. :::. :´
   



  _     /        ヽ
               /  ヘ  ゙´     ̄ ヾゝ          \
             /  /  ヽ  , ‐ 、   ヾゝ、          ヽ
             ,    '    ,、 /   \  ヽ  ̄ \         i
           ,   ,     /ヾ/==ヽ   i    、    ヽ       l
           /   !    ,' ̄    !   イヽ  、     \     l
          ,'   /\   ,     ノ /  l 、  i      l 、    l「わが軍は英国が戦争状態に入り次第交戦します」
          i   ,  /ゝ―‐    ‐―‐  i  、 l      i ;l    !
          ヽ  l  i             !  iノ      ノ '    ,
           ゙ 、ゝ  iミ=ニニ     ニニ=シ   !i      ,     /
            l   、            l  il     ,     ,′
            !   i\    −    //  i、     ,'     '
            ,'l   i  ` ,‐    ィ ´  /    ! 、   ,   ,   /
           ,' l    、__イ \___/\__/    i !  ,  /  i
           / j  ,   、二/i:.:.::i\ ,= '     .i l  i   !   l
           / l  i    、ニニ、 、::ノ  =,'    //  、 、 ∧.......ヽ
         /........! ,!..........iニニノ:.:ヽ/ニl    / (.........ヽ ∨ ヽ........、
       ,.................∨l 、........lニニ、.:.:/ニニl..........,1..l i...........\   `ー‐
      /..........................il........ノ、ニニニvニニニi、.......l ヽj i................ヽ
      '.............../............ll../  、ニニニlニニニ! ヽ...l   /......................、


【次回予告】



  /  //,/  //, /,/ . //. /- ミヽ       //      ./ : : : | \、 l
//  ///   //////   //'.//   / :},/ ./ :./,/  / / : : : : : |: ヾ\ヾ
. /  //  .//////   ./ ./ =ミ_/: :八.:/: : : //// /: :     : : :.  \\
/      / ./ l// '  x:/ ./..::::.  : :/./:    ///  . : : :       : :\.  \
     /  / |/   . / / _「 ー-  : ://      //'   /: : : :         : : \
   / /  /      / 〈 / ⌒   : ://- .       /: : :              : :\       ジハード
| .// /  /    /ヽ       : ://:  : : >x| . /: :          .  -‐=:\      聖戦の宣言を出せっ……!
'/// /   :  ,/ /   /:.     : :/ー-  .__ : : | /: :         /: : : : : :__
'// /  |'// / r<:::::::.   . : :/    乂r:心x| /: \         /. : :. <芯rリ
'/ /   .|// / ./ ‐- \  . : :   ` ー-   ̄ | />: :.∨    ∨.: : ∠ _ 二´         海軍主力艦艇をドッガーバンクへ差し向けろっ……!
' /    |/ //      . : /          ̄¨./ .:::::/  |  i:. \::::::::..: : : : : : :
/     .|  ./      . : ∧            ̄    |  i:::::.    ̄: : : : : : : : : .  改造した「アレ」をすべて積み込めっ……!
      |         . : ::/ ∧                  |  i:::::::::.    : : : : : : :
     /     . : : :∧   ',                  |  i:::::::::::. .
   _/      . : /  \斗-‐ ⌒:.           |  i::::::::::::. : .     . :
 /       . : />  ´     ヽ l\           |  i::::::::::::::. : .    . : :
/      __./'´             :. | : .\_         |  i::::::::::::::::. : : . . : : : :
|     ´                   l. : : : : : |         |  i::::::::::::::::::. : : : : : : : :
|   .: __             . . : : : : --―く : : : :|         |  i::::::::::::::::::::. : : : : : : :
| .:/ {       _  -‐ ´         |__. : :j:   -    |  i:::::::::::- : : : : : : : : : :
| :/  |                   l |<_/.     \|_|/: : : : : : : : : : : : :





             / /         |     |   |  {::{   ノ::;ハ |:|
            /  /        | l   | ハ   | }  ヾニィf′| |:|
        /  '        | | !  j/イ  川     |:|   | |:|
          /  |       | | |/} _L.// |      |:|   | |:|    最低100兆EP、それが妥協ラインよ。
        '    ||      / | /イ/ィ゙´〃 |   /|:|  | |:|
       l|   ||ヽ    / 〃 / イ_ソ 彡'′ |    , l::|   | レ       言い出しっぺは守ってもらうわよ?
       | |     l ヽ \  {           ,   /| レ'   |
       ||ヽ  ト、 >≧            / / |     |
      |ヽ \ \ ヾヘ_ソ ,           //  |    |
          |\|\ >|  \      ィ         |    |
          |:| 八  { ヽ    ∠ ィ´      |    |l\
   _     |:|  \ \\ _           |    ハ \
   \: : : .ー- レ    | ` ー┬‐<             l    厶┴ 、
    \: : : : : .` ー-|   | / `  ァー--‐く -‐7   /.:::::::::::..\
―――‐ `ー- 、: : : : :|   |./     / / /:「」:.ヽ′   /.:::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |ヽ   / / /:/ 小/   /.:::::::::::::::::ィア
二二ニ=ー: : : : : : : : : :|    |__\/ ´ /:/ /:|/    '.:::::::::::::::ィア.:::
 ̄:: : : : : : : : : : : : : :/|     |:::::..\\ /:厶イ:/  /..::::::::::::::ィア.:::::::



コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます