君も国家を運営しよう。

――1998年、欧州
 ;, / /  /' ; ,/ ' ; '// ;, / /  /' ; ,/ ' ; '// ;, / /  /' ; ,/ ' ; '// ;, / /  /' ; ,/ ' ; '// ;, / /
,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:',:'/,: ' /| ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
 :'/  /' / / ,:'/    / ' / / ,:',:'/,: ' /| ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
        \/ ' / / ,:',:'/,: ' /| ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
  \      \___        ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'                      ゴゴゴゴゴ
   \      _|_l□l_      rr=r===・___/ ' / / ,:',:'/,: ' /| ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
     \____|_|二|_,=====、__Liニi,ュ_/_|[][]|_/ ' / / ,:',:'/,: ' /| ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
     ||_|ム ̄ ̄ ̄/”'''=ー-,iコ二ヘ_\_ヘ,r-r`'ー―r,‐――――,r―‐,ー、
     ||_| ̄l ̄l ̄'|”“''l'''=--/―-/二フニ入,,k___,,ゞ‐―――‐‐`---`-" ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
  ,t-----`ニ'ュ='=┴------'--、t'---it'oi--i==i=ik、___ ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
  |-------------------------"'',-oo、______"''→oo、 ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / ' / / ,:'
  \__________________∠ヘ二ヘ  i))   i))"フヘ二ヘ ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
   ゝ,,|_|__|___|___|__|__|(O)ニllニ)――――‐クニllニ)
   \_ゞ_ソ_ゞ_ソ_ゞ_ソ_ゞ_ソゞ_ソ_ンニllニノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノニllニノ ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
 三      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ケバブ帝国王府、コンスタンツ――



王府内で行われていた会議は、世界史においてかのチンギス・カンを連想させうるものであった

  ,,‐´ __                      ゝ
∠-‐´,, -‐' ´   ll     ll   ll    ll   ll ヾ
  / ll   lll    ll    ll   lll   ll   ll ヽ
/ ,, ‐; ‐' ~   ll    ll    lll   lll   ll   |    フフ…
,-‐', '´ ll   lll   lll  /| ll    ll    ll   ll  |   何をそんなに怯える……近衛兵達…… 
./l , -‐'´ ll   lll /ll/. | .iヘ   lll   ll   ll |    
.ll/ /    l  /ll.//l/    |ll| | llヽ、 lll   ll   |
  / ll./ ll.∠// .l/    , |.|-‐|.| ̄ヽ、 ll.    lll |
 ./l//l / / `ヽ、|   /  |  |  ::\  ll  ll|     欧州は図体こそでかいが内実は虚弱……っ!
../ //.|.=====、  __ ========::::| .l⌒ヽ .|     
  ./  | ` ‐--゚‐/,::: '''' ` ‐-゚--‐ ' ´  ::|ll|⌒l | |
      |    :::/,::::::::            :::| |⌒l |lll|     ハリボテに過ぎない……っ!
.      |  ::/,:::::::::::::          :::|l|6ノノ .|\
.        |. /,:::::::::::__:::)           :::::||、_ノ |::::::\  
.         l.(_::             :::::::/l   ll|::::::::::::|   
.         l.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   :::::::/ | lll |::::::::::::::|
           l、   ___     ::::::/:   | ll|::::::::::::::::|
        _, -/l、   ̄ ̄    :::::/::    | |:::::::::::::::::|
    _, -':::::::/::::::!.        ::::/:::     |.|:::::::::::::::::::|
    ::::::::::::::/::::::::::ヽ、     :::/:::       |:::::::::::::::::::::|
   :::::::::::/::::::::::::::l::ヽ、  ::/:::       /l:::::::::::::::::::::|
   ::::::::/::::::::::::::::l:::::::lヽ/:::         /::|::::::::::::::::::::::|
   :::::/::::::::::::::::::|:::::::::|::::         /::::|::::::::::::::::::::::::|
   ::/:::::::::::::::::;:へ::::::::|            /:::;:へ::::::::::::::::::::::|
   /:::::::::::::/:::::::::\::|- 、      , -‐//:::::::::\::::::::::::::::|
   ::::::::::/::::::::::::::::::0:|  ヽ   /  /:::::::::::::::::::::::\:::::::::::|
''【センバブ二世】''
今日日において「センバブ大帝」とも呼称される現センバブ王朝最後のスルタン。圧倒的な軍事力と策謀によりモンゴル帝国に並ぶほどの国土を手に入れた。




=|AA|
        -、─- 、  , -─;-
     ,. -─-ゝ  Y  ∠.._
     ´_ ニ=-            `ゝ
  ∠´.___             \      お言葉ですがスルタン……っ!
.   ,. ‐''"´    , , 、       ヽ
 ∠-ァ‐    くl/l/::l l::ゝ 、     |   彼奴らはEUにより合体しております……!
.  /,.ィ´,ィ ,イ/\ll':u::l|:∠ヽl:ヽ、     |
  // //イ===、::::;;'====::| r=、 ゝ  今までの弱小国家とは違うっ……!
   l/  :l `ー゚/:::ij~ ,ー゚-‐ ,ノ|.|ニ!}  \
.       l:/:::::::__::,v-‐''"v |Lン ト、  ヽ、  経済的にも軍事的にも大国っ……!
      / 「I二二二二二):/|   | |`''ー-ゝ.._
     /  ,ヽ.  --- ::::/: .!  ,|  |
   _∠-‐''7! ヽ ::::u::/:::   |  /  |  フランス戦線も膠着しておりっ……!
       / l   \/::: u  |  ,/    |
.      /  l   |::::      | ,.イ |     |   戦争できる状況ではありませんっ……!
     /  , ヘ  lト、      |/,;1/`ヽ、 |   
.    / /  ヽl |;';`';ー-‐;';';';';|'     \|
    "´   ()) |;';';';';';';';';';';';'|

【アブロハーム・サラムン】
現ケバブ帝国第2代目総務局長。イスラム系ケバブ人にして在任歴は長く、イスラーム系コミュニティとのつながりも深い。



     _、‐-、, -‐z._
        > ` " " ′.<
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
       | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
      |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ   こねぇよ……
      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;     あいつらは参戦しない……
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、     よく考えろ…
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ  
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/



   ン;;'" ̄";; 彡
  i″iヘルノiレ)    やつらは俺たちを脅威に思ってはいるが、自分にかみついてくるとは思っていない……
  ヾ6;,`_ゝ´/   ;y=ー 
  /ヘ▼へI]二つ 恐らく今回の戦争においても支援のみにとどめるはずだ……
  T ノ  : │ EUとは名ばかりの同盟なのさ……
  ヽつ==r'
   |  |  |
   |_|_|
   (__)_)





  /        ,、        ヽ
 /  ィ       ./;;;;N∧      ヽ
.// .l  〃リ\/、;;u;/ /;;ヽl;、 ,-‐、 l   しかしそれでは今後においては大国を相手取ることになりますっ……!
   |/|/ヾ;;r〜、\|ij|〃ー´~);;| |  / l
      ヽ)_ oヾ ,, o  _r´;;;| |  l | 我が国の軍備は数少なくっ……!
       〈;;;;;ij /ij `ひy′ |.|、_ノ   |
       l ''''ノ __┐ -' ゛./l    l       EUの盟主たるドイツの五分の三程度しかありませんっ……!
.       ヽ、ェェェェェエコゝ 〉/    ヽ
        l.}ェェェェェェェノ/ /   l\ ヽ       軍はよく訓練されておりますが、EUの総数はおおよそ2500……!
         '、 u ,,,,,,,   / /   l  .l ̄"'''ー-
          ヽ ij'''' ノ;;; //   .l  l_
       _,.、-''|ヽ、 ノ;;;;;  /   /l   .l   ̄""    
    ,、-''´   |'、 `´l;;;;  /l .| ./ .|  .`、         
   ノヽ、 _,、-'´| ヾl、 |、   l l.//|  ,、  ヽ
   l   l''´    |   .ヾ| ヽ、__リ/  | ./  ̄ヽ
  /    ヽ   ノ , ヘ .|       .|/
 ノ     ヽ  l/   .|        .l



   ン;;'" ̄";; 彡
  i″iヘルノiレ)
  ヾ6;,`ーゝ/ ‖ そこまでの団結能力はEUにはない
  /ヘ▼へI     
  T ノ  : │  恐らく我が国が上陸作戦を敢行した時点で講和するだろう
  ヽつ==r'
   |  |  |
   |_|_|
   (__)_)


センバブ大帝の読みは当たっていた。当時オーストリア・ハンガリー帝国とドイツ帝国の戦争が激化。ケバブ帝国の危険性にきちんと目を向けていたのはごくわずかな国だけであった。

        /゙!
           / |
             / ... |
            〃:.:.::リ          ,ィ ニア¨¨フ
.         / {:.:.:./.... -―- ... //.:.: , イ
        ∨{: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`゙く -‐ ¨
        ハィ":.: :., {:.:.:.:.:.:.: :Y: :ヽ
.       /〃/: :.//;ハ:i: :.l: : :.i:|:.:.:ヾ!
        i〃: !: :.l_」ム-|{ヽ|: ,斗|k: : l:ト、
      ,.イ ! ,_|イ:! {{ ‐ヽ }:.:ノリ }: : l:|`ヽケバブ帝国は確かに危険だけど
     / | |fハ:.:.代歹` ノ'弋タ7: :ノリ
        | |人八:ゝ,,,     、 ,,, {乂    有用な商売相手だからねぇ
         j :,:.从: :.\ fニ ァ ,ィ}:.:.:}
.      /:/:.:ハl\__ゝ`ーr イ::| イレ'
.       /:/:.:/_,rく ¨\`¨7Tヽ{_
.     /イ:/≠,ィ}}__>、}:::\≫_}i
.   / /:./ `¨ヾ、 ≪_  \:::::} /L
    /:.:.{   ヽ ∨, ゙ ̄_≧ 、\}/ =゙ヽ
   /イ:.八   ヽ{{. く´,.ィ ´ ¨ Y  ..::::}


     /壱//万/| ポンド
     _|≡|__|≡|彡|___
    /|≡|__|≡|///万/|


【ヘンリー・マクマホン外相】
大英帝国外相。トルコに対する戦争(イギリス=トルコ戦争)において、ケバブ帝国から大規模な支援・将軍の流入を確約した。


              . . -‐: : : ̄: : : : ‐- . .
          イ : ; : : : : : : : : : : : : : : : : `: .
.         /; イ :/ :_イ: : : : : : : : : : : : : : : :
          レ . |´/. { : : : : 7大 ト、! : : : : :
           l レ.   从: /´  / ノ : : : : :
            /: 女ト、  '    女;ァォi : : : : :   現状ケバブ帝国と戦争するのは得策ではないじゃろ
.          イ, {::/::リ .::    b::/:::リ| :! :八:
            :'  ゝ'''゚ `    ゝ=''゚ : ル ^! :
        __. _八  - 、  __     /イ_ ノ : :    ケバブ帝国のスパイはソビエト国内に大量に入っている
   r <⌒ヽ_Y      ピ  ´ __ ヽ イノハ: ヽ      下手に動くと他国を刺激しかねん
.  ィー ’ ̄      ロ _r‐’-、ヽ } ャヤ゙}_   レ
  {   ‐-  _   シ  (_ `ヽ   i≦//≧s,、      ソビエトはヘイトを買っているしね
爻ぇx,、      ‐---‐'`!    マ//////∧
  { `ー≠ミぇx ,.、キ  _,、{     {777ヽ///ハ
   ‐-   `^^''≠''^^´ ゝ.     !////,'\//!

【ナタリア・ニジンスカ外相】
ソビエト連邦外務大臣。自国内に強権的な間諜組織を持ち、統括権限を保持する政策を推進した。幼女。

        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ 欧州に対するスルタンの知見は理解致しました。
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : | しかしスルタン……どこに仕掛ける御積りです?
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :| 我が国は今現在超大国と言われておりますが、軍備はそこまで多くありません
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : ! 大英帝国・ドイツはもちろん、ローマとの戦争も危うい……
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /  スペインは内戦中ですが、かの国の軍務大臣は強者ばかりです
            |/ __‐、    u lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V
ローマは軍隊が存在しない国家であるが、有事の際は全国民が武装義務を持つ完全兵役制の国家である。
スカンジナビアはソビエトと蜜月の関係であり、ドイツの経済力はケバブ帝国の国庫を上回るものであった。


ドイツは当時戦時中であったが、オーストリア=ドイツ戦争規定により他国介入は大戦争につながりかねない危険な状態であった

                /◎◎◎ ◎◎ 
                 //◎◎◎ ◎◎  
     ___    _//////// 
     /o__⊥  | |///////    
     ( ´∀`)  . | |//////  ウィーンマデツッパシレー     
    (つ  )つ/   |/__/ /  _____ 
   √ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ t¬ \ === == \ 
   ヽ                 ̄   `---=======------___ 
    ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~~`----____________  ̄(Θ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ヽΘ 
     |~| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄\   _____    И ̄ ̄\ ̄\     | ̄ヽ 
     ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__\/ /~~~\ ̄ ̄ヽ______| ̄ ̄ 
      (`~~j~~~j~~~j~~~j~~~~j~~~~7===7---- |  (⌒) | |-------7| | 
       ヽλ λ λ λ λ  7===7    ヽ ~~ 丿丿  ヽ~  丿丿 

スペイン内戦は事実上の形骸化。スペイン蜂起軍が全員でCNT-FALを殴る形となっていた
      ′   ____      ,
     ___--- ̄ ̄__ ̄ ̄ ̄
    /:ニ=―::::::::::::::::::\___   ;
  三::アナーキズム連合:::::::::::∧ ̄ ̄        丶
  ̄/:::::::/  _\:|\:::ニ=―!__
  /ハ//___{ ,x}==::::/-,∧__
 x  {, @}7 ゝ-''´,:   ∨!__}::::} ̄   __― ̄ ̄\\\
.   ゝr'' {  } ./ ,;;//_  ,,.。*'"ニ=―     \\
:.   /, ゝニ..{ ;;/―――__/―
   ,  /, } 'こ У    /  /           ニ=―
     人_、_/ /    {  |ニ=―
   ;  /:.:.\〉―__{―_{__スペイン
    /:.:.|:.:.:.:.:\ニ=―__   蜂起軍
  /:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:∧ ̄ ̄ ̄   \\\―\_
_/:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.::.:.∧  \      \\:.:.:.:..:.:.:\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:./:.:∧          \:.:.:.:.:.:.:.\\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:.:∧           \:.:.:.:.:.\\\


    ノ 7   (   」   ―┐ll (      <  _|_  (
   : /     >  )  ―┘  て   _、, ゚ 。 }  ノ 」   Z,
   : ‐┐ll  (  ,, 、Z   ー    {  _哲j_  ノ  ─ァ   /
  ┃ ノヽ   \L<,f )   二.、  ( / ;lーl ` )  /ヽ  {
   ・  っ  /´ / )∠_   っ  「 C 」| | l Z   っ  (
        ( l / ,イ  /.‐y-、 /⌒/~ ̄`-ヘイフ 'ァ-;__r⌒
 ⌒Y⌒Y´ ̄` | | | {        ′_/ /  ̄ l |
         L└ミ ト、   从  \ /    l l   __     __
          l | `ヽ \  ノ⌒⌒\ て  〉 〉  | |_[][]┌‐'└┐ oo, 、
         / /    \/`つ  人 Vヽ └'   | ┌┘  ̄|_「Ll  </
         /_/    /f ヨ Eヽ〈  ー'^┘      ̄
        〈_ノ      l'_/盂ハ_ソ






       _─-、 -‐;z.__
        > ` " ゙  <
       / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙\
         l " " ", ,ィ バ i ゙、 ゙、ヾ
         | " "ノlノメ、 |ノjムヘ. N
        ! r,コ| =。=  ,。==ハリ
        | |ヒ.j|   ̄ r_ \7  ああ、全てだ
       j `ァヘ  ──‐:7′
.     _/∨ :::\  ̄ 人
  -‐'''"´ |.  ヽ.  ::::`:.イ  |`''‐- 、.._
        |   \  :::/  |     .ハ
.        |   ,ヘ 〉  |へ. |     l. l
        l_/  ゚〈ー‐'|   ヽ!   │ |
           |::::::|   「 ̄ ̄| |   |

            _─-、 -‐;z.__
        > ` " ゙  <
       / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙\
         l " " ", ,ィ バ i ゙、 ゙、ヾ
         | " "ノlノメ、 |ノjムヘ. N     欧州全国家を相手取る……
        ! r,コ| =。=  ,。==ハリ      手始めに
        | |ヒ.j|   ̄ r_ \7       スカンジナビア、ワラキア、ローマに先制攻撃だ……!
       j `ァヘ ⊂ニニァ7′         戦線停止しているフランスへの攻撃も怠るなっ……!
.     _/∨ :::\ = ∧         
  -‐'''"´ |.  ヽ.   ::::\,.イ |`'''‐- 、.._
        |   \   :::::/ │     ハ
.        |   ,ヘ 〉   |へ、|    l. l
        l_/  ゚〈`ー'|   ヽ!   │ |
           |:::::::|  「 ̄ ̄| │  |

    ∩00  ∩
 ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、
  ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ
. ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ ○
. ヾニニ⊃ `'∪ ⊂ニ-‐'
                      ∩00  ∩
                   . ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、
                    ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ
                   .( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ ○
                    ヾニニ⊃ `'∪ ⊂ニ-‐'

::::::::::::: /::: /. \|::::::::/           \:::::::::‘:,≦= \::::::‘:, \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::/::: /    |:::::/=\              \::::::‘:,>'゙´ 丶::::‘:,  丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: /::: /寸≧ミ|: ∧ニ=‘:, .,   /      ∠ニ\:: ‘:,,.... -‐=\:‘:,ミメ,\:::::::::::::::::::::::::::::
:::::::/}:::/      |/ ヽニ ‘, {  / |\_/ニ= /ィヽ: ‘:,     丶{ マ}::::‘:,:::::::::::::::::::::::/
::::/ }/ ∧        寸{::::::::::::: |二二ニ/ィア  \|         ,〃:::::: l ::::::::::::::::: /
:/     / ∧     (C) マ}::::::::::::::|∧=/〃    (C)         /:::::::::|:::::::::::::::: /
   ハ    :,         〉::::::::::::::::::::::〃              / /:::::::::: |:::::::::::::::/ スルタンっ……!それはあまりにも無謀っ……!
   / ,∧  ,人      /   /:::::::::::::::::::               /:イ ::::::: |::::::::::: /ヽ
    / ∧    ≧=‐一 /   /::::::::::::.. :::::::::::::::..ー―‐=≦       /:::::::::: |::::::::::/  自殺行為っ……!死刑台に上るようなもの……!
    / ハ       /   /::::::::::::::::::. :::::::::::::::...    u    / ::::::::::: |:::::: /⌒ヽ
.                /   /::::::::::::::::::::::.. :::::::::::::::::..     ,. :'´ ..:::::::::::::: |:::::/ いくら欧州が日和見主義と言えど
               /   /:::::::::::::::::::::::::::..           ,. :'´   ..::::::::::::::::: |: /ー‐=彡  全国家に宣戦を布告したらば団結するのは火を見るより明らかっ……!
           /   /::::::::::::::::::::::::::::::::..       ,. :'´     ..:::::::::::::::::: |/
        ∧   /   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  ,.. '´       ..::::::::::::::::::::/≧=‐=≦ 何卒お考え直しをっ……!
        / ∧ /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..´        ..:::::::::::::::::: /  |::::::
        / /   / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..        ..::::::::::::::::: /   :|::::::::
         /  // ∠ ..,,__            __   ..::::::::::::::::: /     l::::::::
.        /_,,..。s≦`ー┴―┴―二ニニ=‐=≦ノ \ ..:::::::::::::::::/    /:::::::::
           ∧  ∨ / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶:::::::::::::::/    /::::::::::::
            /::∧  ∨  ゝ--  ..,,__/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:::::::::::/    /:::::::::::::::
        /:::/:ハ   ≧=‐┴‐- L..二ニ=‐-r‐=ミ:.:.:.ノ:::::::::/    /:::::::::::::::::: 


      -、ー- 、
   _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._
    ,.>          <`
  ∠.._        ,     ヽ      問題ない……
.  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
  /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |    スカンジナビアは欧州内では弱小国……
   レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l
.     !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!      ローマは戦争未経験国だ……
      ゙yl、   、|レ   |y'
     _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_    ワラキアは後回しのための誘導だ
    ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
  :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::  本命は別にある……
  ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
  :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐
  :::::::::::::::::::::::::::ヽー/::::::::::: l:::::::::::::::l


         / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:../!.:.:.:.:.:.ト、.:.:,  ,:.:.ヽ.:.:.:.:.i
         |:〃:.:.:.:.:.:.:./ i:.:.:.:.:.ヽ、\ ,':.:.:.:.:」:.:.:.:.:!
         ノ_「⌒7:.:/  |:i:.:,  ,.:'\ \:.:.:.∧:.:彡ト 、
      ィ⌒「 |  レ  ̄ ヽ/ ヾ: '.:.:.:.:.::.:>/ヾ/ V⌒ヽ:.ミ、
     / |  | |/ _//ノ{!  \:.:.:.:/孑示¨¨7 |,へ i:.:.:.:.:i
    /  し' し'{./ _ノ へ、   `¨ 丿 li::しi リ  |l ノ∧:.:.:.:{ それにそこまで不安になることはありません
   /   i  / ∧K¨'芹屶ト       弋ソ   l|_ ,へ.:.:.:.:ヽ、 ワラキアは難敵ですが、ローマはスルタンの申す通り戦争処女です。
  /    |    /ヽト、ヽ弋斗j        ¨   〃  / ̄ ̄
イ      _ ノ'´|: :. \  ¨    、      /     ̄ ̄
|    //   .i: : : :.∧           / / スカンジナビアに至ってはここ四十年戦争していません。
 i  /|    /!: : : : : :.\    ⌒   /  /
 } /  ト、__ /  ',: : : : : :.ヽ ` -  __/   /
 j/  人    /  \: : : : : \    ヽノ


【ブルトゥース・ナシルッディーン治安維持局局長】
ケバブ帝国王府顧問団の一人。戦争賛成派で、移民の不満抑圧のスペシャリスト。



 ヽ/     /:/:./:.:.i:.:ヽ:.:\   ヽ/
 ヽ/ヽ      /ニ/= /i:=.!.=i.=キ.i   / \/
 ∧       ,':./i:.:.:.:{ L:.:」|:.:.:」:.」|:.|     /\ /
         i:.:| ¨ ニ≧ / -― l:.!      ∧
         |:.:ir'´// j  z==、!:|
         !ヘハ//__ノ  、    A}    欧州征伐で脅威と言えるのはスペイン・ワラキア・ドイツくらいです
         ト jハ    F=┐   レリ
         | :.:.:へ  ゝ__ノ /  目下ドイツの経済力に我が国が並んでいる以上、ドイツの脅威は廃されたも同然です
         | :.:.:|((´i> - イ
         } :.:i:| 「 ヽ、 , kl
       ィ==┴' ー ∨ーV===、
      ∧        |O      ∧
     ム ヘ  /      l     i / }
    「_ ∨       !     V ーヽ_
    /    !        i O    |    \
 /    /ト、     人     八ヽ    \
                              
当時の戦争は参謀総長の機能能力=戦争能力と言えた。全宇宙テロ・裏工作防止条約(通称諜報力条約)が締結されるまで
あらゆる能力を決定するのは金銭・作戦立案・国家関係であったのである。ケバブ帝国には特にこの「金銭」によるアドバンテージがあったのである。

ウラー
                              [ (★) ]_ 
                     ( ゚Д゚)___,, [ (★) ]_ 
                      (つニ∩---' ̄ ̄  ( ゚Д゚)___,, 
                      人 ヽノ         (つニ∩---' ̄ ̄ 
                    〈__〈__フ        人 ヽノ 
                                     〈__〈__フ 
              ∧=∧ 
           ( ■Д゚)/ ∩_____    ウラー
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~||:r―ヽ ┬.┬┴ェ_______ 
        |   。━━ ||「|   ) |  | ((_______(()
        |         ||l」  ノ |_|__/ 
        |    ━━ ||:ヽ_ノ___ノ | 
     ___.└―____||:_____|__ 
  _|_|_|二二二二二λ_(()     □@λ____ 
  ―――――――┴――`、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/―――`、
 |~~~~√~√√~√√)________ )_______|_)_______) 
 ( U |() i()i()i()i (7====7_          7====7 
  \ ゝ λλ λ λ7====7\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7====7                 
                   
            [ (★) ]_ 
             ( ゚Д゚)___,, 
            (つニ∩---' ̄ ̄ 
            人 ヽノ 
           〈__〈__フ 
つまり、金銭的能力の低い国家はいくら軍隊が存在しても継続戦闘能力がないこととイコールであった。
特に当時のソ連はそれが顕著で、国家精神ともいえる教育マニュアルには、「戦時は節約を尊びゲリラ戦を心がける」ことを第一とするように書かれていた。

ここまでケバブ帝国が金銭をため込んでいたのは、ケバブ帝国が対調味料社会主義共和国に苦渋を嘗めた経験からである。
ケバブ帝国は完全に調味料に敗北。何度の外征にもさまざまな要因で失敗し、一時は完全に本土を失陥し、アフリカ植民地で辛酸をなめ続けた。

                  , '、"/ ̄ ̄``丶 、
    .//.            /  く 7       ヽ,          、    ∧,_,、
、_/ ../_            /:     `´,   _,,. -ーi、 ヽ         ヽ`ー- '´
     (__..           i ::__    、、!',i./,. -_'_´´  .i,          ,!
      /           i ::{,__`ニ_=、'"r、,/(rェュ,ノ   .i;〉-、      .く    貴
 蘇   ヽ、_          | ::;i_´,rュ'>::i  ``` ´"   !;;i.! i       丿
      (_ ̄         ,!i :: '"  /:::ゝ-;;、、    ヾ;'´;;;i)|     _/     様
      /          {;;i,::    `´`´;:'       ヾ;;;;i..i;;,、    ``、
 聯   i           _,!;;;`i    , -- - ー 、__,,  ,、 ヾ';;;;;;;;;i     /    だ
      ヽ       , '";;;;;;!;;;i ,;  '´''"´,, ̄ ̄    ;;  ::.i;;;;;;;;;;ヽ、   /, -、
 !   ___\     .i';;;;;;;;;;;;.i;;;i ヾ;、  '""´`       :.i:i;;;;;;;;;;;;;;i      i   !
     ./        ,ゝ;;;;;;;;;;;iヾ;;、 ,  /``,ー    ,, イ .i;,r--、;;;、    /, -、
    /:::- 、_     .i´;;;;;;;;;;;,'-|::: :::ヾ、,,,,,´〉;;;;;;ヽ、,,,,,,:; '"  .:: .:iヽ  i;;;i    /   i, -、r 、
. ,-、 .i'`:::::::::::::ヽ、_  ゝ;;; -i´! .i::::::..:::.. `ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;/ ::::  :: ,;i: i  .i,ヽ、     /
/:::::V:::::::::::::::::::;;;;ヽ``´i.iヽ,:ヽ . ヾ::: ::  ヾ``''';:'''´   ::    '"/  / /!!,i`'、-、,-、_,,_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;ヽ.illヽ`!|||iヽ ヽ:: ::..    '''::::::...      / ./,ill! ,-i  iiヾ,::::':::、`´:::
, -:::-::, -、::::::::::::::ヾ、;ヽヾr','ヽr-,ヽ \    .,,,,,__,,;;;;;,,.   ././'´ ill  illl!  .ii i::i::::::::/:::::::
;;;;;::;:::r'-、ヽi´ヽ::::::::::ヽ:ヽゞゝ',i',,ィ’ \.\         ///,r-、i´i.i,/  //i:::i!::::/::::::ソ:
::::::::::::!,-、\\`,:::::::::::::::i、彡iヾ,,>llli. `\.\      ///.!、ミirー,=、,  //./:/::::/:;;;'';;;;;;
;;;::::::::::i `'`ー、 \\::::::::::::i, illl'ii,, '''' |ヾ、ヾ、\   ///.. ,illl//i、ミ .!.,//./:ハ:::/;;;;;'''-'';;
;;;;::::::::::\   \`' 、`、_;::::ヾ, .illllii,,, .|| ヾヾヽ、`y' // ,,illll! `'-'ill ` / //-,,''"´,""-ー-
;;'''''::;;;;;;:;;;;\_   ``ヽ、ヾー-ヾ、 `" .|.l illi、ヾヾ>'´/,-、illll!,-、illlll!__,,, r'''、´::::::''''':::::::::::::::''
;;;;,-ーー--;;;;;;\_,   ``ー、_`ヾー-、,.|i.l ''!lll//- -ー--、-、'´、´-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;'''::::::::;;;;;;;;;;;;'';;\_   ,,   \`_、` |i l_``´-=-´``ー、  ``、::ヾ、ヽ、;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::;;;;;;''''''''::::;;;;;;;;;;;;;;;;;i`ヾ、'´     ``|.i l      ,,;;;;;ヽ   ヽ;:::ヾヽヽ;::::::::::::::::::::::::::;;;;:::::
''''::::::::;;;;;;;::::::::::::::::'''''''},ソノ;:ゞ-'     | i. l      ''''''' ヽ   ヽ::::ヾヽヽ;:::::::::::::::::::::::::::;;;;;
::::;;;;''':::::::::::::::::::::::::::::./ '' :::!.      | i. l         . i    ir,、:ヾヽヽ::::::::::::::::::::::::::::;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ    ''ヽ     | .i .l    /;:::::::... ::i    i彡:::i! i i::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::_:; - ''´      ヽ    .| i .l   ,/、二''___;;;i    .i;;:::::::i! i i:::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::,/      ,     _,;;ゝ、 __| i l-、''、ヾ;;ヽ```''ー-i    .i::::::::::i! i i::::::::::::::::::::::::
:::::::::::/     _,,-ー''ー--,,',´/::::::´.   | i |  ``ヾ;ヾ i  .i    .i:::::::_::i! i i:::::::::::::::::::::
;;:::;:::::ゝ、__, -''":::::::/::/::/:::/ /::::   、 | i |    ヽ'ヽ i   i    .i:彡}:::i! i .i:::::::::::::::::
;/;:::::::::::::::::/::::::::/::/::/::::/ /:::    ヾ;| .i |、    i ヽ i   .i    .i´;;;;::::::i!.i i::::;;;;;;;;;;;
【ゲバブ2世】
ケバブ帝国先々代スルタン。比較的暗君と称されるが、株の有用性をいち早く見抜くなど、内政は評価できる点が多い。




ケバブ帝国はソ連書記長不在時を見計らい、奇襲攻撃を敢行。ソ連は早急な立て直しを迫られ、ウラルからの撤退も視野に入れた。

一ニハ i iニト、       ̄ ̄7
: : { l0ハ| i0 ハ\      ヽ、
/ニニ〇ニ≦ 〉 _
  ー- ', -一 ̄   )  ニ }ヽヽ
/⌒ヽ.__',__ニニノ   _ノ

/⌒Y⌒ヽ   |    ー−7ヽヽ
ハ___(⌒ヽノ⌒ヽ.トーフ     (
【アレクサンダー・A・ウリーニン】
ソビエト連邦第二代目書記長。前ウクライナASSR担当。兵器技師でもあり、大艦巨砲主義である。



しかし調味料の参戦によりこれは頓挫。依頼、ケバブ帝国と調味料は犬猿の仲となる。
_、+''"~ ̄ ̄ ~"''〜、、
              \
                \
         ミミミミミミ}
         `````二シ_
              {_レ’  \
/⌒\       '´      〉
{ /  ミミミxxxx彡    ` ^ (
∨   } `寸ミミミ/   ___ノ   本土とカネを失ったが
ミ∨ ___  `寸ミ/  /:::::::::::人   土耳古という寄生先を手に入れた
ミミ\  ⌒Y    { {::::::::::::::::::\__ これでいいのだ
ミミミミ}≧=≦!       \二二二/ヽ
ミミミミ}   ∧     \         ∨
ミミシ       \               /
ミシ  爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻
爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻
爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻____
爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻: : : : : : : : : : : : : : : : :\
爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\

この経験から、センバブは先代と同様に株を極度に嫌っていた。自身の目の前で紙くずとなるケバブミスポル、狭い植民地暮らし、国民の不満は幼少期のセンバブにとっては
トラウマともいえる出来事であった。

                      _,. -‐-`' ``'‐、,.‐'"´,. =ニ`
                   ,.‐'"´           __`ヽ   (まだ不安ですが……) 国民も戦争には賛成するでしょう
                  /               ``''‐、
                 /                 `''‐、      
                |        ゝ、 iヽ!             アナンタシェーシャ、素材戦争(別名・貿易戦争)と勝ちを積み重ねてきたことは確かですしね
                ,'       // イノ;;:;;\ ヽ  ゝ _r┴z_
               /      /`/ィ'__>:::::;:;:;/∠ヽ! .! /r-(__"ヽ\   しかしスルタン、あそこのことを忘れていませんか
             /     /⌒y' ==== _::: ,'==;;レ、 !|;;>- 、 \.ヽヽ   
            /ト7    l.{ヾ!,'  `ー-°' ゙゙〈ー°y/ i/;:;,`-、 \ ヾ ヽフキフキ
           / /      ヽ,リ ;;;u;;;;u;;; r __;;ヽ.;;;,'/ !\_;,;,,ilヽ ヽ ヽ;;,}    あの国は我が国の拡張を認めないでしょう
         /__,.'-‐''7!   ト、    v:;:;;___;;ーY1  |;;;;;;::|   ;, illi;|     絶対に……
    _,,.ゝ-‐'''"´     /.!     !. \.   └-----' / |\. |ハ .| ;;,;,,,  |
  /ヽ          /, ! i    |   \.    三 /  |.  \|;;;; |            
 /   l         / 1|! l  |     \    ,イ   !    | ;::;!;;|   厂ヽ           
/    |         /   !| ‖ |\    \, ' | ‖|    \!;;,ヽ/ _○ハ



     _、‐-、, -‐z._
        > ` " " ′.<
      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
        7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
       ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
       | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
      |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ   あぁ……
      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;     あの国ね……
     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、     
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ    あの国は――
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/





――同日未明、オランダ、アムステルダム

                             t______
                             |   (   
                             「 ̄`゙              ヴィルヘルムスファンナッソウエー
               _            |             ___
               |ニ|    _,,,,__,...,,⊥,,...,__,,,,__    |ニ|
;  trーrrrrrーrrrrrーrrrrr‐inirrrff「[L|-|┴|‐|゙┴゙|‐|┴|-|=l]ff'rrrini‐rrrrrーrrrrrーrrrrーrァ ,:''
`、 jj二!ニl二lニニl二!ニl二lニニj少‐…¬二二 ̄二二¬…‐心!ニニl二lニl二lニl二lニl二l{,;':.',
:;゙゙ ]竺竺竺竺f´`:.'´ヾ竺竺竺込斗=圷二i圷二i行二代ニぇ以竺竺竺竺竺竺竺竺竺;''゙:.:';:、
:'、 ||.:.||幵||ヾ´:.';.:,'´:.;''´ヾ.||幵||.:.| |ff| |.j幵| ||廾|| |幵l| |云| |:.||幵||:.||幵||:.||幵||:.||幵||.゙;;i;''、:';
;;′||.:.||任|lノ';.';、.: ,:':,':,'´ハ|任||.:.| |エ| |.|任| |l辻l| |任|| |辻| |:.||任||:.||任||:.||任||:.||任||.:.||`;:';:
  ||.:.ァ'ニ,'':ヽ:.、ヾ;' ,:'ヽ:':,.:'iァ'ニミ.:.| |ニ| |ノヽ| |,二_| |/ヽ| |へ| |:ァ'ニミ:.:ァ'ニミ:.ァ'ニミ:.ァ'ニミ.:.|| ;:.:::
  ||.:.|lヲ′、:.';ヽ;''.:.;' ;.' ;'ノi|幵||.:.| |ff| |.|幵| ||廾|| |幵|| |刊| |:.||幵||:.||幵||:.||幵||:.||幵||.:.|| ;:';,:
 ,,_||;''";`';.:';:';.゙:、;';' ; :;';'、';ハ|任||,;,| |エ| |.|任| ||幵|| |任|| |凶| |:.||任||:.||任||:.||任||:.||任||.:.|| ゙';;.:
'´;':;゙`ヽ、:.:'':;;.:ゞ'';;i:゙;;,;;'::;,' ;,:ゞニア''フ辷Lニlニl゙二゙lニlニ辷iヽ、\゙ー'二'ー''二'ー'二'ー''厂|二l"
';゙:.:'ヽ:.;':;;ヾ'゙"`゙l:.:{´rn`'''゙ ̄`| ̄ ̄\i⌒i! ll⌒ll ll⌒l/ ̄ ̄|´;,::''.;'`´;:'':.;`"::;;'';':`ヾ ̄|三|
ー''‐;;''';;;‐:::''=::;:;':::゙'':'';;'ー''''=;;''";;'';;;‐;;=;;\jl__」|任||__||,/;;'''::''=;;''';;'''';;''=;;;ー;;=:;;='''ー::;;‐''::''='';;='''

その日のオランダは、今年度予算案に関する会議が行われている最中であった。冷涼な季節風とオランダの牧歌的な日差しは、この会議にも浸透していたのかもしれない。
今思うと、この日の会議が「強国ネーデルラント」の最後の会議であった――




         /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \    よし、今年度の予算配分を決めるお!
        /  =⊂⊃=⊂⊃=  \       まずは財務大臣から意見を述べてほしいお!
       |    (__人__)     | 
       \    ` ⌒´    /
        /,,― -ー  、 , -‐ 、
       (   , -‐ '"      )
        `;ー" ` ー-ー -ー'
        l           l
【連合王ウィレム一世】
今作の主人公。末期ネーデルラントにおいての治世から「最悪の暗君」と呼ばれることもあるが、最近では評価が見直されてきている。





   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \ 
     ( ●)(●) 
.      (__人__)  まずは足りない陸軍の補充だろ… 
       ` ⌒´ノ    常識的に考えて… 
.           } 
.  ヽ        } 
   ヽ     ノ        \ 
   /    く  \        \ 
        \   \         \ 
        ヽ、二⌒)、          \ 
【ジャー・ヤスキー】
オランダ陸軍元帥。調味料時代からの古株で、ケバブ帝国を何度も撃退した国民的英雄。

当時のオランダは陸軍が過剰に国力を保持していた。これは平地であるが故、いざとなったときフランス・ドイツ両方から攻められる可能性があったからである。



       歩兵が我が国は足らんのですよ
        / ̄ ̄\ 
      /      \   
      |::::::       | 
     . |:::::::::::     |        ____   
       |::::::::::::::    |       /     \ 
     .  |::::::::::::::    }     / ⌒   ⌒   \ っても最近平和で軍とか持つ必要ないおー
     .  ヽ::::::::::::::    }     /  (ー) (ー) /^ヽ  ドイツは今南に目を向けてるし
        ヽ::::::::::  ノ     |   (__人__)( /   〉|
        /:::::::::::: く     \   ` ⌒´   〈 / ⌒^ヽ   
  -―――――|:::::::::::::::: \――――――――― \ _ _ _ )   




     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´ それに歩兵とかいるのかお?我が国は先進国だお。
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |   
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



         ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \    <それに最近は我が国では軍縮思考だお。
    |      |r┬-|    |      こないだ読んだ本によると
     \     `ー'´   /     世界が均等に力を持てば戦争は起こらないらしいお。
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"〜〜``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




         ____
        /_ノ  ヽ、_\             <軍を持つこと自体がもう古いおwwww今はテロの時代だおwwwwww
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    | (⌒)/ / / //  
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /  
ヽ    /      `ー'´      ヽ /    /     
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ   
 ヽ    -一''''''"〜〜``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン





 ノ( _ノ  \    テロの対策にも軍備は必要だろうが常識的に考えて!
  '⌒ (( ●)(●)     
        (__人__) 
       ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐─────‐‐ ン 実際持ってない国もたくさんいるんだお゛っ!
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄ .  ̄ ̄ . ̄ Y  <` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            / 






   こないだのまよたー・チョーグルの件に関しても、機甲師団で街中突っ走るわけにはいかんでしょうよ
        / ̄ ̄\ 
      /      \ 
      |::::::     ノ(   |                ンなこと言われても我が国は機甲師団以外の徴兵がクソ高いんだお
     . |:::::::::::  ⌒  |       ____      国民が死亡率にうるさすぎるんだお
       |::::::::::::::    |       /     \ 
     .  |::::::::::::::    }  ヒリヒリ/ ノ  \ U  \ 
     .  ヽ::::::::::::::    }     /  (ー) (ー) /^ヽ 
        ヽ::::::::::  ノ     | × (__人__)( /   〉|
        /:::::::::::: く     \   ` ⌒´   〈 / ⌒^ヽ
  -―――――|:::::::::::::::: \――――――――― \ _ _ _ )

オランダは金策主義・人道主義に走り過ぎたため、国民の徴兵逃れが著しく、そのため機甲師団の安全性をウリにしていたため機甲師団の応募が非常に多かった
半面、歩兵は「死にに行くもの」として非常に忌避されていたため、徴兵時に他の国家の五倍の費用を要したとされる。





              ____
            /     \
          / ⌒   ⌒ \
         /   (⌒)  (⌒)  \ しかし、軍が世界中で今行き所を失っているのも事実です。
        |      __´___    . |
        \      `ー'´     /
【アルフレッド・ネーデル財務大臣】
ネーデル財団のCEOにしてオランダの財布係。黒いうわさも多々あるが、「強いオランダ」の牽引者でもあった。 



             ____
            /     \
          / ⌒   ⌒ \
         /   (●)  (●)  \ なのでここは軍部は縮小すべきかと私は思いますね
        |      __´___    . | 現在目下の脅威はないですし
        \      `ー'´     /



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)     
   |      (__人__)    しかし……それではいざという時の防衛ができません
.   |        ノ     我が国は対策もおろそか。厳しいものがあります
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


         ____
       /     \
      /  \    /\        
    /    (●)  (●) ヽ   我が国の戦力はいささか過剰です
     |   ⊂⊃ __´___ ⊂|  EMを含めた軍備はソビエト連邦を超えます
      \      /__/  ,/        
      /⌒ヽ        ィヽ          
      / rー'ゝ       〆ヽ          
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



       ____
     /     \     言ってしまえばテロも「金銭防衛」が可能なんですよ
   / _,ノ  ⌒ \         軍に割く予算は最低限でいいかと 
  /   (―)  (●)   \         
 |⊂⊃  、 ´   ⊂⊃ |  (( ∩))     
  \      ̄ ̄    /   ( ⌒)  
  /          \             




        / ̄ ̄\
      /       \    (資本主義かぶれの金貸家が……)
      |::::::        |
     . |:::::::::::     | ……仕方ないだろ。じゃあ陸軍予算案は縮小でいいだろ。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


このときにはすでに財務省と軍部で若干の軋轢があったと考えられている。オランダの旧軍部はほとんどが社会主義政権からの引継ぎだが、財務省はオランダ時代のものが多数を占める。

    / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)     /
.      |     (__人__)     |   r―  
       |     ` ⌒´ノ     r'  _ノ      
.        |         }       |   l        (ここは臥薪嘗胆だ……
.       ヽ        }     ) ノ         内務省の奴の囲い込みは完了していないはず……
     /ノヘヽ     ノミヽ  丿 (            内務省に旧調味料のメンツを送り込みさえすれば……)
    片、 i | ヽ/ヽrフ |´ l/.| / _ノ
    }: `l   ト^ー┘ハj .丿 |,ッ´
.    ハ      ヽ   〉  r-//
   /.: ヽ iミヽ   ハ  {二. ヽ
   /.: ヽ iミヽ   ハ  {二. ヽ
   人-、 ∧::.     |.   ト- /iァ




      ____
    /      \
  /  ─    ─\      (難民問題が我が国の問題に存在する以上、治安により軍部が力を持つ可能性は高い
/   (ー)  (ー) \    となると内務省の囲い込みは必須か……EMの資金はある程度こちらで統括できる……)
|      ____´___    |
./     ∩ノ ⊃´ /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
かの悪名高い棄民政策により人口は減少したとはいえ、それでもやはり都市部での難民は集中していた。内務省に対する人事給与も財政圧迫の遠因となり、財務省の帳簿誤魔化しもすでに明るみになり始めていた。


    ―−−−−−−−
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ ' (ー) (ー)       ……
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

しかしそれを口にすることはだれにもできなかった。この国は「経済大国」なのだから。内実はどうであったとしても、それに触れてしまえば崩壊してしまう。



   /      \
  /         \
/           \       
|     \   ,_   | (何から手を付ければいいんだお……)
/  u  ∩ノ ⊃―)/       
(  \ / _ノ |  |        
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                  はい、こちらスカンジナビア外務省                
       ∩_∩ D   ガチャリ 
      ( ´∀`)○    ___
      (    )D……/◎\
=============================




       ∩_∩ D       外務大臣を呼べ?至急?失礼ですがどちら様で?
      (:´∀`)○    ___
      (    )D……/◎\
=============================



     ゝ ¨'      'ー'       ムノ コーカン
        `フヘ     z三ミ、       从ヘ「外交官」だよ……
        i∧     ' ー‐'     イj从リ
        | i l此澄  ヽ= '   イ x≦ハ




   ∨ゞヽ i  ( (r  〃 = = ミ、 ミ )ソ  ソノソン≦
    坤ミニヾ<(   〃=  ニミ Yj j_ノー彡三
.     坤ニ!  `<(_ (    Y jJ'   | 三 
.     沙i!      Y((_)ソ'´       {三 
      沙!    ヾ、....;:;:;:;:;:;:;:...,ソ     }三検     ケバブ   コーカン
      Y三|  ___,,ノ;:;ハ、:;し、____  |三 j      「帝国」の「外交官」っつったら理解るからよォ……
        トミi|  _ ィニ・ヾ:;ニ:;:;ニV ・ニャ  !彡リ
        { (ir!    ‐''" :;:;:;:;:;:; `"¨   |) ! l 呼んで来いや早くよォ……
       ∨此      ⌒       i_ノ '
       ゝ ¨'      'ー'       ムノ
        `フヘ     z三ミ、       从ヘ
        i∧     ' ー‐'     イj从リ
        | i l此澄  ヽ= '   イ x≦ハ
        乂i 从 丶      /イ三ニ∧
            !ハr∧   `  __...イ三三三三∧__
           |iニ,  r≦三三三三>≦三三≧x _
           |i三l  !三三三≧=≦三三三三三三二
            >ニ! `|三≧<三三三三三三三三三三二



【次回予告】



     __ =≦三三三三三三三≧x _
      ィチΞ三三二Ξ三三Ξ二ニミミ三≧._
   ,イ彡 三三三 三三 三三 三ミミミY ))Yミ!
   { 三ミrミ ≦ 三 三 三三 三ニミj )ノ川 l j
    |i 〈 心、彡三 二 三 三ミソノ Yソ 川V
   言 l 〈 Y少ヾ三 三 三ニミミノi} )) } ソノノソ
    此__{ i{( Yミ、 三Ξ三ミミY))_}ノ尓=≦リ
    沙|l Yj<_〃rΞΞミヽヾノイj ´ j三ニi}
.     ∨三|i i! ;j:i:;`ミ{r 三ミ ソ'´;:;:i{:; ;i三ニ}
.     V 三Yi _i___ィ仆‐‐く __リ_ :;j三ミj
.     沙リ _ィ二..Yj;:;:;:;:;辷ニァ! Yミ,Yj
        { Tミ!  i!‐彡;:;i ;:;:; i;:;: ̄ i!  l!)! !    γ⌒ヽ
.     人ゝji   }     l :;:;: l:;   |  j!ノ人    | : |
        ト_人  !   ` iー'! :   {   ト尓 `     ! : !
      ハ:il::ト i!   _ィニニk,   ハ イl从       | : |
       i:::li::::| ヘi!   `此リ!  i! レ' !il:l:|       乂___ノ
      |::li::li:|  \   { i 〈 !  ,イ  |:i:}リ
       从≠|     ト ハ  } / i   lヾ`
        ノ  |     Vj  ̄ j   l   | \
      .イ   |     }           |   ト _
  -‐ ' /    |     i          |   l    ‐-


 ,,_,, "'-‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
i|/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|  ケバブ軍がウチに来るとしたら海路か
ヘ::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i            もしくはアナトリアからか。どちらにしろ暫くは動かないだろう
ノ゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
::=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
::::Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
シ.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
キ::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
-,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
::ミ, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
:::ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
::::::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
`ゝ、:ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::




   ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´ うちは今回どう動けばいいお?
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |   
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


      __    _     /        ヽ
               /  ヘ  ゙´     ̄ ヾゝ          \
             /  /  ヽ  , ‐ 、   ヾゝ、          ヽ
             ,    '    ,、 /   \  ヽ  ̄ \         i
           ,   ,     /ヾ/==ヽ   i    、    ヽ       l
           /   !    ,' ̄    !   イヽ  、     \     l
          ,'   /\   ,     ノ /  l 、  i      l 、    lわが軍は英国が戦争状態に入り次第交戦します。
          i   ,  /ゝ―‐    ‐―‐  i  、 l      i ;l    !
          ヽ  l  i             !  iノ      ノ '    ,
           ゙ 、ゝ  iミ=ニニ     ニニ=シ   !i      ,     /
            l   、            l  il     ,     ,′
            !   i\    −    //  i、     ,'     '
            ,'l   i  ` ,‐    ィ ´  /    ! 、   ,   ,   /
           ,' l    、__イ \___/\__/    i !  ,  /  i
           / j  ,   、二/i:.:.::i\ ,= '     .i l  i   !   l
           / l  i    、ニニ、 、::ノ  =,'    //  、 、 ∧.......ヽ
         /........! ,!..........iニニノ:.:ヽ/ニl    / (.........ヽ ∨ ヽ........、
       ,.................∨l 、........lニニ、.:.:/ニニl..........,1..l i...........\   `ー‐
      /..........................il........ノ、ニニニvニニニi、.......l ヽj i................ヽ
      '.............../............ll../  、ニニニlニニニ! ヽ...l   /......................、

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます